奥山佳恵さんが支援型幼稚園の卒園式で、直談判して抗議していたことがモンスターペアレント(モンペ)と話題になっているようです。

 

そんな、奥山佳恵さんがモンペと言われてしまった理由は?

また、周りの反応はクレーマー・モンスターペアレントと本当に感じているのでしょうか?

 

ということで今回は、奥山佳恵さんはモンスターペアレントなのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

奥山佳恵 プロフィール

奥山佳恵 モンペ
(画像引用元:https://www.asahicom.jp

生年月日    1974年3月11日
出身地     東京都目黒区
身長      167 cm
血液型     O型
職業      女優
ジャンル    映画、テレビドラマ、CM
活動期間    1990年~
事務所     アミューズ

 

実家は中華料理屋だった奥山佳恵さんは、1990年に行われた映画「喜多郎の十五少女漂流記」のオーディションに合格し、1992年に主演女優としてデビューします。

 

そして、健康的で屈託のないキャラで人気を博し、ドラマ、CMにも多数出演して活躍します。

 

また、素の明るいキャラを活かしてバラエティ番組にも「笑っていいとも!」「平成教育委員会」等と多数出演していきました。

 

2001年に稲葉功次郎と結婚し、育児に比重を置きましたが、2013年に次男がダウン症候群であることを公表。

 

以降は子供をダウン症でも一生懸命育てている姿が人気となり、ママタレとして活動をしていきます。

奥山佳恵はモンスターペアレント?クレーマーか周りの反応は?

奥山佳恵さんが2018年3月25日に自身のブログにて、支援型幼稚園の卒園式の対応が気に食わないとして直談判して抗議したことを綴りましたがこれがモンペと話題になりました。

 

次男・美良生くんが通う支援型幼稚園の卒園式で、園から前日に電話で「卒園児の兄弟は年齢を問わず一切、式に参加できません」「スペースが確保できなくて」と告げられてしまいました。

 

このことに奥山佳恵さんは明確な理由が知りたいと、直接園長先生にぶつけると決めたのでした。

「夜分遅くまでご対応をありがとうございます。私、明日直接、園長先生に思いのたけをブツけますから大丈夫です。」

私、陰口や悪口を言うのは性分じゃないの。文句があるなら直接、本人に伝える。

 

そして、卒園式が終わった後に園長先生との直接対決をしたのでした。

なぜなんだ。

急すぎること、理由が説明されていないこと。

一方的に「禁止」と言われてナットクできないこと。

担任の先生からは「スペースが確保できなくて」と説明を受けた。

けれど結局、式が行われた体育館にはじゅうぶんなスペースがあったじゃないですか。

もしも兄弟児を排除することで「卒園式」を滞りなく成立させたいということが理由にあるなら

それが支援型幼稚園が実行することですか? 真逆なんじゃないですか?と思ったの。

「いろんな子がいていろいろあっていい」のだから

「いろいろな卒園式があっていい」と思うの。

形式だけにとらわれてはいけない。

キレイな卒園式なんて保護者は望んでいない。

それは誰が望むことなんですか、学園側だけなんじゃないですか、

これいったい、誰のための卒園式なんですか?!

引用:もの申す卒園式

そんな、奥山佳恵さんの対応に園長を謝罪して、ブログを読んだ母親方からも賛同をもらっていると思われました。

 

しかし、「誰のための卒園式だと思ってるのか?」という奥山さんの言葉に対し、「卒園式は兄弟のためじゃなく、園児のためでしょ!」と総ツッコミ。

 

お世話になった幼稚園にも長年の経験上での規制に対して、する行為かとしてモンスターペアレントと言われてしまったのです。

 

確かに皆に卒園式を見せたということで奥山佳恵さんの性分で直談判したのかと思いますが、もう少し穏便なやり方もあり、過激でモンスターペアレントと言われてしまったようです。

スポンサーリンク

周りの反応は?

このモンペと言われそうなことをブログで綴りましたが、結局の所、周りの反応・コメントはどうなっているのでしょうか?

 

以下がブログで書かれコメントでした。

「奥山さん、あなたも子供を支援型幼稚園に通わせてる保護者なら、卒園式という非日常の空間でじっとする事ができない子供がいるのわかってますよね?保護者がいるだけで興奮したり、下の子の泣き声で興奮したり、そういう子たちの事も考えてます?」

 

「園と保護者、両方の気持ちわかります。
式典は厳かに挙行したいという園の事情もあるのかなあと思いますが、保護者は家族みんなでお祝いしたいですよね。」

 

「私の娘もダウン症です、共働きですので保育園に通っておりましたが理不尽な事も多く、園長と直接面談する事も悔しい思いも多々ありました。
子供が主役の施設なのに、ご兄弟が参加出来ないなんて、とても残念でしたね。」

 

「私の娘もダウン症です、共働きですので保育園に通っておりましたが理不尽な事も多く、園長と直接面談する事も悔しい思いも多々ありました。
子供が主役の施設なのに、ご兄弟が参加出来ないなんて、とても残念でしたね。」

コメントさらっと見た限りでは奥山佳恵さんに対しての批判は少なく、どちらかというと「少ない人数でしか卒園に出れなくて残念」としてやんわり幼稚園を批判している意見が多かったのです。

 

特に幼稚園に対してわんわり批判が多かったのが、「前日に兄弟が参加できない」とお達しをした不誠実な対応に関して多かったです。

 

また、奥山佳恵さんに対しては、やはりもう少し経験豊富な幼稚園が「なぜ兄弟が参加できないのか?」ということ、幼稚園側の苦労を知ってのことからの批判がありました。

奥山佳恵はモンペ?モンスターペアレント・クレーマーかは賛否両論!

奥山佳恵さんのモンスターペアレント騒動は、同じ母親にはある一定の賛同を得ており、幼稚園側にやんわり批判が多いでした。

 

しかし、やんわりした批判の意見しか寄せられていないということは、やはり幼稚園側の苦労も少し考えて、穏便にできなかったのかと思った人達も多かったのではないかと思われます。

 

だから、モンペとも言われてしまったのでしょう…

 

奥山佳恵さんの意見も正しいですが、幼稚園の頑張りも認め、もう少しやり方があったのかと疑問を感じました。

ヨシコヨシコ

自分の意見を通しすぎるとモンペになるのかな?
また園長の下で指示されているだけの保育士に言い寄るのはいただけなかったかな?
せばな~