「伝説の空手家」として知られる大山倍達さんの孫・大山照羅さんがコカインで再逮捕されましたが、在日韓国人だと話題になっているようです。

 

そんな大山照羅容疑者は在日韓国人なのでしょうか?

また、大山照羅容疑者は再逮捕ということで、以前に何で逮捕されているのでしょうか?

 

ということで今回は、大山照羅容疑者について、

  • 大山照羅のプロフィール!在日韓国人の理由は?
  • 大山照羅の逮捕歴!コカイン・覚醒剤使用に仮想通貨詐欺疑惑?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大山照羅は在日韓国人!チェウォンソクがコカイン覚醒剤に仮想通貨詐欺で逮捕歴?

大山照羅は在日韓国人?プロフィールは?

大山照羅 韓国
(画像引用元:livedoor.blogimg.jp

韓国名     崔元鍚(チェ・ウォンソク)
生年月日    1997年3月24日
出身地     東京都豊島区

 

大山照羅さんが在日韓国人と言われたのは、祖父の大山倍達さんが韓国人で韓国籍だからです。

 

祖父の大山倍達さんは父・崔承玄(チェ・スンヒョン、최승현)と母・金芙蓉(キム・ブヨン、김부용)との間に産まれ。

大韓民国が建国された後は韓国籍から1968年に日本籍、1947年以降に日本国籍を離脱し韓国籍となっています。

 

それだけでなく、大山照羅さんは韓国名・崔元鍚(チェ・ウォンソク)もあり、在日韓国人と言われているようです。

 

そんな大山照羅ことチェウォンソクさんですが、一般社団法人国際空手道連盟大山倍達極真会館(極真会館 宗家)の理事兼MAS大山コイン最高統括責任者で実業家として活動しています。

大山照羅の逮捕歴!

14歳から覚醒剤使用で懲役1年6ヵ月(執行猶予3年)

大山照羅容疑者は2019年1月に覚醒剤取締法違反の罪で懲役1年6月(執行猶予3年)の有罪判決を受けています。

 

しかも、覚せい剤の使用について「間違いありません」と認め、「14歳で始めて覚せい剤を使用した」と中学生のころから覚醒剤にハマっていたのでした。

 

なぜ、照羅氏の覚せい剤使用が明らかになったのか。そこには、痴情のもつれがあった。全国紙社会部記者が明かす。

「事件当時、照羅氏は池袋の家賃20万円を超える高級マンションで女性と同棲していました。その女性と去年の9月に複数回に渡り、覚せい剤を使用していた。覚せい剤は女性に打ってもらっていたようで、逮捕当時、照羅氏の両腕には無数の注射後が残っていました。ただ、逮捕の直接的な原因になったのは別の傷害事件です。照羅氏が同棲相手の女性をボコボコにし、女性が通報したところ尿から覚せい剤反応が出て、逮捕に至った。過去に逮捕歴があり、中等少年院に入っていたこともあり、都内の拘置所にしばらく拘束されていました。逮捕当時は、かなり興奮していたようで、長期の薬物使用の疑いもあったようです」

引用:伝説の空手家・大山倍達の孫「覚醒剤乱用」&「仮想通貨詐欺疑惑」

 

大山照羅容疑者は女性と同棲し、その女性をボコボコにした傷害事件から覚醒剤使用がバレてしまったようです。

 

そして、14歳からやっていたことが発覚し、覚醒剤取締法違反の罪で懲役1年6月(執行猶予3年)の有罪判決を受けたのでした。

執行猶予中に大麻で再逮捕

今度は2019年2月に大山照羅ら3人を大麻取締法違反で現行犯逮捕されました。

東京都新宿区大久保の片側3車線の都道を普通乗用車で走行していた警ら中のパトカーが乗用車を追い越した際、助手席に座っていた照羅容疑者が視線をそらすなど不審な動きをしたため、職務質問。

車内を調べたところ、運転席付近から大麻とみられる乾燥植物片5.42グラムや吸引用のパイプなどが見つかり、3人の尿から陽性反応が出た。

調べに対し、大山容疑者は「知りません。私の物ではありません」と、容疑を否認しているという。

大山照羅 韓国
(画像引用元:https://sai001.com

大山照羅容疑者は刑罰される執行猶予中でありながら、こりにずに大麻を使用して逮捕されました。

 

しかも、尿から陽性反応が出ていながらも容疑を否認しているとのことですが、大麻取締法では大麻の使用については処罰の対象にならないことを知っていたのでしょうか?

