2018年8月2日放送の「アウトデラックス」では、ラルクのTETSUYAさんが内装リフォームへの愛を語るようです。

 

そんな、ラルクのTETSUYAさんのリフォームとはどんなもので、なぜ内装リフォームが好きなのでしょうか?

 

ということで今回は、ラルクTETSUYAさんについて、

  • ラルクTETSUYAの不動産・リフォーム好きについて
  • TETSUYAの不動産の収入は?夢がヤバイ!
  • TETSUYAのおすすめプチリフォーム術!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

TETSUYA プロフィール

ラルク tetsuya 内装
(画像引用元:http://www.billboard-japan.com

愛称      てっちゃん
生年月日    1969年10月3日
出身地     滋賀県彦根市
血液型     A型

 

幼い頃から手先が器用で、将来はF1レーサーかプラモデル屋をやることが夢でしたが、幼なじみのkenに「ベースやり。ベースは弦が4本やから、ギターより簡単」と、ベースを勧められたところからベーシストとして活動を始めます。

 

中学校の文化祭で、マイケル・シェンカーのコピーバンドを組んで初舞台を踏み、高校進学後はPRISONERに加入してリーダーとしての手腕を発揮します。

 

その後PRISONERはByston-Wellと改名してから活動停止となり、大阪で行われたとあるセッションに参加し、hydeとperoに出会って説得し、1991年2月頃、大阪市でtetsuyaを中心に結成されます。

 

L’Arc~en~Cielは初アルバム「DUNE」でオリコン1位となり、1994年7月1日にビデオシングル「眠りによせて」でメジャーデビューしています。

 

1999年7月には「ark」「ray」の2枚同時でアルバムで2週連続で1位と2位の独占を達成、その後もコンスタントにリリースしていずれもヒット作を連発しています。

 

2011年10月12日に発売された結成20周年第二弾シングルとなる「X X X」では、ロックバンドとして史上3組目となる1990年代・2000年代・2010年代の3つの十年代連続でのオリコンシングルチャート1位獲得しています。

 

そんな中でTETSUYAさんはラルクを結成する前から面識のある西川貴教さんと仲が良く、、西川が企画したイベント「イナズマロックフェス 2009」に参加し、「イナズマロックフェス 2010」、サプライズゲストとして「イナズマロックフェス 2012」にも参加しています。

 

また、2001年から2006年まで「TETSU69」という名義でソロ活動もしています。

ラルクtetsuyaは不動産・リフォーム好き!内装プロデュースで年収は?

ラルクのTETSUYAさんは不動産マニアで物件好き、インテリア好き、ビルフェチと宣言するほど好きです。

 

なんでも、物件のまどりの図面を見るだけでドキドキするらしく、日課で物件を探しています。

 

もともとコレクターで、何でも集めたくなる性分らしく、ビル・マンション等と物件をたくさん持ちたいとのことです。

 

そして、将来はホテル王になりたいらしいく、ファン限定のホテルを作りたいのです。

不動産・リフォーム好きのきっかけは?

TETSUYAさんは、親に連れられてモデルルームに行ったときに「いつかこんなところに住んでみたい!」と思ったことがきっかけで、リフォームや不動産が好きになります。

 

TETSUYAさんは空間をプロデユースするのが好きで、リフォーム・リノベーションをしたりして、良い空間に生まれ変わらせたいとのこと。

 

実際に自宅やスタジオをリフォームする毎日で、家の大理石も自分で大理石を見に行くほどのマニアぶりです。

 

他にも、

  • カフェやお店に行くとつい内装をガン見してチェックしちゃう
  • 職人さんの作業がどれほど大変なのか知るために、壁紙の講習会で壁紙貼りを体験した

と、リフォームをするために、様々な勉強をするマニアぶりを見せつけています。

 

そのため、たくさんの人から物件のことやインテリアで相談されており、仲良しの西川貴教さんが住んでいる物件はTETSUYAさんが推薦した物件とのことです。

 

それだけでなく、なぜか西川貴教さんの物件の図面をTETSUYAさんが持っており、いつでもリフォーム出来るような体制となっているのでした。

TETSUYAは不動産王で年収は?

TETSUYAさんは不動産マニアでコレクターなので、いくつか物件を持っており貸して収入を得ているとのことです。

 

そして、この不動産収入毎月300万円とのことで、ラルクの印税を不動産の資産に変えて数百万円の不労所得を得ているのです。

 

趣味がこうじて不労所得を獲得し、さらにコレクターで物件を買ってさらに不労所得を増やす…

 

このようにTETSUYAさんは趣味・マニアが高じて多額のお金を得ているのでした。

スポンサーリンク

TETSUYAのおすすめプチリフォーム術!

TETSUYAさんはTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」にて“お手軽なリフォーム”について教えてもらいました。

 

以下がその内容となっているので、ご参考にしてみて下さい。

1つ目は「寝具をシルク製に変えてみる」です。シルクの布団は熱がこもらず涼しいそうで、TETSUYAさん自身も愛用中だと言い、その効果は実証済みとか。

2つ目は「グリーンカーテンやシェイド(日よけ)を活用すること」です。今年も注目が集まっているグリーンカーテン。カーテン状に仕立てたツル植物は見るからに涼しげで、窓の外に設置すれば、日陰になり室内温度も下がるそうです。難易度が高いと感じる人にはキャンバス地のシェイドなどもオススメのようで、「室内に熱を入れない工夫が大事」とTETSUYAさん。なかでもイチオシは、ゴーヤのグリーンカーテンで「すぐに育ってカーテンになってくれる」と話していました。

3つ目は「苔(コケ)をインテリアに使う」。TETSUYAさんによると、現在苔は女子の間でブームになっていて、苔を見に行くツアーもあるとのこと。小さなビンやガラスの器で苔を育てる「苔テラリウム」が人気だそうで、「これが部屋にあれば、苔の“緑”を見て涼しさを感じられると思う」とオススメしていました。

引用:ラルクTETSUYA流「夏を快適に過ごす部屋作り」3つのコツとは?

ラルクtetsuyaは不動産王でリフォームマニア!内装プロデュースで年収高し!

ラルクのTETSUYAさんは不動産・リフォーム好きで、かなりマニアでした。

 

しかも、物件をいくつか持っており、その資産で不労所得も数百万円をもっているとのこと。

 

そんなTETSUYAさんですが、夢であるホテル王で、ファン限定のホテルを作り上げて下さい!

 

せばな~