佐藤浩市さんが映画「空母いぶき」で安倍総理の潰瘍性大腸炎を揶揄したことで炎上しましたが、ウーマン村本さんにラサール石井さん、玉川徹さんときな臭い擁護で更に話題になりました。

 

そんな、きな臭い佐藤浩市さんへの熱い左翼擁護とは?

 

ということで今回は、佐藤浩市さんへの熱い左翼からの擁護を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

佐藤浩市へ左翼擁護集!ウーマン村本にラサール石井、玉川徹で空母いぶきパヨク!

佐藤浩市にウーマン村本が擁護!

ウーマン村本さんは一流芸人として、佐藤浩市さんを「違う考えに臆病でストレスに弱い三流愛国者」と批判していつもどおり炎上しました。

 

しかし、違う考えではなく、安倍総理の病気を比喩して茶化したことが問題としているので的外れや、ウーマン村本が一流なのかとと批判されました。

佐藤浩市にラサール石井が擁護!

ラサール石井さんは佐藤浩市さんを「三流役者」と批判した百田尚樹さんの発言に批判し、ウーマン村本さんを支持しました。

佐藤浩市 左翼
(引用元:https://twitter.com

 

確かに佐藤浩市さんは三流役ではないと思いますが、そこは問題ではなく、病気を比喩して茶化したのが問題だと批判されました。

モーニングショーで玉川徹と青木理、菅野朋子が全面擁護!

モーニングショーでは玉川徹さんと青木理さん、菅野朋子さんがあらゆる用語を駆使して全面擁護していました。

青木理
「経過を見ていると、ネット上で一部の右派系のメディア人の人が、けしからんとやったことが、炎上のきっかけだったみたいなんですけど

批判されてる方々みなさんね、ビッグコミックに載ってる佐藤さんの、わずか1ページのインタビューなんですけど、読まれてないんじゃないか?

あるいは、最初に指摘された方は読解力が相当低いのかなと思っちゃうところもあるんですけど

僕がここから読み取れるのは、総理といっても人間であって、色んな弱さとか葛藤とか、悩みながら判断を下していく。成長であったり人間の内面を描きたい風に僕には読めるんですよ

ある種、リアリティを追求する為に、演じる方がこういう風にしたいって思ったっていう事だけであって、これを読んで安倍さんを馬鹿にしてるとか病気を茶化してるニュアンスは一切無いんですよ

そこのへんをちゃんと読まれて、批判されているのかなって」

 

菅野朋子
「一番最初に役が来て、どうしようっていう俳優さんっていっぱいいらっしゃると思う。

原作を変えてる映画っていくらでもあって、当然それは俳優さん1人では無くて、みんなでどういう風にやろうって変えてるものなので、この批判っていうのも、(1と2)はとってつけたような話

原作者の方が怒ってないんだから

病気を馬鹿にしてるなんて全然、、、インタビューからそうなるんだろうなって」

 

玉川徹
「これ単に安倍応援団の人が安倍を馬鹿にしてるって受け取って怒ってるっていうだけの話ですよね?別にそれ以上でもそれ以下でもないっていう

逆に安倍応援団だったら、こういう風に考えるかもしれないなって編集者は考えるかもしれないですね」

こういう事を載せたら、安倍応援団は怒るかもしれないなって思って、だから忖度して、自分の本当の考えを引っ込めてしまうほうが嫌だな。

(佐藤さんは映画上いいと思った、監督もOKしてる)それを安倍応援団みたいな人が、これを見たら怒るかもしれないと思ってって、考えて事をやめてしまうほうが忖度で嫌だと思う」

アメリカのドラマでは平気で出てくる。原作をずっと読んでる。佐藤さんが、ああいう思いでこの映画を作ったっていう事だったら、逆に見たくなりました。僕は返って見ます」

 

しかし、まず玉川徹さんは安倍応援だと決めつけ発言、青木理さんは病気を茶化したことを表現の自由を縛ると警鐘を鳴らすという発言に聞こえる等と批判されました。

 

何度も言いますが安倍総理というより、病気を比喩して茶化したことが問題なので、少なくとも玉川徹さんの安倍応援団は決めつけの何者でもないです。

 

ただ、ここまで左に振り切るのはある意味清々しいですね…

スポンサーリンク

佐藤浩市が下痢首相で安倍総理の潰瘍性大腸炎を揶揄?

