2018年3月11日放送の「林先生が驚く 初耳学!」では、大きめの靴は足が臭くなる事が判明します!

 

なぜ、大きめの靴だと足が臭くなるのでしょうか?

また、足が臭くならないように対策方法は?

 

ということで今回は、

  • 大きめの靴は足が臭くなる理由は?
  • 靴で足が臭くなる対策は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

大きめの靴は足が臭くなる?臭い原因・対策は?

実は足の裏は「エクリン腺」という汗腺が集中しているので汗を多くかきますが、エクリン腺から出る汗自体に臭いはありません。

 

足の臭いは、足の汗を吸収した靴が蒸れて雑菌繁殖の温床になることで臭いの原因となります。

大きめの靴 足 臭くなる
(画像引用元:http://daisuke-ufi.com

そのため、夏場の足の汗で蒸れ、それを履き続けることで雑菌が繁殖して臭くなってしまうのです。

 

また、足の皮脂や、皮膚・爪の汚れを餌でも雑菌は繁殖し、雑菌から出る排泄物の腐敗が臭いの原因となります。

 

特に「白癬菌」という菌が悪臭の原因になると言われています。

大きめの靴で足が臭くなる原因?

サイズの合わない靴を履くことによって、結果的に足が臭くなる原因もあります。

大きめの靴 足 臭くなる
(画像引用元:http://xn--n8jr3xd8f0af8hrprf3736bniqh.net

大きめの靴を履くと靴の中で足が移動して余計な摩擦が加わり、汗を出して足が滑るのを防ごうとするので、汗を多めに出してしまいます。

 

そして、汗を多めに出したことで蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすい環境ができて足が臭くなってしまうそうです。

 

ちなみに、小さめの靴でも窮屈でストレスがかかり、発汗を促して汗が多く出て足が臭くなってしまいます。

対策は?

足に合った靴を履く

靴が大きめ・小さめでも足が臭くなる可能性が高まるので、サイズの合った靴を選びましょう。

 

そこで、よく「靴は夕方に買うといい」と言われていますが、それだともっとも活動する時間帯は靴が大きくて臭くなる可能性があります。

 

そのため、自分の仕事で最も移動する時間帯に合わせて選ぶことが大切です。

靴はローテーションで同じ靴をいつも履かない

同じ靴を履いて蒸れることで足が臭くなるので、靴をローテーションして蒸れずに雑菌を繁殖させないようにしましょう。

 

そのため、理想としては靴を3足用意し、1日ずつローテーションし、しっかり乾燥させることで繁殖していた雑菌を死滅させて、雑菌増殖による臭いを防ぎましょう。

スポンサーリンク

消臭スプレーで抑える

消臭スプレーをすることで雑菌を抑えるのも効果的です。

 

雑菌は蓄積してしまうと中々落ちにくいので、こまめに消臭スプレーでケアするのが先決です。

中敷きで消臭

一日中靴を履いたている中、仕事中にどうしても靴を脱いだ席で足が臭いとまずいですよね。

 

そんな時は消臭効果の中敷きで対策してみてはいかがでしょうか?

 

消臭効果の中敷きは洗って何度も使えるので、こちらも同じものだと雑菌は蓄積してしまうと中々落ちにくいので、ローテーションして中敷きを交換してください。

大きめの靴は足が臭くなる!臭い原因は雑菌増殖対策!

大きめの靴も汗を多く出してしまい、結果的に雑菌を増殖させて足を臭くさせます。

 

そのため、一番活動する時間帯の足のサイズの合った靴を履きましょう。

 

他にも上記で説明した対策をし、アニメのような足が臭いおじさんにならないように気をつけましょうね!

 

せばな~