平昌五輪が開催されていますが、審判・判定がおかしいと一部で話題になっているようです。

 

そんな、平昌五輪の審判で判定・採点がおかしいと言われた内容は?

 

ということで今回は、平昌五輪の審判で判定・採点がおかしいと言われた内容をまとめて紹介します。


スポンサーリンク

平昌五輪の審判・判定おかしい?採点が盗まれる?失格続出に陰謀説?

フィギュア宮原知子の得点盗まれた?

2018年2月11日に平昌五輪でフィギュアスケート団体予選が行われ、女子ショートプログラム(SP)で宮原知子選手が登場しました。

そして、68.95点で4位に終わりましたが、華麗な演技にも関わらず得点が伸びなかった日本のエースに対する審査に「サトコ・ミヤハラ(の得点)は盗まれた」と海外からも疑問の声が上がっていました。

 

また、日本からも「とくダネ!」司会の小倉智昭キャスターとフィギュアスケート男子銅メダリスト・高橋大輔さんが疑問をもっていました。

小倉「宮原選手の得点なんですがもうちょっと高い点、70点以上は出るだろうなと思ったんですけど、見ていてどうでした?」

高橋「ちょっとあの得点は抑えられすぎじゃないかなというところはありましたかね。ジャンプも上から見ると回ってると思ったんですけどね。2つとられてしまったので。そこはちょっと」

このように日本からの不満はもちろんのこと、海外からも得点は盗まれたというほど、審査に疑問が残っていたようです。

ショートトラックで中国選手が相次ぎ失格に韓国陰謀説?

平昌冬季五輪のスピードスケート・ショートトラックで、4人の中国選手が相次いで失格となり、中国のインターネット上には「韓国の“陰謀”」を疑う投稿が殺到しました。

平昌五輪 審判
(画像引用元:http://img.recordchina.co.jp

ショートトラックは中国のお家芸であり今大会もメダル量産が期待されていましたが、同じくショートトラック王国である韓国が立ちはだかっていました。

 

そんな中で男子1000メートル予選の第4組、任子威が他の選手を妨害したとして失格となったのが始まり、次々と中国選手が失格したのです。

 

そのため、中国のインターネット上では「五輪は汚い。韓国人は本当に嫌だ」等と、ライバルで自国開催である韓国の陰謀ではないかと批判したのです。

スポンサーリンク

ショートトラック女子失格に韓国SNSテロ

今度は自国開催である韓国がショートトラック女子500メートル銅メダルリストのキム・ブタンの失格なしに韓国がSNSテロを起こしたようです。

平昌五輪 審判
(画像引用元:https://i2.wp.com

ショートトラック女子500メートル銅メダルリストのキム・ブタンは、競り合いの相手となった韓国のチェ・ミンジョンは失格となりました。

 

チェ・ミンジョンは失格とならなければ銀メダルでしたが、ビデオ判定の結果、追い抜きの過程でブタンを押したとされ、ペナルティーにより失格になったのです。

 

そして、失格となったチェ・ミンジョンは涙を見せるが「判定を認める」と潔さを見せました。

 

しかし、韓国ファンの考えは違い、ブタンもチェ・ミンジョンを押したのにチェ・ミンジョンだけ失格にされたのだと、ブタンのインスタをアカウント閉鎖まで批判で追い込んだのでした。

 

そんな、韓国のサイバーテロを以前のソチ五輪でも行っており、またしても判定に不服として行き過ぎた批判を行っていたのでした。

平昌五輪の審判・判定おかしい?採点が盗まれたり失格続出?SNSテロにまで発展?

平昌五輪の審判・判定に不服として色々な競技で言われていますが、選手は潔さを見せています。

 

しかし、ファンからはおかしいと、一部ではいきすぎてテロと化しているようです…

 

そんな、平昌五輪ですが今後も、勝負の世界で勝ち負けがはっきりするので不服はあるかもしれませんが、選手が潔さを見せたなら、それを温かく見守るのも必要かと思いました。

 

せばな~