佐藤浩市の役柄が安倍総理と揶揄している理由?

佐藤浩市さんはやりたくなかったのに「下痢の総理」ならやると決めたので、「下痢の回数が多い潰瘍性大腸炎の安倍総理」の揶揄だと言われています。

 

佐藤浩市さんは当初は総理はやりたくないと言いましたが、自身がやるんだったらどう考えるかアレンジした総理を話し合いで決めて受けました。

 

しかし、「アレンジした総理」の「下痢の総理」が明らかに「下痢の回数が多い潰瘍性大腸炎の安倍総理」と似ていたのです。

 

確かに優柔不断な総理ということで下痢設定をいれたのかもしれませんが、狙ったように見えたようです。

 

そのため、政治的思想の違いで安倍総理を批判するのはいいが、安倍総理が苦しんでいる病気を茶化すのは酷いと批判されたのでした。

佐藤浩市が下痢の総理だったらやると言った証拠画像は?

佐藤浩市さんは漫画誌「ビッグコミック」に掲載されている「空母いぶき」の役柄について「下痢の総理だったらやる」と発言していました。

佐藤浩市 安倍総理
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

―――総理大臣役は初めてですね。

最初は絶対にやりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね。

「僕がやるんだったらこの総理をどういうふうにアレンジできるか」という話し合いをしながら引き受けました。

そしてこの映画での少し優柔不断な、どこかクジ運の悪さみたいなものを感じながらも最終的にはこの国の形を考える総理
自分にとっても国にとっても民にとっても、何が正解なのかを核の中で導き出せるような総理にしたいと思ったのです。

 

―――総理は漢方ドリンクの入った水筒を持ち歩いていますね。

彼はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまう設定にしてもらったんです。だからトイレのシーンでは個室から出てきます。

佐藤浩市さんいわく、最初はやりたくなかったが、自分がどうするか話し合いの結果、「ストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまう」設定にしたそうです。

 

そして、「ストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまう設定」にしたのは、「少し優柔不断でどこかクジ運の悪さみたいなものを感じながらも最終的にはこの国の形を考える総理」を表現するためとのことです。

 

しかし、もともと原作では「吐いている設定」で「少し優柔不断でどこかクジ運の悪さみたいなものを感じながらも最終的にはこの国の形を考える総理」を表現できます

空母いぶき 改悪
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

それなのに、佐藤浩市さんの意向で「下痢をする首相」となったのでした。

安倍総理の水筒も佐藤浩市が再現?

佐藤浩市さんは安倍総理が健康のため水筒で飲むのも、役柄で再現して疑惑が深まりました

 

安倍総理は胃腸の働きが良くなるように、「漢方やミネラル等の体にいい成分の磁気情報が入った水」入りの水筒を持ち込みんで飲んでいます。

佐藤浩市 安倍総理
(画像引用元:https://article-image-ix.nikkei.com

 

そして、佐藤浩市さんの総理役は「漢方ドリンクの入った水筒を持ち歩いている」と、これも安倍総理を再現していたのです。

 

そのため、佐藤浩市さんが病気を茶化したかはわかりませんが、少なくとも佐藤浩市さんの総理のモデルは「安倍総理」なのです。

佐藤浩市へ左翼擁護!ウーマン村本にラサール石井、玉川徹で空母いぶきパヨク臭!

佐藤浩市さんへの擁護ですが、ウーマン村本さんにラサール石井さん、玉川徹さん、青木理さんとなんとも左のきな臭い方々から支持を受けたようです。

 

その結果、むしろ批判の援護射撃となり、佐藤浩市さんにとっては悪化しただけのように見えます。

 

何度も言いますが安倍総理のだったりと政治的なことでなく、病気を比喩して茶化したことが問題なので、なぜ左翼がこぞって擁護するのか謎です…

 

果たして佐藤浩市さんの擁護に、今後は誰が回るのか注目ですね!

 

せばな~