2017年9月10日に小田急線の電車にて炎上騒ぎが起きているようです。

 

なぜ電車で炎上騒ぎが起きてしまい、火災場所はどうなっているのでしょうか?

 

ということで今回は、小田急線の炎上原因や、火災が起きた場所を紹介したいと思います。

小田急線の炎上で動画がヤバい!理由は燃え移りで火災場所はどこ?

2017年9月10日午後4時過ぎに小田急小田原線参宮橋駅付近で火災が発生し、沿線の列車に延焼した。

その様子はTwitter上には、車内から撮影された炎や、車両に火災が燃え移っている様子がアップロードされており、その炎上の様子を捉えていました。

 

そしてこの火災の為、小田急線は一部区間で運転を見合わせているようです。

火災が起きた原因は?

火災はどうやら、ボクシングジムの家屋の燃え移りが原因でした。

 

東京・渋谷区代々木のボクシングジムから出火し、ジムの3階が燃えていました。

 

ちょうどその事務から沿線に停車している列車の屋根に燃え移り、そのまま停車していた電車に燃え移ってしまったようです。

 

 

幸い、車内放送で避難誘導とり、ボクシングジム、乗客ともにけが人はいないとのことでした。

スポンサーリンク

火災原因の場所は?

電車の燃え移りの原因となったボクシングジムは、調べによると「オザキボクシングジム」という場所のようです。

小田急線の、参宮橋駅~代々木八幡駅間で火災が発生し、そこにあるボクシングジムが「オザキボクシングジム」ということで判明したようです。

復旧の目処は?

今のところ、現場の詳しい状況を確認しており、復旧には担当者が「相当数の時間」がかかるとみられるとしかコメントは残していません。

 

そのため、流石に今回は遅延どころではすまず、下手すれば数日間の全面運休もあり得ます。

 

実際に、JR高崎線の籠原駅構内で火災発生した時は、同線の熊谷~本庄間は発生した日の終日運休、復旧に手間取る中で熊谷~岡部間は15~17日の午後1時まで全面運休という事態となっっています。

 

なんとか小田急線側がタクシーやバスの手配を頼むか、自分たちで自力で移動手段を確保しないと難しい様子です…

小田急線の炎上理由はジムの燃え移り!火災で復旧の目処はまだ立たず?

どうやらボクシングジムの火災が燃え移ってしまったようでした。

 

そして復旧の目処は立っておらず、前例を見ると下手すれば数日間の全面運休もあり得るかと思います。

 

ただ大多数が利用する電車ですので、すぐに復旧できるように迅速に行うと思いますが果たして…