大みそか「SASUKE」が話題になっていますパルクール佐藤こと、佐藤惇さんがダイジェストにされている事も話題になっています。

 

そんなパルクール佐藤がSASUKEでダイジェストにされてしまう理由は?

 

ということで今回は、パルクール佐藤がダイジェストにされる理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

パルクール佐藤惇のSASUKEダイジェスト理由!放送禁止用語で編集された?

パルクール佐藤さんはSASUKEではおなじみで活躍していますが、なぜダイジェストにされてしまったようです。

 

そんなパルクール佐藤のSASUKEでの扱いが酷いと批判があるほどでした。

放送禁止用語連呼でSASUKEダイジェスト?

パルクール佐藤は放送禁止用語を連呼しながらSASUKEをしていると言われています。

 

なんでも、パルクール佐藤があまりのもカットされていることから、放送禁止用語を連呼しているからどうしてもダイジェストになると噂されていたのです。

 

そのため、2018年12月31日の生放送の「SASUKE」ではいよいよ放送禁止用語を連呼する噂が真実か話題になっているのでした。

ネタバレしてスタッフに嫌われた?

実はパルクール佐藤はかつてネタバレをしたため、スタッフに嫌われてダイジェストにされていると言われています。

 

パルクール佐藤は「ファイナル出場なし」とネタバレをした事がありました。

 

そのため、スタッフに嫌われ、制裁という意味でパルクール佐藤はカット・ダイジェストされたと言われています。

パルクールがSASUKE選手より人気が出ないように?

パルクール佐藤が活躍して人気になると、SASUKEで活躍した選手の人気がパルクールに食われるため、ダイジェストにしているとも言われています。

 

また、パルクールはフランスの軍事訓練から発展して生まれたもののため、野蛮で子供が真似をしたら怪我するため、パルクール佐藤を人気にさせないとダイジェストにしたと言われています。

パルクール佐藤が簡単にクリアするから?

パルクール佐藤が易易とステージクリアをしてしまうため、大変に見えないためダイジェストにしたとも言われています。

 

やはりテレビ局としては、普通の人間でクリアすることが出来ない困難なステージを乗り越える映像がほしいです。

 

しかし、パルクール佐藤は易易とステージをクリアしてしまうため、楽そうに見えて見ごたえがないのです。

 

そのため、パルクール佐藤の映像は見ごたえがないからダイジェストしてしまったのかもしれません。、

スポンサーリンク

佐藤惇 プロフィール

パルクール佐藤 放送禁止用語
(画像引用元:http://sugoihito.or.jp

愛称      パルクール佐藤、サリー
生年月日    1991年9月26日
出身地     東京都
身長      172cm
事務所     SENDAI X TRAIN

 

小学生の頃にテレビ「世界まる見え!テレビ特捜部」で放映されたパルクールのドキュメンタリー『ジャンプ・ロンドン』を思い出し、その中に登場する人物の身のこなしに感銘を受けてパルクールを始めます。

 

2007年にはイギリスのパルクールチーム「Parkour Generations」との出会いをきっかけに本場フランスへと赴き、パルクールを創り出した集団「ヤマカシ」のメンバーらと共に練習を行います。

 

2008年秋の第21回大会から「SASUKE」に出場し、以降出場した7大会全てにおいて1stをクリアしており、抜群の安定感とスピードクリアには定評で知名度を高めます。

 

2017年には24時間テレビの企画において、チームの1分間のトランポリンダンク回数で44回を記録しギネス世界記録に認定されてもいます。

パルクール佐藤惇のSASUKEダイジェスト理由は放送禁止用語?

パルクール佐藤のSASUKEダイジェストが放送禁止用語だったりと色々な噂が出ております。

 

放送禁止用語だったら面白いですが、果たしてパルクール佐藤は生放送で放送禁止用語を発するのか注目ですね

 

せばな~