澤村拓一投手がまたしてもマッスルミュージカルを開演したと話題になっています。

 

そんな、澤村拓一投手のマッスルミュージカルとは何なのでしょうか?

 

ということで今回は、澤村拓一投手のマッスルミュージカルの意味や由来を調査したいと思います。

スポンサーリンク

澤村拓一のマッスルミュージカルとは?由来や意味は筋肉?

澤村拓一のマッスルミュージカルとは?意味は?

澤村拓一投手のマッスルミュージカルとは、澤村拓一投手が制球が定まらず一軍での大事な試合の場面で失敗して炎上する行為のことを指します。

 

そして、2020年7月1日の巨人対DeNA戦で澤村拓一投手はファーボールでランナーを貯めてしまってマッスルミュージカルを開演してしまい、原監督に公開説教を食らっていたのでした。

澤村拓一のマッスルミュージカルの由来は?

澤村拓一投手は筋肉をつけ始めた頃から、打たれてヒヤヒヤさせながらちゃんと逃げ切る劇場型となり、マイク・ブロードウェイの「ブロードウェイミュージカル」に引っ掛けて「マッスルミュージカル」と言われ始めました。

 

当初の澤村拓一投手は先発で起用されていましたが、入団以降ムエンゴ選手に打たれてまくってしまい、2013年以降はリリーフ、中継ぎに回りました。

 

ちょうどその頃の2012年頃から筋トレにハマっていたため筋肉をつけ始めたのですが、クローザーとしては典型的な、打たれてヒヤヒヤさせながらちゃんと逃げ切る劇場型だったのです。

 

そのため、劇場型ということで「澤村劇場」、筋肉をつけて制球が乱れていったので「筋肉劇場」と言われていました。

 

そして、2016年後半からはDeNAに在籍したマイク・ブロードウェイ選手の「ブロードウェイミュージカル」に引っ掛け、「マッスルミュージカル」という呼称が誕生しました。

 

それからというもの、澤村拓一投手が打たれて負けて大炎上した時は「マッスルミュージカルが開演した」と言われてしいまったのです。

 

ちなみに、2019年5月に澤村拓一投手がグラウンド外での泥酔暴行をした時は、「マッスルミュージカル番外公演」などと揶揄されてしまっています。

 

他にも巨人軍の救援陣が炎上してしまうと、「ミュージカル」と呼ぶようになりつつあります。

スポンサーリンク

澤村拓一のマッスルミュージカル開演した動画

澤村拓一のマッスルミュージカルとは?由来や意味は筋肉つけて炎上!

澤村拓一投手のマッスルミュージカルとは、筋肉をつけ始めた頃から制球が乱れて炎上し始めたことがきっかけのようです。

 

そして、今回の澤村拓一投手はマッスルミュージカルを開演してしまい、すぐに原監督に閉園させられて公開説教を受けたのでした。

 

そんな澤村拓一投手ですが、今度はマッスルミュージカルを開演させずに無事に終えることを祈っています…

 

せばな~

スポンサーリンク