 

14歳から覚醒剤使用していることから、大麻に関しても熟知しているようですね。

スポンサーリンク

コカイン使用で再々逮捕

今度は2019年3月18日にコカインを使用したとして再々逮捕されました。

 麻薬取締法違反の疑いで再逮捕されたのは自称・自営業の大山照羅容疑者(21)ら3人です。

大山容疑者は1994年に亡くなった空手団体「極真会館」の創設者、大山倍達さんの孫で、先月26日頃、都内またはその周辺で、コカインを摂取した疑いが持たれています。警視庁によりますと、大山容疑者ら3人の尿からは大麻に加え、コカインの陽性反応が出たということです。

取り調べに対し大山容疑者は「わからない」と容疑を否認していて、警視庁は入手ルートなどを詳しく調べています。(18日17:37)

引用:極真空手・大山倍達氏の孫、今度はコカイン使用疑いで逮捕

またしてもコカインで陽性反応が出ましたが、容疑を否認。

 

この結果、大山照羅容疑者は覚醒剤に大麻、コカインと薬物使用のオンパレードだったのでした。

仮想通貨詐欺疑惑で母親が管理?

大山照羅容疑者は仮想通貨「MAS OYAMA COIN」(マスコイン)の未払い問題で、仮想通貨詐欺疑惑も出ています。

極真会館が発行元であり、照羅氏が責任者を務める、大山倍達氏の名前を冠した仮想通貨「MAS OYAMA COIN」(マスコイン)の未払い問題だ。

HP上には、総発行数5億枚、09年の時価総額は8兆円以上、4000万人以上の極真会館の会員達が格闘技界のすべてを一手に担う、といった購入意欲を誘う魅力的な文言が並んでいる。だが、実際の上場予定日は未定であり、仮想通貨としての体をなしておらず、現在、50人以上の購入者達が3000万円以上の返却を求めているのだ。仮想通貨関係者がいう。

「昨年度に準備が整い、いよいよ上場という手筈だった。出資額の10倍が入るという触れ込みで、極真会館も絡んで資金集めに走っていた。集まった額は、軽く億を越えているはずです。それが、昨夏に突然資金不足で活用ができないという話が持ち上がったんです。その運用資金はどこに行ったのということですが、照羅氏や関係者が遊んで使い込んでしまった。当然ですが、当初予定されていた配当金なんかは夢のまた夢。今は投資した元金をいかに回収するかということに着眼点が置かれており、一般の購入者も巻き込んだ、詐欺事件に発展する可能性すらあるのが現状です」

引用:伝説の空手家・大山倍達の孫「覚醒剤乱用」&「仮想通貨詐欺疑惑」

 

ただ、大山照羅容疑者いわく、仮想通貨に関しては大山倍達さんの娘で、大山照羅さんの母親の大山喜久子さんが管理しているとのことです。

果たして、マスコインを“詐欺コイン”と訴える、購入者達の声をどう捉えているのか。裁判終了後に、姿を現した照羅氏を直撃した。

――照羅さんが責任者であるマスコインの購入者達が、返金を求めています。
照羅氏(以下:同):「現状、僕が何か言えるわけではないのですが、今後どうなるか方向性も決まるでしょうし、正式発表もします」

――中には詐欺と仰られる方もいますが、照羅さんとしてはそうではない、と。
「はい、そうですね。コイン運用に関してもたぶん今後もしていくでしょうし、返金に関しても応じる形になるとは思われる、としか言えませんね」

――集めたお金を照羅さんが使い込んでしまったという証言も得ています。
「あー、それはよく言われるんですけど、一円も使っていないですね。コインの権利自体も母が持っているもので、それに関して僕の一存で動かすわけにはいかないので」

――では、返金できない理由はどこにあるのか?
「僕自身が、出資者から集めた仮想通貨のイーサリアムを保有しておらず、母がすべて管理しているので僕個人からは返金できません。今後どうしていくかが決まればそれに沿った形で動いていくと思います」

――ただ、返金を求める方がたくさんいらっしゃるのも現実です。運用者として、責任者としてご自身としてはどう捉えているか?
「運営上、可能であれば返金したいな、と。ただマスコイン自体がどうなるかが決まらない限り、明言はできません。ただ、近い将来、たぶんすぐ上場と思います」

――最後に返金希望の方々に何か一言ありますか?
「僕のほうから申し上げられることは特にありません。マスコインとして行動が遅くなってしまっていることに関しては、反省すべきところはあるのかな、と」

引用:伝説の空手家・大山倍達の孫「覚醒剤乱用」&「仮想通貨詐欺疑惑」

そのため、情報が真実だとすれば、管理している大山照羅さんの母親の大山喜久子さんが黒幕となっているようです。

大山照羅は在日韓国人!チェウォンソクがコカイン覚醒剤に仮想通貨詐欺?

大山照羅容疑者は祖父の大山倍達さんが純韓国人で韓国籍であり、自身もチェウォンソクという韓国名があるため韓国人と言われています。

 

そんな大山照羅容疑者は、14歳から覚醒剤を使用して有罪判決、その後に大麻にコカイン使用で逮捕と違法薬物使用のオンパレードをしていたのでした。

 

韓国人は関係ありませんが、少しは祖父の爪の垢を煎じて飲むなりして、まともな人間になってもらいたいです。

スポンサーリンク