ラグビーワールドカップで日本が南アフリカに破れましたが、特にラインアウト失敗が目立って話題になっているようです。

 

そんな、日本ラグビーが南アフリカにラインアウト失敗で完敗した理由は?

 

ということで今回は、日本ラグビーが南アフリカにラインアウト失敗で完敗した理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

ラインアウト失敗で日本ラグビーが南アフリカ完敗理由?モールで攻め込まれる!

ラインアウト失敗で日本ラグビーが南アフリカに完敗!

ラグビーワールドカップで日本が南アフリカに破れましたが、特にラインアウト失敗で取られるのが目立って話題になりました。

ラインアウト 日本
(画像引用元:https://www.rugbyworldcup.com

確かに数字で見ると、南アフリカはラインアウト成功100%とに対し日本は成功は61.5%で、4回もボールを奪取されていたのです。

 

それだけでなく、ラインアウトからのモールでの圧倒的フィジカルで押し込まれてしまっていたのです。

日本ラグビーのラインアウト失敗理由

日本は南アフリカはフィジカルだけでなく高さも警戒していたので、予想通りにラインアウトを取られて負けてしまったようです。

 

実際に南アフリカの予選でのラインアウトは4試合とも100%で、相手ボールも2割近く奪っていて強すぎです。

フィジカルの強さ、そして高さは警戒が必要。今大会の南アは、ラインアウトの成功率が4試合とも100%。驚異的というしかない。相手ボールも2割近く奪っている。トライは1次リーグ最多の29奪っているが、起点はラインアウトが12と圧倒的に多い。スクラムを含めてセットピースからの攻撃は要注意だ。

引用:南ア嫌がる「低い」チョップタックルが鍵/沢木敬介

 

実際に画像で見ても日本より南アフリカが高く競り負けています。

ラインアウト 日本
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

ラインアウト 日本
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

このように、この南アフリカの驚異的な高さでのラインアウトが獲得されるのは分かっていたので、予想通りの南アフリカの攻めで負けてしまったようです。

スポンサーリンク

ラグビー日本が南アフリカに完敗

ワールドカップラグビーですが、日本は南アフリカに完敗しました。

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京スタジアムで準々決勝が行われ、日本と南アフリカが4強入りをかけて激突。過去2度の優勝を誇る強豪に対し、日本は健闘及ばず3-26で敗れ、涙をのんだ。南アフリカは2大会連続で4強入りした。

引用:【ラグビーW杯】日本8強敗退、格上・南アに3-26力負けで終戦 史上初の4強ならず、歴史的快進撃に幕

ラインアウト失敗で日本ラグビーが南アフリカに完敗!モールで攻め込まれる!

日本ラグビーは速さで勝ち進ん出来ましたが、南アフリカのフィジカルと高さでラインアウトを制されて負けてしまったようです。

 

確かに素人目から見てもラインアウトでの失敗や奪取されて攻め込まれており、それだけ南アフリカのラインアウトが驚異ということが分かりました。

 

しかし、これで日本ラグビーの高さ問題と新たな課題ができ、まだまだ日本は成長できるということです。

 

そのため、この課題を克服し更に成長した姿を次の舞台で日本が見せつけてくれることを期待しています!

 

せばな~