「炎炎ノ消防隊」のパクリ疑惑で炎上している映画「プロメア」ですが、今度は山形県沖地震で不謹慎発言をして延焼しました。

 

そんな、山形県沖地震での不謹慎発言とは?

また、燃えた原因である「炎炎ノ消防隊」のパクリ疑惑とは?

 

ということで今回は、「プロメア」の炎上について、

  • プロメアの山形県沖地震での不謹慎発言とは?
  • プロメアの「炎炎ノ消防隊」のパクリ疑惑とは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

プロメア山形県沖地震で炎上理由!炎炎ノ消防隊パクリ盗作で延焼!

プロメアが山形県沖地震で炎上

映画「プロメア」が公式ツイッターにて山形県沖地震で「火の用心」とふざけた注意喚起したとして、自分で燃やしました。

 

プロメアは山形県沖地震発生して数分後、「火の用心!!!」とプロメア流に注意喚起したと思われます。

プロメア 地震
(画像引用元:https://livedoor.blogimg.jp

 

しかし、ふざけている場合じゃないと怒られ、「炎炎ノ消防隊」のパクリ疑惑の最中でもあったため批判殺到で炎上しました。

プロメア 地震
(画像引用元:https://livedoor.blogimg.jp

 

その結果、被害に遭った方々を配慮していない発言として、問題のツイートを削除して謝罪に至ったのでした。

スポンサーリンク

プロメアの「炎炎ノ消防隊」のパクリ疑惑とは?

映画「プロメア」は漫画「炎炎ノ消防隊」の連載前の内容を知り、炎炎ノ消防隊パクった疑惑が出ていました。

 

もともと、映画「プロメア」と漫画「炎炎ノ消防隊」は似て内容だと言われていました。

【炎炎ノ消防隊】

太陽暦佰九拾八年、東京皇国。この世界は、ある大災害を境に突然始まった人体発火現象「焔(ほむら)ビト」による脅威に苛まれていた。
突然、自身の体から発火した者は瞬く間に全身が炎に包まれ、自我を失い命が尽きるまで周囲を焼きつくすのである。
この脅威に対応して、一般市民を炎の恐怖から守り、人体発火現象の原因と解決策を究明するために組織されたのが『特殊消防隊』である。

 

【プロメア】

炎を操る新人類バーニッシュの出現に端を発する惑星規模の発火現象である世界大炎上により、人口の半分が焼失してから30年が過ぎた世界。
自治共和国プロメポリスでは、炎上テロを繰り返す過激派バーニッシュの集団マッドバーニッシュに対抗すべく、
対バーニッシュ用装備を扱う高機動救命消防隊バーニングレスキューが消火活動を行っていた。

 

そんな中で、炎炎ノ消防隊の作者が「連載前に知人に話して盗まれた」というコメントを残して、プロメアパクリ疑惑が出ていました。

プロメア 地震
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

しかも、「炎炎ノ消防隊」作者の大久保篤さんは、同作の連載前に「プロメア」キャラデザのコヤマシゲトさんにデザイン協力も依頼していました。

 

このことから、「炎炎ノ消防隊」連載前の情報を知っている「プロメア」キャラデザのコヤマシゲトさんが、「プロメア」に「炎炎ノ消防隊」の内容を取り入れてた説が出てしまったのです。

 

憶測の可能性もありますが、話の筋道が出来ており、なにより「炎炎ノ消防隊」の作者が言及していることから信憑性が増しています。

 

このように「プロメア」は「炎炎ノ消防隊」の作者の巻末コメントから、パクリ疑惑で炎上中でした。

プロメア山形県沖地震で炎上理由!炎炎ノ消防隊パクリ盗作から延焼!

「プロメア」は炎炎ノ消防隊パクリ盗作疑惑で炎上中であり、まだ鎮火していませんでした。

 

その中で、山形県沖地震で「火の用心!!!」と不適切ツイートにより、延焼しているのでした。

 

まさかのプロメア自身が「火の用心」ですが、果たして2つの炎上を鎮火できるのか注目ですね。

 

せばな~