白血病から消えてしまった大塚範一アナですが、現在も闘病中とのことです。

 

そんな大塚範一アナの現在はどうなっているのでしょうか?

 

ということで今回は、大塚範一アナについて、

  • 大塚範一アナの現在は?
  • 大塚範一アナの病気経過を時系列順に紹介!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

大塚範一の現在2018は?死去デマで病気経過を時系列順に!

大塚範一の現在2018

大塚範一さんは頻繁に連絡をとっていた方と1年ぐらい疎遠になったが、健康状態は悪くないようです。

 

大塚範一さんは1年くらい前から頻繁に連絡をとっていた方とも疎遠となり、姪っ子であるA子さんを個人事務所の役員に就任させていました。

 

そのため、大塚範一さんはいよいよ覚悟を決めて、献身的に看病をしているA子さんに任せると“終活”をしていると思われていました。

「大塚は闘病中でも仲間内の集まりにちょくちょく顔を出していましたし、頻繁に連絡をとり合っていたのですが、1年くらい前からまったく連絡がつかなくなってしまって……。メールを送っても返信がないし、電話をしても折り返しが来ない。私や仲間も、すごく心配しているんです」

個人事務所名義で所有している1億5000万円ともいわれる港区内のマンションで話を聞いてみると、

「ここ1年くらいは大塚さんの姿は見ていないですね。ときどき、事務所の方と思われる人が出入りしていますが、もうここには住んでいないんじゃないかなあ」(同じマンションの住人)

「今年6月に大塚さんは姉の娘、つまり姪っ子であるA子さんを個人事務所の役員に就任させたのです。今まで役員は大塚さんだけだったのですが、現在は2人が共同経営者のような形になっています。彼は独身で子どもがいないため、このA子さんが献身的に看病をしているんですよ」(テレビ局関係者)

すでにA子さんの名前は登記簿に記載されている。大塚アナが彼女に全幅の信頼を寄せている証拠だろう。

「A子さんを役員にするだけではなく、10月には彼女を受託人として、自分の所有する不動産を信託目録にしているんです。大塚さんは元気なころから“僕の財産は姪っ子のA子に遺したいんだ”と、話していましたからね。

 

しかし、姪っ子であるA子さんによると、大塚範一さんは現在も健康状態は悪くなく、「財産を残したい」とも発言してはいなかったようです。

おかげさまで健康状態のほうは悪くもなく、元気に過ごしております。お手紙にありましたこと(役員就任や信託目録について)を本人に確認いたしましたところ、“そういう話は個人情報になるので、話さなくていいよ”と言われたので、申し訳ないですがお答えしかねるんです」

─周囲には“姪っ子さんに財産を遺したい”とおっしゃっていたようですが?

「言ってないと思いますよ(笑)」

─『めざまし』のスタッフや同期の方などが、連絡がつかず心配していますが?

メールに関しては目が見えにくくなってしまっているので、いっさいやらないことにしているんです。ただ、“連絡はとっているんだけどね”と申してはおりました。

また、“『めざまし』のスタッフにはオレのほうから連絡してみるわ”なんて言っておりましたね。なにぶん外に出て行けないので、ご心配いただいていると思うのですが」

─港区内のマンションでもここ1年ほど姿を見たという人はいませんでした。今、どちらにいらっしゃるのですか?

「港区のマンションのほうにいるんですよ。自宅で療養中なんです。風邪をひかないよう、この時期は特に外には出られないので、そういう話になっているんでしょうね

─姪であるA子さんが、父親でもない大塚アナを看病するのは、とても大変なことだと思うのですが?

「そうですね、ずいぶん長くなりましたからね……。ただ明るい叔父ではあるので、冗談を言い合いながら今も明るくやっております。本人は復帰への意欲もありますし、暖かくなったら仕事を再開したいとも言っています

 

大塚範一さんは風邪を引かないように外には出ていないが、暖かくなったら仕事を再開したいと復帰には意欲的。

 

ただ、気になるのが、目が悪くなり手術した事もあってか「メールに関しては目が見えにくくなってしまっている」が気がかりです。

大塚範一アナの病気経過を時系列順に!

2011年11月2日に体調不良で休業から降板

大塚範一さんは2011年11月2日に体調不良を理由に「めざましテレビ」の出演を休業しました。

「全く予期せぬ突然の病を得て、休みを頂くことになりました。厳しい治療にも気力で耐えて、数カ月先の(番組が始まる)午前5時25分に再び元気な笑顔で再登場することをお約束します」

 

しかし、休業宣言から4日後に急性リンパ性白血病と診断されて長期休業をする事が発表されます。

 

それから闘病生活をしましたが、「めざましテレビ」への復帰を断念して、生電話出演してコメントをしていました。

「(自分は)元気過ぎる入院患者」

「現在は半年かかる長期治療のおよそ3分の1が終わった状態で、強い副作用がなければ普段と変わらない生活を送れている」

「秋口にはスタジオに行きたい」

 

また、めざまし降板については、かなり悔しかったともコメントをしていました。

なんにもないんだよ。
ゴルフ行って疲れたなあって首筋さわったときに、硬いもんが二つ三つ、あれ、これはなんだろうって。
ちょっとおかしいなと思って血液検査に行って。
それが金曜だったかな。
それで次の火曜から入院。

