2017年10月19日放送の「金スマ」では、大竹しのぶさんの還暦パーティーにて、元夫との爆笑ステージが紹介されるようです。

 

そんな大竹しのぶさんですが、娘のIMALUさんは明石家さんまさんとで生まれた子供です。

 

そして、もう一人大竹しのぶさんには子供がいて、その息子・二千翔さんはあまりメディアの露出も少なくどんな方なのでしょうか?

また、息子・二千翔さんの実の父親は誰なのでしょうか?

 

ということで今回は、大竹しのぶさんの離婚歴から息子・二千翔の職業や実の父親は誰なのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

大竹しのぶの息子・二千翔の職業と父親は?離婚歴から実の夫を調査!

最初の旦那・服部晴治が息子・二千翔の実の父親

大竹しのぶさんは、最初にプロデューサーとして活躍していた服部晴治さんと結婚し、その時に生まれたのが息子の二千翔さんでした。

大竹しのぶ 息子
(画像引用元:http://xn--u9jy52gltao0yd4ds6jqz2di5c.com

大竹しのぶさんはTBSプロデューサーであった服部晴治さんと1982年に17歳の年の差結婚をしました。

 

それから1985年に息子の二千翔さんは生まれましたが、その時既に服部晴治さんは末期がんと余命も宣告されていました。

 

しかし、大竹しのぶさんは「それでも子供を産みたい」と息子の二千翔さんを産み、服部晴治さんは1987年にガンのため死別することとなったのです。

大竹しのぶは略奪婚だった?

最初の旦那・服部晴治さんには歌手の中村晃子さんと結婚寸前でしたが、そこから大竹しのぶさんが略奪し結婚までしていたのです。

「当時、すでに中村と服部さんは同棲していたのですが、服部さんの行動がおかしいということで、中村が仕事終わりの服部さんの車を尾行したところ、大竹をピックアップ。しかも、信号待ちの間、大竹との熱いキスシーンを目撃。同棲解消となったのです」(前出・芸能レポーター)

中村から「泥棒猫」と罵倒されたものの、17歳の年の差婚を果たした。
「服部さんはドラマを手がける売れっ子ディレクターで、しかもバツ2のモテ男でした。一部の先輩女優からは、“枕営業”で役を得る大竹とは共演できないとの声が上がったものでした」(ドラマ関係者)

引用:貞淑美女タレントの性白書 大竹しのぶ 鋼鉄・明石家さんまがイチコロとなった魔性の名器(2)

 

「虹色の湖」などのヒット曲のある歌手・中村晃子さんは服部晴治さんの“婚約者”でした。

大竹しのぶ 息子
(画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com

しかし、まさかの大竹しのぶさんによる略奪婚とはこういったところから大竹しのぶさんは「魔性の女」と言われるが所以なのでしょう。

息子・大竹二千翔の職業は?

大竹しのぶ 息子
(画像引用元:http://kazukichi-life.com

生年月日    1985年
父親      服部晴治
最終学歴    慶応義塾大学
ツイッター   大竹二千翔Twitter

 

大竹二千翔さんは慶應大学卒業後じゃ、アメリカで一年半ほど就労していました。

 

それから芸能事務所エスターにて、大竹しのぶさんとIMALUさんのマネージメントしており、代表取締役副社長をしていたようです。

 

現在はジェミー株式会社に務めており、芸能情報総合サイト「narrow(ナロー)」を運営しているとのことです。

ジェミー株式会社

 

ちなみに、結婚は情報を見る限りなく、大竹しのぶさんや明石家さんまさん、IMALUさんのようにあまり恋愛をしないようです。

旦那・明石家さんまと子供・IMALU

大竹しのぶさんは1988年に明石家さんまさんと再婚し、1989年には娘・IMALUさんが生まれています。

大竹しのぶ 息子
(画像引用元:http://xn--u9jy52gltao0yd4ds6jqz2di5c.com

そんな明石家さんまさんとの、馴れ初めは1986年のドラマ「男女7人夏物語」で共演したことがきっかけでした。

 

そのため、服部晴治さんと婚姻中に明石家さんまさんと親密な仲になったのではと、不倫から始まった関係と噂されています。

 

実は服部晴治さんも遊び人で大竹しのぶさんとの結婚後も彼女が何人もいたりしており、一方で大竹しのぶさんも内緒で明石家さんまさんとデートを繰り返したと噂されています。

 

ただ、大竹しのぶさんいわく、服部さんを亡くしたショックで辛かった時に寄り添ってくれたのが、明石家さんまさんだけで心惹かれて結婚に至ったと語っています。

服部氏が亡くなってから、半年くらい眠れない夜が続いたという。寂しくて誰かに電話したくても、真夜中に親しい友人に度々は連絡できない。「でも、さんまさんだけは夜中の3時に電話しても必ず起きていて、私の話を聞いてくれた。」本当に優しい人だった―と大竹は語る。

引用:【エンタがビタミン♪】「家庭に女優は、いらない。」大竹しのぶ、さんまとの結婚と離婚を語る。

明石家さんまと離婚原因は?

