平昌五輪のスノーボード競技が行われていますが、突風・強風と悪天候で冬季五輪の汚点と言われるほどとなっているようです。

 

そんな、平昌五輪スノーボードの天候はどうなっているのでしょうか?

 

ということで今回は、平昌五輪スノーボードの悪天候について紹介したいと思います。


スポンサーリンク

平昌五輪スノボが突風で悪天候!強風で予選中止!

強風で予選中止は冬季五輪史上に汚点?

11日に予定されていたスノーボードのスロープスタイル女子予選が強風のために中止と最悪の事態が起きたようです。

平昌五輪 悪天候
(画像引用元:https://www.sponichi.co.jp

 

まず、当初は13時半開始の予定だったのが14時に変更し、結局、状況の改善が見られなかったため予選はキャンセルとなったのです。

 

そのため、翌日12日10時から行われる決勝には27選手全員が出場し、2本のランの最高点によってメダルを争う“一発勝負”となってしまったのでした。

 

そして、五輪ともなればこういう事態に備えており、ひどくても「延期」で、五輪で天候不良を理由に「中止」になったというのはありえなく「冬季五輪史上に汚点」とも言われています。

平昌の突風でほぼ全員転倒

スノーボード女子スロープスタイル決勝が行われましたが、激しい風が吹き荒れる悪天候で多くの選手が転倒する事態となっていました。

平昌五輪 スノボ 悪天候
(画像引用元:http://afpbb.ismcdn.jp

 

予選が中止になった前日に続き、この日も強風でスタートが1時間以上遅れることとなり、激しい風の影響で金メダルを獲得したアンダーソンを含むほぼすべての選手が転倒していたのです。

「フェアな競技だったとは思わない。強行した主催者には少し失望している」
「私の考えでは、女子スノーボードにとって良いショーではなかったと思う」

「きょうのコンディションは間違いなく難しかった。(自分の演技は)望んでいたものでも、期待していたものでもなかった。五輪の決勝という舞台で夢見ていたものではなかった」
「激しい突風があった。『平昌の突風』と呼ぶことに決めた」

そのため、選手からは危険な状況であり、天候がコロコロ変わるのでフェアでなく、なぜ延期せずに強行したのか疑問をもたれていたようです。

スポンサーリンク

怪我人続出で危険!

「すでに多くの選手が風のせいでけがをしていた」

「昨日だって朝の練習は危険だった」

転倒だけでなく、怪我する人も続出で本当に危険なコンディションだったようです。

 

実際に決勝までに英国のケイティ・オームロッドとコーディが負傷し、競技出場を断念することを余儀なくされました。

 

特にコーディは自身初の五輪で前十字靱帯を断裂し、数か月の離脱を余儀なくされてしまったのです。

「きょう、私の五輪は突然に終わりを迎えた…。練習中に最後のジャンプ台で風にあおられた。それに前十字靱帯なんて最悪!」

そのため、自身のインスタグラムでは平昌五輪の不満を募らせていました。

平昌五輪スノボが突風で悪天候と最悪!強風予選中止で冬季の汚点?

平昌五輪のスノーボード女子スロープスタイルですが、悪天候で前代未聞の予選中止だけでなく、怪我人続出で最悪の自体を招いているようです。

 

そのため、このままでは本当に「冬季五輪史上に汚点」と言われざる得ない状況となっているようです。

 

普通なら延期や、最悪の事態を想定していると思うので、平昌五輪運営委員はなんとか頭を働かせて普通のコンディションにはせめてしてください。

 

せばな~