多数のバラエティ番組で出演して色んな意味で話題をかっさらっている坂上忍さん。

 

そんな坂上忍さんといば、様々な話題にクレームをつけるクレーマー気質の部分が、いつも炎上してメディアを盛り上げていますね。

 

いったい、どんなクレームを言ってきたのでしょうか?

 

ということで今回は、坂上忍さんのクレームをまとめて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

坂上忍はクレーマー気質?クレームまとめ!

空港のすし店でクレーム

とある空港でお寿司屋さんで、中トロに包丁の味がうつり鉄くさいのに5千円も取られたとブチ切れた坂上忍さん。

 

そのお寿司屋さんは開店したてで、若い方の板前さんが包丁を研いでいたところ、坂上忍さんが席につきました。

 

坂上忍さんは席についてビールと、つまみとして中トロを頼みました。

 

そこで板前は研いでいた包丁を流して切り始めたらしく、坂上忍さんは「ふざけんな」と思い、案の定包丁の味が移って鉄臭いトロが出てきたのです。

 

そのため坂上忍さんは、トロが包丁の鉄が移ったことを訴えて、板前に食べさせようとしました。

 

しかし、板前は「お客様のを食べることは出来ない」と拒否し、再度食べるように坂上忍さんは要求しましたが、板前が同様に拒否した時に対象がすーっと後ろに隠れてしまったのです。

坂上忍 クレーマー
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

そんな無責任な対応に坂上忍さんは怒り、「帰ります。お会計してください!」と言ったところ、5000円を請求してきたのです。

「ぶっ飛ばしてやろうかと思った。でもやっぱり我慢しちゃう。俺の選択肢は2度といかない。本当にずーっとツイッターしたい気分だった」

これにまたしても怒りのボルテージをあげていましたが、そのまま席から立ち上がって帰ったそうです。

ベッキーを連れてくるな?

「バイキング」にて出演していたヒロミさんが後見人的になっていることを指摘した坂上忍さん。

「プライベートでね、俺とヒロミさんとYOUさんで三人で飲もうって言ってるところに、なんの相談もなしにベッキー連れてくるのやめてほしいんですよ。

「だって俺たちは三人で、ベッキーの悪口言いながら酒飲もうって言ってたのにさ」

別にヒロミさんがベッキーの後見人的に出演するのは坂上忍さん的には問題ないとのことですが、プライベートで相談なしに連れてくるのは辞めてくれとヒロミさんにクレームを入れました。

マニュアルしか出来ないガキにクレーム!

「バイキング」にて梅沢富美男さんがマニュアル通りの対応をする店員への怒りの告白をした時に、坂上忍さんも声を荒げて訴えていました。

「マニュアルって接客のあくまでも入り口」

「そっから自分がどう膨らませていくかっていうのが、先輩も含めて育てる作業。自分も自立で育つ作業」

「ずっとマニュアルのことしかできないガキが多い

梅沢富美男さんの訴えに同意した坂上忍さんは、ファミリーレストランで注文を繰り返し確認する作業を「無駄」とバッサリ切り、断っているとのことです。

坂上忍 クレーマー気質
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

他の人のディナーショーが高いことに激怒!

「バイキング」にてディナーショーの話題となった時に、他の人のディナーショーの高さにキレた坂上忍さん。

 

坂上忍さんは何回かディナーショーをやっており、その時の値段は1万から1万2000円の値段だったと明かしました。

 

その後、つば九郎とドアラが1人2万円という、坂上忍さんより高いことに「ふざけんな!!」なとブチ切れ。

 

更に元光GENJIの諸星和己さんと大沢樹生さんの因縁の二人がディナーショーをしますが、その値段が「2万7000円」と明かされると「高え!」とクレームを入れてました。

スポンサーリンク

ホテル業界にクレーム

クレームを入れて批判されまくっている坂上忍さんですが、「最高のクレーム」にて「ホテル業界」の話題を取り上げてクレームした時は良い反響をもらっていました。

 

坂上忍さんは宿泊料金に「騒音別価格設定を導入してほしい」とし、部屋の位置によって色々な影響があるから価格が一律なのは納得いかないとクレームを入れていました。

 

例えば大声で会話をしがちなエレベーター前と、静かな角部屋が同じ価格なのが理解できず、掃除に来る時間帯も違うので汚れぐらいも部屋ごとに異なるとクレームを入れていました。

 

そんな坂上忍さんのクレームですが、いままで好きじゃなかった視聴者でさえ共感すると反響が寄せられており、好評だったようです。

坂上忍はクレーマー気質?クレームでほとんど批判されている?

ほぼ「バイキング」にてクレームしたことが話題となって、炎上している坂上忍さん。

 

これにより、かなり嫌われていますが、芸能界にとっては無関心が最悪で、嫌われるにせよ興味を持たれて話題になっているということは、それだけ人気という証でしょう。

 

今後も否が多い賛否両論かと思いますが、クレーマー気質でバッサバッサとあらゆる話題を切ることを期待しています!

 

せばな~