平昌五輪で日本でも金メダルを獲得したりと興奮冷めやらぬ中、試合の2日後には余韻も残さず帰国しているようです。

 

なぜ平昌五輪を楽しまずにすぐに帰国するのでしょうか?

 

ということで今回は、平昌五輪を楽しまずにすぐに帰国する理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

平昌五輪で日本が試合2日後に帰国ラッシュ!ノロウイルスですぐお帰り!

羽生結弦と小平奈緒の連日の金メダルにより、現地での日本の盛り上がりは最高潮に達しているようです。

 

しかし、日本では戦い終えた選手は試合の2日後には帰国しており、帰国ラッシュが続いているようです。

平昌五輪 日本帰国
(画像引用元:http://img.mixi.net

実際にジャンプの高梨沙羅も伊藤有希も、スノーボードの平野歩夢も試合の2日後には帰国して日本にいたのでした。

帰国ラッシュは拡大中のノロウイルスか?

オリンピックが4年に一度と特別な思い入れがある大会といっても、選手には次の大会に向けて練習し、調子を整えることが必要です。

 

そんな中でノロウイルスが現在も拡大中の平昌五輪にい続けるのは何もメリットは感じず、体調を考えて試合の2日後には帰国しているようです。

 

実際に、スイスフリースタイルスキー選手、ファビアン・ベシュ選手とエリアス・アンビュール選手が感染しています。

 

その後も、平昌冬季五輪のアルペンスキー女子回転で五輪連覇を狙っていたミカエラ・シフリン選手も、ノロ感染の疑いがあったりと歯止めがかかっていないのです。

スポンサーリンク

ノロウイルスの原因は調理に使われた地下水?

そんな日本選手団も試合2日後には帰国して逃げ出すノロウイルスですが、調理用の水として汚染された地下水を使用していたのが原因が確認されました。

平昌五輪 ノロウイルス
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

修練院団体の食事には調理用の水として汚染された地下水を使用しており、そこで食事をした人としていない人のノロウイルス発生のリスクが6.5倍高いのです。

 

その地下水が汚染された原因はパイプに亀裂が生じて下水道と混入していたのか配管ミスか不明であるが、m地下水が汚染されていたのは事実のようです。

平昌五輪で日本が試合2日後に帰国ラッシュはノロウイルス?

平昌五輪の活躍覚めやらぬ中、日本選手団はノロウイルスに感染しないように2日後には帰国ラッシュのようです。

 

確かに五輪は特別な思い入れがありますが、他にも試合があるので体調を考えてすぐに帰国するのが最善でしょう。

 

それに帰国したほうが、日本でいまかと待っているファンにとっては喜ばしい限りですしね!

 

せばな~