兵庫県知事が日本のマスクを中国に寄付しましたが、日本のマスク不足を考えろと批判で炎上しました。

 

そんな、日本のマスクが寄付で買い占められている状況とは?

 

ということで今回は、兵庫県知事を始めとした、日本が困っているのにマスクを寄付する偽善を紹介します。

スポンサーリンク

兵庫県知事、日本マスク寄付で炎上!他国に買い占められてヤバい!

兵庫県知事、日本マスク寄付で炎上

兵庫県知事は姉妹都市の中国の広東省と海南省にマスク100万枚を送って良い事をしたようにみえましたが、日本がマスクを不足なのに送るなと批判で炎上しました。

 

ことの発端は兵庫県知事は姉妹都市の中国の広東省と海南省にマスク100万枚を送るとの報道からでした。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、兵庫県は姉妹都市の中国の広東省と海南省にマスク100万枚を送りました。

月末に在大阪中国総領事館から兵庫県にマスクや消毒液、防護服などの支援要請があり、県は災害に備えて三木総合防災公園に備蓄しているマスク120万枚のうちおよそ100万枚を姉妹都市の中国の広東省と海南省に送ることを決定。

トラックに積み込まれたマスクは2月10日領事館の職員に引き渡され、航空機でそれぞれの省に送られます。
県は今後マスクや消毒液など衛生用品のメーカーを紹介するなど、支援を続けたいとしています。

引用:兵庫県が中国にマスク100万枚発送 新型コロナウイルスの感染拡大受け/兵庫県

 

しかし、兵庫でも新型肺炎の感染者が居て、マスク不足なのに寄付をしている余裕があるのかと批判で炎上しました。

兵庫県知事・井戸敏三とは?政策がヤバい?

中国にマスク寄付した兵庫県知事は井戸敏三さんという方です。

 

兵庫県知事 マスク
(画像引用元:https://www.jiji.com

生年月日    1945年8月10日
出身地     兵庫県たつの市新宮町生

 

経歴

昭和43年    東京大学法学部卒業
自治省採用
鳥取県、佐賀県、宮城県、静岡県、国土庁土地局、自治省税務局を経て、運輸省航空局、自治省行政局、財政局、大臣官房各課長を歴任

平成07年    自治大臣官房審議官
平成08年    兵庫県副知事
平成12年    同(再任)
平成13年    兵庫県知事(第48代)
平成17年    同(第49代)
平成21年    同(第50代)
平成22年    関西広域連合長(第1期)
平成24年    同(第2期)
平成25年    兵庫県知事(第51代)
平成26年    関西広域連合長(第3期)
平成28年    関西広域連合長(第4期)
平成29年    兵庫県知事(第52代)

 

そして、この井戸敏三知事は様々な政策でやらかしまくっているようです…

 

そのため、もしかしたら兵庫県民を考えないマスク寄付は、起きるべくして起きたのかもしれませんね…

スポンサーリンク

台湾人に日本製を1万枚買い占められる!

台湾人のバービィー・スーさんが日本でマスク1万枚を購入して武漢に寄付したと称賛されましたが、日本側にとっては日本人のマスク事情を考えてくれと複雑な心境となりました。

 

武漢にマスクを寄付するのはいいですが、他国の日本のマスクを買い占めだと、日本で感染の危機に陥っている人、花粉症に悩んでいる人の分が無くなる場合があるので困る可能性があります。

 

そのため、せめて母国で買い占めてくれよと、日本を巻き込んで買い占めたので買い占められた日本は複雑な心境となりました。

スポンサーリンク

佐賀周辺のマスクを42,000個、1.2トンも買い占められる

今度は佐賀周辺のマスクを42,000個、1.2トンも買い占められてしまいました。

 

何度も言いますが、寄付するのは良いことですが、買い占められたことによる日本人の被害を考えてあげて下さい。

 

そのため、日本人のことを考えて買い占めてくれと批判の声が出ました。

兵庫県知事、日本マスク寄付で炎上!他国に買い占められる偽善!

日本でマスク不足なのに、まさかの日本のマスク寄付されてしまっているようです。

 

「やらない善より偽善」のほうが良いかもしれませんが、日本が困る・迷惑考えていないので偽善にもなっていないと思います…

 

まずは自国を考えてから他国のことを考えて下さい…

 

せばな~

スポンサーリンク