2018年4月20日放送の「超問クイズ!」で、気になる問題がありました!

 

「濃い砂糖水でも人間はプカプカ浮く?500キロの砂糖を溶かし、やしろ優が浮くか検証」

 

死海のような濃い食塩水だと体が浮くということは知っていますが、同じく砂糖水も人間の体が浮くことが出来るのでしょうか?

 

ということで今回は、砂糖水で体が浮くのか、

  • 砂糖水でも体が浮く理由は?
  • 食塩水と同じ量だと浮かない原因は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

砂糖水で体浮く?食塩水と同じ量だと浮かない理由は?

食塩水と同様に、砂糖水も体を浮かすことが出来ます。

 

水の上で物体を浮かすには、水と入れるものの密度によって変わり、水のほうが密度が大きいと物体を浮かすことが出来ます

砂糖水 体 浮く
(画像引用元:https://i2.wp.com

 

そして、水に砂糖を入れ続けることで浮かしたい物体よりも密度が大きくなると浮かすことが出来るのです。

 

つまり、体よりも砂糖水が密度が濃いと、人間の体を浮かすことが出来るのです。

 

これと同様に食塩水も、人間より食塩水の密度が濃いため、死海のような濃い食塩水だと体が浮いてしまっているのです。

スポンサーリンク

食塩水と砂糖水は同じ量(濃度)だと浮かない理由は?

水に食塩・砂糖を入れた場合、食塩のほうが砂糖より少ない量で浮かすことが出来る理由は体積の違いがあるからです。

 

密度は重さを体積で割ったもの(重さ/体積)なので、体積が大きくなってしまうと密度が小さくなってしまいます

砂糖水 体 浮く
(画像引用元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

 

そして、食塩水の体積はあまり増えないのに、砂糖水の体積は食塩水より増えてしまいます。

 

つまり、砂糖水の密度は食塩水より体積が大きくなってしまうので、密度が小さくなってしまうのです。

 

そのため、食塩と同量を入れても、食塩とより砂糖を入れたほうが密度が小さいので、同量だと食塩水では浮くのに砂糖水が浮かないのです。

砂糖水でも体浮く!食塩水と同じ量だと理由は密度の違いで多く入れる!

体を浮かすのは食塩が理由ではなく、水の密度が大きければいいので、塩だけでなく、砂糖等と他の物でも大丈夫です。

 

ただし、体積の違いで密度が変わるので、水に入れる量は食塩より多かったりと大変かもしれませんね。

 

みなさんも、砂糖をたっぷりに入れて体を浮かしたり、他にも浮かすことが出来るのか実験してみてはいかがでしょうか?

ヨシコヨシコ

砂糖だけでなく、他の粉を入れて実験してみては?
ただ、体に悪いのは入れないでね!
せばな~