明石家さんまさんと大竹しのぶさんの離婚原因は「専業主婦を望んだ明石家さんま」と「女優業を続けたかった大竹しのぶさん」との食い違いでした。

「結婚する時に奥さんに女優やめてもらう条件で結婚したのは確かやねん」

「せっかく結婚したのにまたロケだ、家にいないというので。それなら結婚しないでばらばらで仕事してるほうがええやんか。家にいて、帰ってきたらご飯作って欲しかった」

明石家さんまさんは大竹しのぶさんに女優をやめて専業主婦になっってもらあう条件で、大竹しのぶさんと結婚しました。

 

ところが、長女のIMALUさんを授かり、1年半ほど育児に専念していた大竹しのぶさんは「またお芝居がしたいな。」という気持ちが大きくなってしまったようです。

 

そのため、当初は明石家さんまさんも了承しましたが、明石家さんまさんと大竹しのぶさんとの食い違いが生まれて離婚至ったようです。

 

大竹はさんまとの離婚で“女優の自分を受け入れてくれない男性との結婚は無理だ”と悟り、「もう結婚はしなくても良いかな」と考えているようだ。
引用:【エンタがビタミン♪】「家庭に女優は、いらない。」大竹しのぶ、さんまとの結婚と離婚を語る。

大竹しのぶさんもこの離婚で、女優を受け入れてくれないと無理だと悟ったようです。

明石家さんまは息子・二千翔に深い愛情を注いでいた

大竹しのぶさんの息子・二千翔さんは前の旦那・服部晴治さんとの子供ですが、明石家さんまさんは実の娘であるIMALUさん以上に二千翔さんに愛を注いでいると言われています。

大竹しのぶ 息子 二千翔
(画像引用元:http://www.officiallyjd.com

実は明石家さんまさんは幼いころ、継母の下で差別を受けて育った辛い経歴があり、息子の二千翔さんには凄く愛を注いでいたのです。

 

実際に明石家さんまさんと二千翔さんとの仲は非常によく、当初大竹しのぶさんと結婚した際は人見知りが激しくて誰も懐かなかった二千翔さんが明石家さんまさんには懐いていたのです。

 

また明石家さんまさんも帰宅する際は実の娘であるIMALUさんの前に、二千翔さんと抱き合っていたのです。

 

他にも喘息持ちで入院したり薬が手放せない二千翔さんに向けて、明石家さんまさんは「俺が治したる」と根拠もなく両手を一晩中握っていたそうです。

 

さらには恋愛について「デートするお金がもったいない」と考えてていた二千翔さんに、大竹しのぶさんとIMALUさんは「最低」とバカにしていたのですが、明石家さんまさんは「可哀想に…」と心配しながら理解してくれたのです。

 

そういった愛情を注がれたため、大竹しのぶさんと明石家さんまさんの離婚した際は、二千翔さんは「ボス(明石家さんま)の方に行く」と言い張っていたそうです。

 

ちなみにボスとは明石家さんまさんが、「お父さん」と呼ばせずに「ボス」と呼ばせていたのでした。

スポンサーリンク

事実婚の旦那・野田秀樹

野田秀樹さんとは1992年の舞台「真夏の夜の夢」にて野田秀樹さんと出会い交際に発展します。

大竹しのぶ 息子 父親
(画像引用元:http://m.sponichi.co.jp

それから、明石家さんまさんとの離婚後に野田秀樹さんと同棲し事実婚状態でしたが、結婚には至らず破局を迎えたようです。

 

しかし、その後も大竹しのぶさんと野田秀樹さんとの関係は続いており、現在でも「一緒に仕事をしたりとか、一緒にご飯を食べる」とのことです。

 

それだけでなく、明石家さんまさんが大竹しのぶさんの還暦パーティーでは、野田秀樹さんに向かって「なんで(大竹と)結婚してくれなかったの」と盛り上げるほどでした。

野田秀樹にIMALUは懐き、二千翔は懐かなかった?

大竹しのぶさんと野田秀樹さんの間には子供がいませんでしたが、二千翔さんとIMALUさんとは親子のように暮らしていたそうです。

 

そして、IMALUさんにとっては小さい頃の父親的存在と語っています。

野田氏のVTRメッセージを受け「わ~、野田さん。めっちゃ、うれしい」とIMALU。「幼稚園から小学生ぐらいまで、ずっと一緒に住んでいたから。一緒に住んでた唯一の男の人が野田さん」と父親的存在だったことを認めた。

引用:野田秀樹氏 IMALUとの同居生活明かす「今でも幸せだったなと」

 

しかし、二千翔さんにとっては「よく家に来る人」程度で、同居していたことを知らなかった程度の存在だったようです。

対して元旦那である明石家さんまさんは二千翔さんにとって「同居人」と感じており、やはり二千翔さんは明石家さんまさんによく懐いていたことがわかります。

大竹しのぶの息子・二千翔の職業と父親は?離婚歴から元夫・明石家さんまに懐く!

大竹しのぶさんの息子・二千翔さんは最初の旦那である服部晴治さんが父親ですが、一番懐いた父親は明石家さんまさんだったようです。

 

そして、二千翔さんは現在は芸能と表舞台では活動をしていませんが、立派に職業に就いて頑張っているようです。

 

今後も色々と複雑な家族関係ですが、明石家さんまさん等と父親と仲良く過ごして下さい。

 

せばな~