あんなかたちで番組やめると思わなかった。
17年と7カ月。20年やってやめようと思ってたのに、先にやめざるをえなくなってさ。
それがショックだった。

闘病生活から2013年2月にめざまし復活

急性リンパ性白血病で闘病生活となった大塚範一さんですが、2012年2月中旬に母親を亡くす不幸が続き、母親の葬儀には病気のため通夜・葬儀にも出席できませんでした。

 

それでも闘病生活は続き、壮絶な試練だったと「女性自身」にて語っています

「入院直後から抗がん剤を用いた化学療法を始めました。この時期は副作用で吐き気やめまいがして起きていられなくなり、ただ寝て1日が過ぎるのを待つという苦しい日々が続いたそうです。
当初はこの年8月末に退院する予定でしたが、後1ヶ月で退院という時に感染症や合併症を併発。
2ヶ月間は命を失いかねない危険な状況だったそうです。大塚さんは『よく助かったなというのが実感』と語っていました」

 

しかし、それでも復帰を望み、病院に再発の恐れがあるからと反対された退院も2012年10月1日に果たします。

 

2012年10月16日には生電話に出ており、同年10月24日にはVTRで出演と顔を出して徐々にメディアの露出を増やします。

 

そして、2013年2月4日放送の「めざましテレビ」にて生出演し、461日ぶりテレビ生出演を果たします。

大塚範一 現在
(画像引用元:https://www.xn--u9jy52gkffn9q8qbux6ab4xi9c4wsx57a.com

 

それだけでなく、2013年3月には「アゲるテレビ」のメインキャスター、「Qさま!!」「VS嵐」にも出演して意欲的に活動をしていました。

2013年3月の白血病再発後は外見の変化に衝撃

ところが、本格復帰目前の2013年3月16日、白血病が再発したことが判明します。

 

そのため、メインキャスター予定だった「アゲるテレビ」もキャンセルとなって再び闘病生活に専念することを発表します。

 

しかも、感染症や合併症を併発してしまい、一時期は命が危険な状況にまでなっていたのです。

「入院直後から抗がん剤を用いた化学療法を始めました。この時期は副作用で吐き気やめまいがして起きていられなくなり、ただ寝て1日が過ぎるのを待つという苦しい日々が続いたそうです。

当初は今年8月末に退院する予定でしたが、退院まであと一カ月で退院というときに感染症や合併症を併発。2カ月間は命を失いかねない危険な状況だったそうです。大塚さんは『よく助かったなというのが実感』と語っていました」(フジテレビ社員)

 

しかし、2013年9月に退院し、2014年には「徹子の部屋」に出演したが、変貌ぶりに驚かされていました。

大塚範一 現在
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

番組では、大塚さんの闘病生活の様子や、入院中に93歳で死去した母への思いなどが語られた。多い時は1日70~80錠の薬を服用していた、粘膜をやられて口中血だらけになったなど辛い治療のエピソードも飛び出したが、現在は薬の量も減り、食欲も旺盛だという。

ただ、免疫の低下で体のあらゆる部分に影響が出て、先日も目が悪くなり手術したそうだ。テレビ画面で見る限り、確かに左目が充血しているようだった。今は2週間に1回は通院しているとのことだ。

 

その後も、2015年5月放送の「世界HOTジャーナル」にも出演をしましたが、その時も外見の変貌ぶりに驚かされていました。

大塚範一 現在
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

情報・バラエティ番組へのゲスト出演を時折行っていたそうですが、現在は闘病生活に専念して露出は極端に減ったようです。

スポンサーリンク

大塚範一 プロフィール

大塚範一 現在 2018
(画像引用元:http://www.officiallyjd.com

出身地     東京都江戸川区
生年月日    1948年9月28日
最終学歴    早稲田大学政治経済学部経済学科
活動期間    1973年~

 

1973年に早大卒業後にNHK入局しており、「全国高等学校野球選手権大会」「第42回NHK紅白歌合戦」等の実況を担当していました。

 

1994年にNHKを退職して翌4月からフジテレビ「めざましテレビ」のメインキャスターを担当します。

 

以降は「めざましテレビ」で長らくフジテレビの「朝の顔」を務めて愛されてきました。

 

また並行してフジ「情報プロジェクトS」「土曜LIVE ワッツ!?ニッポン」でもキャスターを務めております。

 

2011年には体調不良を理由に「めざましテレビ」の出演を休業したが、2012年3月30日に本人不在のまま正式に番組を降板します。

大塚範一の現在2018は?死去デマで病気療養専念で復活に意欲的!

大塚範一さんの現在は風邪を引かないように外に出ていないようですが、暖かくなれば外に出たいと復帰に意欲的のようです。

 

病気経過の時系列を見ると、病気は突然発覚してそのままめざまし降板と。大塚範一さんは予期しない出来事でかなり悔しかったのです。

 

そんな、悔しさをいつかめざましテレビに出演して、復活してくれることを望んでいますが、どうかお体だけには気を付けてください。