モンスターエンジンの西森洋一さんがツイッターでスパムまがいで本を宣伝して炎上したようです。

 

そんな西森洋一さんはどんなスパムまがいなことをし、炎上させたのでしょうか?

 

ということで今回は、西森洋一さんのスパム本宣伝で炎上した経緯を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

西森洋一が本宣伝でツイッター違反炎上の経緯!スパム行為に開き直り発言!

西森洋一がスパムまがいで本宣伝!

事の発端は西森洋一さんがバズったツイートに便乗してスパムのように宣伝したことから始まりました。

 

西森洋一さんはバズったツイートに関係ないのに便乗してツイートにリプライし、バズったツイートを見に来た人がこの宣伝を見るように画策しました。

 

しかし、この西森洋一さんの行為は無関係な商品で注目を集めて、利用者の快適性を操作したり損なったりする「スパム」行為で違反だと指摘されたのです。

西森洋一がスパムまがいを自覚せずに指摘者を犯罪者扱い

そんなスパム行為の指摘に西森洋一さんは自覚がなく、逆に指摘した相手を犯罪者扱いにしたりと逆ギレします。

 

しかも、自分が悪いのに西森洋一さんはフォロワー使って通報して叩き。

 

批判した相手を晒して犯罪者扱いにして通報したのです。

 

ちなみに上記の「今、なぜ、こうも言い合っているかというと~」というツイートは批判した人を晒すために連続ツイートして怖いこととなっています。

西森洋一 本
(引用元:https://twitter.com

スポンサーリンク

西森洋一が規約違反で吉本に怒られる

スパム行為と指摘した相手にイキっていた西森洋一さんですが、吉本興業に怒られ、規約違反だとやっと気づきました

 

しかし、西森洋一さんは怒られたにも関わらずに、本の酷評は営業妨害だと論点をずらして批判

 

さらにしつこく文句を言ってきた人に言い返してたらしく、それも日記に書くための材料だったのです。

 

確かに「面白くない」等の関係ない批判に怒るのも分かりますが、事の発端は西森洋一さんのスパムまがいな本の宣伝が原因です、

 

そのため、言われない本の酷評を批判する前に、しっかりスパムまがいをしていたと謝罪をするべきです。

 

結局、今の所、西森洋一さんはスパムまがいな本宣伝の行為を「情けない」と自分が反省しただけで、スパム被害を受けたバズった人たちに謝罪をしていません。

西森洋一が本宣伝でツイッター違反で炎上!スパム行為に逆ギレ謝罪なし?

西森洋一さんは本宣伝をスパムまがいな行為をして炎上しました。

 

そして、西森洋一さんは逆ギレして批判した相手にイキっていましたが、吉本に怒られ、規約違反だとやっと自覚。

 

しかし、言われない本の酷評を批判に怒り、スパムまがいな本の宣伝には「情けない」で謝罪もせずに済ましておりました。

 

西森洋一さんは影響力のある面白い人ですので、できればもう少し冷静になり、スパムまがいでバズった人の利便性を損なわせた事に関しては謝罪をしてもらいたかったです。

 

せばな~