2017年9月16日放送の「有吉反省会」に出演する旺季志ずかさんですが、髪型や衣装もピンクと奇抜な格好で出演します。

 

実は2017年1月からピンクに染めたようですが、なぜ旺季志ずかさんは髪型までもピンクにしてしまったのでしょうか?

 

また、旺季志ずかさんと検索するとなぜか「アムウェイ」と関連ワード出てきますが、アムウェイとは関係性があるのでしょうか?

 

ということで今回は、旺季志ずかさんの髪型までもピンクに理由と、アムウェイとの関係性を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

旺季志ずか プロフィール

旺季志ずか 髪
(画像引用元:http://ouki-shizuka.com

生年月日    2月14日
出身地     徳島県阿南市
血液型     B型
職業      脚本家、小説家

 

立教大学卒業後は女優を志しますが挫折し、シナリオ作家協会主催のシナリオ講座を受講して講師だった松本功さんを師事し脚本家に転身します。

 

脚本「妖精の詩が聞こえる」では日本放送作家協会主催、NHK後援、創作テレビドラマ脚本懸賞で佳作入賞しています。

 

そんな旺季志ずかさんは高層ビルガラス清掃から銀座ホステスまで50種類の職業を経験により、様々なテーマを実体験を元に脚本を書けることを強みとして書いてきました。

 

脚本は単発で「世にも奇妙な物語」「佐賀のがばいばあちゃん」「トイレの神様」等、連続ドラマで「はぐれ刑事純情派」「特命係長 只野仁」「とめはねっ! 」等とヒット作を出しています。

 

また小説家として2015年発売「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」は5日で5万部突破と、エンタメ自己啓発という新しいジャンルを切り開いたとして注目を集めました。

 

2017年には小説「虹の翼のミライ」は、映像的な描写と感動的な最後に女性を中心に人気を獲得しています。

 

心理学や自己啓発を学び、多数のカウンセリングやセラピーの資格も持っていますが、その知識を活かして講演活動も行なっています。

旺季志ずかが髪ピンクの理由?アムウェイ疑惑とhappyとの関係性は?

髪までもピンクの理由?

旺季志ずかさんは2017年1月ころから急に金髪からピンク髪にイメチェンしたのです。

旺季志ずか ピンク
(画像引用元:https://ameblo.jp,https://ameblo.jp

比べてみると分かりますが、かなり垢抜けて明るく生き生きしているように見えます。

 

そんなピンク髪にした理由として、自分の魂に沿って生きるためにピンク髪したようです。

自分では 自分の「好き」を生きていたと思い込んでいました。

それはわたしの「好き」ではなく

私が好きだった誰かの「好き」を取り込んでいただけだったかもしれない。

自分の魂に沿って生きると 枠の中にはいられなくなる

以前の旺季志ずかさんは、今まで「金髪が嫌いなひと」のために生きていたと相手に合わせ、それが自分の「好き」として生きてきたと勘違いしていたようです。

 

しかし、それに気づいた旺季志ずかさんは自分の魂に沿って生きるためにピンク色の髪にしました。

 

確かに中身は破天荒な性格の人ですので、内面(魂)にそって生きるとしたら、破天荒なピンクの外見が自分らしくて生き生きしているようですね。

 

自分が「ひまわり」だってことを みんなに知らせないと!

「薔薇」に憧れて、「薔薇」のふりをしていたら

「ひまわり」好きなあのひとに、見つけてもらうことはできません

そして「ひまわり」と例えて、自分らしくピンク髪にした旺季志ずかさんが好きな人を見つけて貰うためにピンク髪にしたのです。

スポンサーリンク

アムウェイとの関係性は?

アムウェイとは家庭日用品等を連鎖販売取引で販売する企業ですが、あまりいい評判を聞かないことから怪しまれています。

 

そして、旺季志ずかさんはこのアムウェイで成功している方たちと親密なことから、アムウェイと密接に関わっていて怪しまれているようです。

#ハッピーちゃん の #バーズデイ 仲間でお祝いしました。 しみじみ感謝がこみ上げた

A post shared by 旺季志ずか (@shizuka_ouki) on


特にアムウェイで成功を収めたhappyさんと仲睦まじい様子を度々投稿していることから親密さで、アムウェイとの関係性が疑われたのでしょうか。

 

それだけでなく、ピンク髪したりと奇抜な外見にしたのも、アムウェイ会員として宣伝を狙っているのでは?と疑われてしまっているようです。

旺季志ずかは髪ピンクで自分らしく!happyと仲良しでアムウェイ会員?

旺季志ずかさんは自分らしく生きるために髪型をピンクにし、そんな自分らしい外見を好きになってくれる人を見つけるためにピンク髪したようです。

 

また、旺季志ずかさんはアムウェイで成功していた人とよく関わっているため、アムウェイ会員と言われているようですが、あくまで疑惑止まりのようですね。

 

2017年から自分らしく髪型をピンクにした旺季志ずかさんは、今後も小説家や脚本家、はたまたエンタメ自己啓発として講演と活動し続けることを期待しています。

 

せばな~