ノートルダム寺院火災が話題になっていますが、そこにサクラ大戦3を連想する方が多数いて話題になっています。

 

そんなノートルダム寺院火災と合わせて、サクラ大戦3を連想する方々の反応は?

 

ということで今回は、ノートルダム寺院火災について、

  • ノートルダム寺院火災でサクラ大戦3の反応
  • ノートルダム寺院火災の動画・原因は?
  • ノートルダム寺院火災で空中消火しない理由は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ノートルダム寺院火災でサクラ大戦3?空中消化しない理由と動画まとめ!

ノートルダム寺院火災でサクラ大戦3の反応?

ノートルダム寺院火災で不謹慎ですが、パリが舞台でOPが「サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~」ということもあり、サクラ大戦3を連想する方々が多くてトレンド入りしました。

 

「サクラ大戦3」はゲームとして名作、さらに「新サクラ大戦」という新しいサクラ大戦シリーズも発表されて間もないため、サクラ大戦を思い浮かべた方々が多かったようです。

 

ものすごく不謹慎ですが、結果的にサクラ大戦3の認知度を知らしめ、トレンド入りしてサクラ大戦の広告となってしまったようです…

ノートルダム寺院火災の動画!

ノートルダム寺院火災は日本時間の16日未明に発生しました。

大聖堂の中央部分が最も激しく燃え、高さおよそ90メートルのせん塔や周辺の屋根が火災発生からおよそ1時間後に崩れ落ちました。

その後、火は正面にそびえるふたつの塔のうち北側の塔にも燃え移り、現場ではいまもおよそ400人の消防隊員が消火活動を続けています。

消防によりますと、消火活動中に隊員の1人が大けがをしたほか、これまでに大聖堂の屋根の3分の2が崩れ落ちましたが火の広がりは抑えているとしています。

大聖堂は火が燃え広がったときには閉館後で、中に観光客はいなかったとみられ、内務省の高官は今のところ死者は出ていないと話しています。

大聖堂では建物の周りに足場を組んで修復などの工事が行われていました

パリの中心部にある観光名所、ノートルダム大聖堂は、火災発生からおよそ1時間がたった午後8時、日本時間の16日午前3時現在も赤い炎とともに激しく燃え上がっています。

火は大聖堂の屋根づたいに、正面に向かって延焼を続け、事態を見守っていた大勢の人たちの前で、大聖堂の後方にある高さおよそ90メートルの塔がガラガラと音を立てて崩れ落ちていました。

引用:パリ ノートルダム大聖堂で火災 中央部分が崩落 大きな被害

歴史的建造物は壊れてしまいましたが、けが人や死者がいなくてよかったです…

 

そんな、ノートルダム寺院火災の動画は以下となっています。

スポンサーリンク

ノートルダム寺院火災の原因は「はんだこて」?

ノートルダム寺院火災の原因は、工事に使用された「はんだこて」と言われています。

ノートルダム寺院では現在、改修工事が行われていました。

 

そのため、改修工事によるものと考えられ、その中で使われていた「はんだこて」と言われているのでした。

ノートルダム寺院火災で空中消火しない理由は?

ノートルダム寺院火災で一刻も早く消さないといけないのに、すぐ消せそうな空中消火をしないのは水で建造物が壊れないようにするためでした。

空中消火で水を落とすと、水は何トンなので建造物が水の重みで壊れてしまう可能性が出てしまうのです。

 

そのため、放水の水圧を調整してなんとか建造物を壊さずに消化するギリギリのラインを攻めて消火活動をしているのでした。

 

そんな消防隊員による消火活動のかいあってか、ノートルダム寺院の構造はほぼ助かったとのことです。

 

ちなみに、中にある聖遺物は改修工事のために事前に運び出していたので全部無事だったとのことです。

ノートルダム寺院火災でサクラ大戦3?大聖堂燃えたけど消化の努力で最小限に!

まさかのノートルダム寺院火災で不謹慎ですがサクラ大戦3を思い浮かべる方が多く、それだけサクラ大戦3が名作ということがよく理解できました。

 

そして、ノートルダム寺院火災でステンドグラス等が燃えましたが、消防隊員の考えた消火活動により、構造はほぼ助かり、聖遺物も助かっていたのです。

 

ノートルダム寺院火災は大変残念でしたが、消防隊員の活動に感服と、不謹慎ですがサクラ大戦の凄さを思い知りました。