平昌五輪男子フィギュアの中国審判が、中国人選手に不正な採点をしたとして問題となっています。

 

中国審判はどれくらい中国人選手よりな採点・得点をしたのでしょうか?

 

ということで今回は、平昌五輪男子フィギュアにて、中国審判はどれくらい中国人選手よりな採点をしたか調査したいと思います。


スポンサーリンク

平昌五輪フィギュア中国審判の不正採点?得点表から調査!

平昌五輪フィギュアでは297.77点で4位に入った中国代表の金博洋選手に対して、ジャッジを務めた中国人のチェン・ウェイグアンさんが不正な高得点を入れたとして問題となりました。

 

そのため、国際スケート連盟(ISU)の規律委員会は今回の採点を調査する方針を固め、さらに、1年間の資格停止処分を受ける可能性も浮上しています。

問題となった中国人の採点は?他の採点と比較!

問題となった中国人の採点は以下となっています。

【採点表】中国人ジャッジに不正採点疑惑? これが問題となった採点表

(THE ANSWER編集部)

上記を見ると、中国審判は中国代表の選手に最高得点を出しております。

 

チェンさんは中国人スケーターの構成点には他のジャッジが7点台をつけている要素で、9点台を連発していました。

 

一方で、メダル争いのライバルとなったフェルナンデス、宇野に対して、9人中で最も低い評価を下していたのです。

 

また、男子フィギュアシングルの各審判の得点推移を調べてくれた表を見ると、スペインも同じく優遇している傾向になっているようです。

そのため、中国審判の採点で目立っていますが、実はスペインもだったりとフィギュア審判の自国よりな採点は度々起きているようです。

スポンサーリンク

平昌五輪フィギュア中国審判が不正採点!スペインもひっそり不正得点?

平昌五輪フィギュアで中国の審判が不正採点をしたようですが、確かに得点表を見るとおかしい気がします。

 

また、ひっそりとですが、スペインもやらかしており、やはりこういった自国優遇の採点は多いのでしょうか…

 

こういった事が起きないように、採点の透明度を高め、公平なジャッジを付けてもらいたいですね。

 

せばな~

北朝鮮チョンが渡邊啓太にショートトラックで妨害2連続!プロフィールは?