新元号が「令和」となり、日本の文化として海外・外国でも注目されたようです。

 

そんな海外の反応として、「令和」は海外・外国ではどんな読み方になるのでしょうか?

 

ということで今回は、「令和」が海外・外国ではどんな意味になるのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

令和の海外読み方まとめ!外国の反応は?

アメリカで「令和」は「Order and Harmony」でかっこいい!

アメリカでは英訳が、様々出ているが特に英BBCは「order and harmony」がカッコいいと言われています。

 

アメリカではメディアは解説に色々な翻訳をしており、

米紙ウォールストリートジャーナルは、令和を「”rei,” which can mean auspicious(縁起が良い) in traditional texts, and “wa” meaning peace(平和).」。

米ブルームバーグ通信は、「 “order(秩序),” and “peace(平和)” or “harmony(調和)”」。

 

その中で、英BBCは「order and harmony」と訳し、日本のSNSではこの英訳が「かっこいい」「令和で正解だった」と声が上がっているとのことです。

チベットで「令和」は「希望」

チベットでは令和は「希望」を意味する「re ba」と同音で喜ばれているようです。

 

そのため、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所のルントック代表は取材を受けて驚いていることと以下のようにコメントをしています。

「チベットでは、落ち込まないよう、希望を捨てないようにと、老若男女問わず日常でよく使います」

「とても良い言葉なんです。新しい元号が決まった日本でも、未来に向けた、たくさんの希望が生まれますように」

 

このように、「令和」は発音からチベットではよく使われる「希望」を意味して良い言葉のようです。

台湾で「令和」は「こんにちわ」

親日国として有名な台湾では「令和」は台湾語読みで「こんにちは」、意味に使われた「梅の花」は台湾の国花として喜ばれているようです。

 

まず、「令和」は台湾語み「こんにちは」とあいさつで身近に感じると親近感が湧きました。

 

それだけでなく、「令和」は万葉集の梅花の歌から来ており、この「梅の花」は台湾の国花としてめでたい元号と台湾からは思われたのです。

 

このように、台湾からは読み方が「こんにちは」で親しみやすい、意味・由来の「梅の花」は台湾の国花として喜ばれたのです。

スポンサーリンク

新元号は「令和(れいわ)」

2019年4月1日に午前11時40分ごろに、菅官房長官は首相官邸で記者会見にて新元号は「令和」だと発表しました。

 政府は1日、新たな元号を「令和(れいわ)」と決めた。

出典は「万葉集」で、日本の古典に基づく元号は初めて。5月1日に皇太子さまが新天皇に即位されるのに合わせ同日午前0時に元号が改まる。645年の「大化」から数えて248番目の元号となる。

政府は1日午前、有識者でつくる「元号に関する懇談会」を開き、新元号の原案を示して意見を聴取。衆参両院正副議長からも意見を聴いた。その後、全閣僚会議で協議し、新元号を定める政令を閣議決定、菅義偉官房長官が新元号を発表した。政令は陛下の署名を受けて公布され、5月1日に施行される。

政府は3月14日、国文学、漢文学、日本史学、東洋史学を専門とする学者の中から複数人に新元号の考案を依頼。(1)国民の理想としてふさわしい良い意味を持つ(2)漢字2字(3)書きやすい(4)読みやすい-などの条件で絞り込んだ。

引用:新元号「令和」=出典は万葉集-5月1日改元

新元号は万葉集からで意味は?

令和は出典は「万葉集」で、中国ではなく日本の古典から採用されたのは確認される限りは初めてのようです。

 

そんな令和のもとの「万葉集」の「梅の花の歌」の「令月」からとったようです。

 

新元号選定にあたり、以下の序文から引用したようです。

「初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す」

 

そして、「令和」に使われたとされる「令月」の意味は「何事をするにもよい月。めでたい月。」を意味しており、めでたい元号という意味なのでしょうか?

 

その後、安倍首相から、新元号「令和」について「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」と説明がされたそうです。

 

また、「万葉集」を典拠にした理由について、

「1200年余り前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人や農民まで、幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります」

と、説明しました。

 

とにかく、「令月」の元号の意味はめでたいだったりと、幸せな意味が込められているようですね!

令和の海外読み方まとめ!外国の反応は好感触?

「令和」は海外での読み方によっては賛否両論あるかと思いますが、チベットや親日国である台湾からは好感触だったようです。

 

こうやって海外によっていろんな意味があり、それが「希望」だったりと前向きな感じは良いですね!

 

今後も国々によって読み方や解釈の違いはあれど、めでたい元号であると解釈されて広まることを切に願っています。

 

せばな~

英弘が新元号候補?中西進が令和考案バレがヤバイ理由!秘密守れないダメ議員…