ロンブーの田村淳さんがついに日刊スポーツの記事の内容に激怒し、絶縁宣言をしました。

 

そんな、ロンブー田村淳さんが激怒した日刊スポーツの記事の内容とは?

 

ということで今回は、ロンブー田村淳さんが日刊スポーツの記事に激怒して絶縁した経緯を紹介します。

スポンサーリンク

ロンブー田村淳が激怒した日刊スポーツ記事内容!過去にも署名無しで報道!

ロンブー田村淳が激怒した日刊スポーツ記事内容

ロンブー田村淳さんが激怒して絶縁の理由となった記事の内容は以下となっています。

ロンドンブーツ1号2号の田村淳(46)が30日、文化放送「ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB」(土曜午後1時)に生出演し、SNSでのコミュニケーション方法について語った。

淳は昨年、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質をもった人」という意味の性質をもつHSP(Highly Sensitive Person)であることをSNSで公表している。

HSPを公表した際のSNSの反応について振り返り、一部から強めの言葉遣いで返信を受けることがあったという。
「最後に『笑』をつけるだけでネットコミュニケーションって随分変わるんですよ」。

「ネットであれ道ばたであれ一緒なんですよ。そういうのをわかっていないでSNS使っているやつがいるから、そういうやつを駆逐するまで、ちょっとでも傷ついたら開示請求していこうと思っていますよ」と明かした。

攻撃を受けた際はDM(ダイレクトメッセージ)で「開示請求しますよ、そんな言葉遣いをするなら」と送っているといい、最近攻撃を受けた際に送ったところ全員から「いいすぎた。すまなかった」という旨の謝罪の言葉が届いたという。

続けて「すまなかったって謝る場合は、おれよりも目上の人しか許しませんけど、目上の方なんですか」と問うと「すみません。年下でした」と返ってきたという。

どうしてそのような言葉遣いをしてしまったのかを問うと「やっぱりネットで姿を出さないで、自分勝手になっているところがあったと思います。猛省します」と返ってきたという。

淳は「猛省しますっていう言葉が使える人が『お前さあ』みたいなこというんだよ。そんな言葉遣いの人って猛省できないタイプだと思っていたけど、ネットの人って怖いな。どんなに語彙(ごい)力がある人でもそういう風にいっちゃう」と指摘した。

引用:ロンブー淳、SNSでの攻撃は「ちょっとでも傷ついたら開示請求していく」 年下からの「すまなかった」メッセージにも反応

この内容はロンブー田村淳さんのラジオを抜粋して作成された記事のようです。

ロンブー田村淳が日刊スポーツの報道に絶縁

そんな日刊スポーツの報道に、ロンブー田村淳さんはラジオとは異なる意図になってしまう報道をされたとして激怒し、実際に被害を受け、日刊スポーツと絶縁しました。

田村淳さんの発言を見る限り、今回の日刊スポーツの報道の影響で、ラジオを聞いている方と違う印象を持たれて、悪影響を受けたと思われます。

 

そのため、もう言っても無駄で時間は有限だと諦め、田村淳さんは日刊スポーツとの絶縁を決めました。

スポンサーリンク

日刊スポーツ、数日前にロンブー田村淳の報道でやらかしていた?

実はこの絶縁となる記事の10日前の5月20日にも、ロンブー田村淳さんの報道で「記事内容と真逆の見出し」でやらかしていました。

ロンドンブーツ1号2号の田村淳(46)が、国政・地方選挙などに出馬する著名人への批判的な声に「暴論すぎて悲しくなる」とした。

田村は20日、ツイッターを更新。「誰にでも出馬する権利がある(条件を満たせば)そして有権者は選ぶ権利がある」と書き出し、「僕は立候補する人達は、まずリスペクトする所から入ります…あとはどれだけ自分の考えに近いかを探りに行って、投票という形で意思を伝えます」とした。

タレント候補の出馬は常に賛否が分かれるが、「芸能人、著名人は出馬するなとか…暴論すぎて悲しくなるね」とつづった。

引用:ロンブー田村淳「暴論すぎ」著名人候補の出馬批判に

これもロンブー田村淳さんによると「記事内容と真逆の見出し」で、しかも「署名」が無くて誰が記事を書いたのか分からなくなっていたのです。

 

そのため、内容と真逆の見出しで著者もわからず、ロンブー田村淳さんは怒っていたと思いますが、この時は「w」をつけてツッコんでいました。

 

しかし、10日後にまたしても日刊スポーツはロンブー田村淳さんに悪影響を与える報道をしたため、我慢の限界で田村淳さんは絶縁したのでした。

ロンブー田村淳が激怒した日刊スポーツ記事内容!10日前にもやらかす!

ロンブー田村淳さんが日刊スポーツに絶縁宣言しましましたが、どうやら数日前にもやらかしていたため、我慢の限界で絶縁したようです。

 

確かにロンブー田村淳さんという寛容な方が、一度のミスでは許してくれると思いますが、こう何度もやられると流石に我慢の限界で無駄だと諦めますよね…

 

果たして日刊スポーツはこのロンブー田村淳さんに何度もやらかし謝罪をしたりと和解をしないのか注目ですね。

スポンサーリンク