笠松競馬場の内定者が「本採用になったらはっちゃけたい」等と投稿して、笠松競馬場の公式ツイッターが公開説教して炎上しました。

 

そんな、笠松競馬場の公開説教が炎上した経緯と、説教その後はどうなったのでしょうか?

 

ということで今回は、笠松競馬場の公開説教について、

  • 笠松競馬場が公開説教した経緯と炎上理由
  • 笠松競馬場の内定者はバカッター?
  • 笠松競馬場が公開説教その後の処分は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

笠松競馬場の内定者はバカッター?説教その後の処分は?

笠松競馬場がツイッターで公開説教!

笠松競馬場が採用内定者がツイッターでべらべら喋ることに対し、ツイッター上で公開説教したことが話題になりました。

 

どうやら、採用内定者がツイッターで色々笠松競馬場について喋っていることを研修担当が発見。

採用内定者の言い方もそうですが、まだ採用されたばかりなのに笠松競馬の業務上のことも個人のアカウントで意見を募るふてぶてしさに説教したのでした。

 

確かに志が高いのは良いですが、新人どころかまだ内定もらっただけなのにこの発言や、半年後にはっちゃけるとはバイトテロのような危険性があって採用担当者が怒るのもしょうがないかと…

笠松競馬場のツイッター公開説教が賛否両論で炎上!

笠松競馬はツイッターで公開説教しましたが、説教などの指摘は直接話せば良いことだと批判、立派なパワハラだと批判で炎上しました。

 

パワハラかは分かりませんが、採用内定者がこのように仕事の事をべらべら喋ってしまうのはバカッターの可能性があって危険性があり、説教かクビにするのもありかと思います。

 

しかし、笠松競馬場公式ならネットで公開処刑するのはネットリテラシーに欠けており、直接採用担当者に話し、説教なり、不採用にするのが適切かと思います。

笠松競馬場の内定者はバカッター?

そんな笠松競馬場から公開説教された採用内定者は競馬が好きですが、なんでもツイッターで喋るバカッターの危険性があるようです。

 

採用内定者の「りっちー・ぶらっどもあ」はツイッターを見ると、競馬のツイートが多く、競馬が本当に好きなんだと感じました。

 

ただ、採用内定者の「りっちー・ぶらっどもあ」はツイッターで「前々職の裏側ばらすぞ」と、いろいろバラす危険性もはらませていました。

 

確かに採用内定が決まったツイートも、「半年後にははっちゃける」とか、何かやらかしそうで笠松競馬場側としては怖いですね…

 

冗談なのかもしれませんが、会社側としては少しでも炎上する火種を無くしたいのは当然です。

 

しかも、内定者は中途採用で色々前職があるのに、このようなはっちゃけ予告をするとは悲しいですね…

 

そのため、笠松競馬場はSNSでの公開説教は駄目ですが、仕事をする上で、バカッターのような危険性があることを指摘したのは間違いではないと思います。

 

実際にバカッターのやりそうなことに関しては、採用内定者の「りっちー・ぶらっどもあ」に批判の声が出ています。

確かに、内定者はべらべら喋る癖があり、公務員であり、公的賭博の公平性が損なわれるどころか危険性があることも指摘されています。

スポンサーリンク

笠松競馬場が公開説教その後の処分は?

笠松競馬場は公開説教した研修担当者に処分を検討、内定者の行いは公務員として認識が足りないと指摘しました。

 

笠松競馬場は2019年3月27日にハフポスト日本版に「ツイートではなく、本人に個別に伝えるべきだった」と釈明し、説教した研修担当者の処分も検討していると発表。

 

ただ笠松競馬場は、研修担当者の投稿内容は「常識的な範囲」として内定者の言動を、

「公務員としての自覚や職務に対する認識が足りていない。本来は、信用失墜行為のないように振る舞わないといけない」

と、内定者の言動を指摘して、説教した研修担当者の事を理解しているので、処分と言ってもそこまで大きい処分はくだらないと思います。

 

それよりも、公務員として働く内定者であり、公的賭博の公平性を損なう危険性のある方についてはしっかり批判しているため、内定取り消しか、直接説教されることでしょう。

笠松競馬場の内定者はバカッター?説教その後の研修担当者に処分?

笠松競馬場の内定者に公開説教したことに関しては批判されており、どうやら研修担当者に処分されるようです。

 

しかし、説教した内容に関しては公的賭博の公平性を損なう危険性があるので、間違っていないと思います。

 

研修担当は軽い処分で済まされると思いますが、内定者に関してはどうなってしまうのか注目ですね。

スポンサーリンク