決勝トーナメント進出を決めたサッカー日本代表ですが、ポーランド戦で負けているのに時間稼ぎの戦術に、スタジアムでは大ブーイングと批判が募っています。

 

そんな、日本代表へのブーイング・批判はどれくらい来ているのでしょうか?

 

ということで今回は、日本代表とポーランド戦について、

  • 日本代表とポーランド戦の批判・ブーイングをまとめて紹介!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

サッカー日本代表ポーランド戦の批判!ブーイングでフェアプレー?

2018年6月28日に日本はポーランドに0-1で敗れたが、セネガルとフェアプレー規則で決勝トーナメントを決めました。

サッカー日本代表 ポーランド 批判
(画像引用元:https://portal.st-img.jp

しかし、終盤に行った危なげないパス回しはフェアプレー規則の問題する、観客はつまらないとブーイング・批判の嵐だったのでした。

 

ちなみに、日本のグループステージ全3試合でのファウル数は「28」で、32カ国中3試合終えたチームの中でもっとも少ないと、数字上では一番フェアプレーをしていたようです。

会場はブーイングの嵐

実際に会場では露事な時間稼ぎに会場はブーイングの嵐でした。

日本代表に酷評・批判殺到

そんなポーランド戦での日本代表の時間稼ぎに各国から批判・酷評が飛び交っています。

 

アメリカ「AP通信」は、警告数や退場数が必ずしもフェアプレーに直結しないとの見解を示し、

「日本は受けたカード枚数の少なさによって表彰されることになった。が、それがフェアプレーと同価値であるのだろうか。この試合の最後の30分間は、日本人選手たちのパスショーで過ぎ去った。これ以上警告を受けないためにリスクを冒すことを避けたのである」

 

アメリカ「ワシントン・ポスト」でも、

「日本は最後の10分、とにかく保守的なプレーを見せた。それは醜いものだったが、効果はあった」

 

スペイン「ラ・バングアルディア」は、フェアプレー規則で日本が悪い意味でW杯の歴史に名を刻んだと、

この試合の最後の5分間は、日本の馬鹿らしさによってW杯の歴史に刻まれる。彼らは負けているのに攻撃せず、守備陣でボールを回すことを決断した。日本はセネガルのゴールで敗退に追いやられる可能性がありながらも、コロンビアの勝利を信じたのだった。結局、何も動くことはなく、皮肉にもフェアプレー規則が彼らをベスト16に進めている」

 

韓国「スポーツソウル」では、

「失点直後、日本は積極的にゴールを狙い、普通の試合だった。しかし、コロンビアが先制ゴールを決めたというニュースを聞くと、日本の態度は急変した。日本はこの結果に満足したかのように意欲のない試合をし、ポーランドもボールを奪おうとしなかった」

一番の被害者は観客だろう。世界の祭りを見るために高価なチケットを払い、喜んで入場しているのに、血と汗の代わりに意味なく転がっていくサッカーボールを見るハメになった」

「スポーツマンシップが不足したスタジアムには観衆のブーイングでいっぱいとなった。スタンドからブーイングされても選手たちはものともしなかった。似たようなことはフランスとデンマークの試合でもあった。」

 

アナリストを務めるマーク・ローレンソンさんは、

結局はとても残念な試合となり、茶番に変わった。もっとワールドカップで順位を決める良い方法があるはずだ。抽選? いやノーサンキューだね」

 

イギリス「ガーディアン」では、

「日本はポーランドに敗れたにもかかわらず、ベスト16へこっそり忍び込んだ」

「日本は最後の数分、ボールを回すことに集中し、ポーランドが攻め上がらないような試合運びを見せた。他力本願の状態だが、なんとか勝ち上がりを手にしている」

 

元北アイルランド指揮官のマイケル・オニール監督は、

「監督として他のチームの試合結果に全てを委ねるのは唖然とさせられるね。日本にはここまで良い意味で少しスポットライトが当たっていたが、私は次のラウンドでボコボコにされるのを望んでいる

 

イギリスの「BBC」では元エヴァートンの選手であるレオン・オズマンさんが、

「日本は良くない出来だった。6人のメンバー変更がそうさせたのだろう。西野監督は明らかにコロンビアが勝つことを期待し、重要な選手をベンチに置いたままにした」

「長谷部が入り、試合をスローダウンさせた。彼はイエローカードの差で突破できることを味方に伝えたのだろう。最後の5、6分は…。両チームとも下がり、ボールを奪おうとしなかった。本当に残念な結末だよ」

「本当に最後の10分は恥ずかしいような展開だった。ワールドカップでは見たくなかったし、茶番だよ」

スポンサーリンク

日本代表の擁護は?

本田圭佑選手も終盤のブーイングを受け止めていましたが、リスク承知の大胆采配に西野監督を感嘆していました。

「西野さんはリスクを取りに行った。個人的には、結果的に素晴らしい采配だったと思う」

「僕が監督でも、この采配はできなかった。そう客観的に見ていた自分もいた。結果がすべてなので、西野さんはすごいなと思った

サッカーはエンターテインメント。結果主義ではダメだと僕はずっと思っている。結果を出さないとだれも俺の発言を聞いてくれないので、結果だけを追い求めてきているけど、本当はダメ。いいサッカーをしてナンボなんですよ、サッカーって」

「ブーイングを送っていた、面白いサッカーを見たかったファンには申し訳なかった

「次に進まないと、次にいいサッカーをしてファンを喜ばせることはできない。そこは理解してほしい」

 

また、スペインの「Marca」紙でも、日本代表の戦い方を、西野朗監督流の戦術として評価しています。

「日本の監督は第2戦から先発6人を入れ替えた。これは温存だけではなく、イエローカードの累積も見越してのことだったに違いない」

アキラ・ニシノは、自分たちが勝者だと胸を張っていい。日本は3度目の決勝トーナメント進出を果たし、ポーランドは1勝もできずにワールドカップを終えるという失態を免れた」

ただやはり、スペインの「Marca」紙でもフェアプレーポイントによる順位決定については、「検討すべき点もある」とこの規則については問題視しているようです。

サッカー日本代表ポーランド戦の批判!ブーイングでフェアプレー?

数字だけを見ると、日本代表は一番ファール数も少なくてフェアプレーをしていましたが、ポーランド戦での消極的な戦い方は勝つためとはブーイング・批判が多かったようです。

 

特にコロンビア戦での大金星、セネガルでの奮闘からポーランド戦と、上げて落としたのがさらなる批判を増やす要因だったのでしょう。

 

しかし、今は落としたということは、次で勝てば確実に評価はうなぎのぼりですので、個人的には次に勝ってまたまたまた世界から掌返しをされることを期待しています!

ヨシコヨシコ

上げて落としてまた上げることに期待!
せばな~