2018年2月2日放送の日本テレビ「超問クイズ!真実か?ウソか?」で出題される問題で、気になる問題がありました!

 

「オリンピックの選手村には村長もいる?」

 

村ということで、村長もいるという理論ですが、果たして村長がいるのでしょうか?

また、村長がいるとしてもどう選ばれて、どんな活動をするのでしょうか?

 

ということで今回は、オリンピックの選手村には村長もいるのかと、活動・選出方法を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

オリンピックの選手村には村長もいる?五輪での活動や選ばれ方は?

実際にオリンピックの選手村には村長がいるようです。

 

かつて日本で行われた長野五輪の選手村でも、レスリングの金メダリストの笹原正三さん、副村長にノルディック複合団体金メダリスト河野孝典さん、札幌五輪出場の千葉弘子さんが選ばれていました。

選手村 村長
(画像引用元:https://www.joc.or.jp

 

また2014年ソチ冬季五輪では陸上女子棒高跳びの世界記録保持者のエレーナ・イシンバエワさん、スピードスケート女子500メートル金メダリストのスベトラナ・ズロワさんと村長は場所ごとに複数いるようです。

オリンピック選手村 村長
(画像引用元:http://image.news.livedoor.com

 

そのため、2018年の平昌冬季五輪も柳承敏さん、元スピードスケート・ショートトラック選手の金ギフン蔚山科学大教授と2人の村長が任命されています。

選手村の村長の選出方法は?

選手村の村長は務める人物の条件は、開催国の元オリンピック選手とスポーツで実績のある人が務めることが条件のようです。

 

そして、開催国の五輪組織委員会が選考し、各場所ごとの村長やもしくは副村長を複数選んでいるのです。

スポンサーリンク

選手村村長の活動内容は?

選手村の村長は選手村での健全・安全に選手が過ごせるように代表として活動をしていきます。

オリンピック選手村 村長
(画像引用元:http://www.asahi.com

そのため、オリンピック期間中は村長によって歓迎をしたり、選手村で選手の不満を聞いて代表として対応しているのです。

 

ちなみに2020年の東京五輪では選手村のチームウェルカムセレモニーにて村長の挨拶をしたり迎え入れたりと活動が既に決まっているところもあります。

オリンピック選手村に村長!五輪で村を安全に過ごすために!

オリンピック選手村には本当に村長がおり、言葉通り選手村の代表として選手村を取り仕切っていたようです。

 

オリンピックでは選手たちが主役ですが、こういった選手村での村長といった支えてくれる人がいるからこそ出来るのです。

 

2020年は東京オリンピックが控えている中、だれが村長に任命されてどんな活動をしていくのか、これも1つの楽しみですね!

 

せばな~