厚労相に根本匠議員が抜擢されて話題になっていますが、その根本匠議員はかつら疑惑が出ています。

 

そんな根本匠議員はかつらなのでしょうか?

 

ということで今回は、根本匠議員のかつらについて、

  • 根本匠がかつらか画像で調査!ヅラと言われる理由は?
  • かつらなのか見分け方は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

根本匠のかつら画像?ヅラの理由は?カツラの見分け方は?

厚労相に抜擢された根本匠元議員ですが、かつらと言われています。

 

実際にかつらなのか画像を見てみると…


(画像引用元:http://www.minyu-net.com


(画像引用元:https://www.sankei.com

耳元あたりが白髪だけというのが、まるで黒髪を乗っけたような感じになっており、かつらに見えます

 

また、かつらなのか昔の画像と比べてみると…

根本匠 かつら
(画像引用元:https://www.jimin.jp,http://www.minyu-net.com

 

やはり耳元あたりが白髪で、カットのせいかもしれませんが、耳元あたりだけ髪が減っているのが不自然でヅラをかぶったように見えます。

根本匠のかつらはいつ?ヅラエピソードは?

根本匠議員は以前からかつらと言われており、「先生、カツラをお外し下さい!」という悪質なビラを配られるほどでした。

 話しは変わるが、最近は根本大臣のヅラは気にならなくなってきた(笑)その昔、「先生、カツラをお外し下さい!」っていうビラを作ったことがあった。当時、国士舘の同級生が根本事務所の秘書をやっていたこともあり、そいつから「あんまりイジメないで下さいよ」と懇願されビラを撒くのは取り止めた。

引用:先生、カツラをお外し下さい!

 

この記事は2013年に作成されたものなので、ここから昔となると2010年前からすでに根本匠議員にカツラ疑惑がでていたのかと思われます。

 

しかし、いくらかつら疑惑があったとはいえ、「先生、カツラをお外し下さい!」というビラを配るのはかなり悪質ですね…

根本匠がカツラか見分け方・理由は?

つむじが見えない

人間には必ず頭につむじがあるのですが、かつらはつむじ周辺の髪が異常に多かったり、見えなかったりします

 

また年齢を重ねれば髪の毛が薄くなるのですが、つむじ辺りが異常にフサフサであれば怪しく、かつらの可能性があります。

 

そのため、もし根本匠議員ののつむじあたりが年齢の割にはふさふさしている場合は、かつらの可能性が高いということです。

根本匠 かつら
(画像引用元:https://i.ytimg.com

髪質の違い

かつらは人間のの本物の毛と、人工毛、またはそれらを合わせたものが存在します。

 

そのため、どうしても地毛と髪質が違ってきて、人によってはすぐかつらと見つかってしまいます

 

またキューティクルも極端に少なく、変にテカってしまう可能性があります。

 

ハゲかたは色々ありますが、地毛であろう側頭部や後頭部と見比べて見て、髪質が違うのであればかつらの可能性がるようです。

 

根本匠議員は確かに耳元が白髪だったりと髪質は微妙ですが、違うのでカツラと言われているようです。

フィット感

人間は頭のサイズや老いや成長によって変わっていきます。

 

そのため、個人個人に合わせずにフィット感がないと違和感がでてかつらとバレてしまいます

 

例えばフィット感がないと、頭とのバランスがおかしくなり浮いたように見えたり、位置がおかしくなったりと分かられてしまいます。

 

根本匠議員のかつらをみると、ある程度はフィットしていますが、境目があるようでカツラ疑惑を助長させたのでしょう。

髪の毛の成長具合

髪の毛は成長して伸びてくのが普通でが、かつらだと髪の毛は成長せずに伸びないです。

 

確かに画像を見てもカツラと言われる黒髪のほうがあまり成長していないように見えて、カツラと思われるのかもしれません。

スポンサーリンク

根本匠 プロフィール

根本匠 かつら
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

生年月日    1951年3月7日
出生地     福島県郡山市
出身校     東京大学経済学部
前職      国家公務員(建設省)

 

曾祖父は貴族院議員を務めた根本祐太郎で、父親はフジテレビ「硫黄島~戦場の郵便配達~」のモデルである根本正良さんと名門の家系のようです。

 

福島県立安積高等学校、東京大学経済学部卒業後の1974年に建設省に入省し、建設省大臣官房政策企画官を最後に退官します。

 

1993年に第40回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で旧福島1区(定数4)から出馬し、得票数2位で初当選します。

 

1998年に小渕内閣で厚生政務次官に就任し、2002年には第1次小泉第1次改造内閣で内閣府副大臣(経済財政、道路公団民営化、構造改革特区・産業再生機構など担当)及び内閣総理大臣補佐官(行政改革の推進と食品安全委員会(仮称)の設置担当)に任命されます。

 

2003年には衆議院経済産業委員長に就任し、2006年には第1次安倍内閣で内閣総理大臣補佐官(経済財政担当)に任命されています。

 

2009年の第45回衆議院議員総選挙では福島2区では落選しますが、2010年に東北志士の会会長に就任します。

 

2012年の第46回衆議院議員総選挙では福島2区で6期目の当選を果たし、選挙後に発足した第2次安倍内閣で復興大臣に任命され、初入閣します。

 

2014年の内閣改造に伴い退任し、同年12月の第47回衆議院議員総選挙で当選、2017年10月の第48回衆議院議員総選挙でも当選します。

 

2018年10月2日には内閣で厚生労働相に任命されて入閣しています。

根本匠はかつら画像?ヅラ・カツラの理由は白髪でかぶっているように見える!

根本匠議員の画像や見分け方で調査してみましたが、かつらと言われる最大の理由は耳元あたりが白髪なのに他は黒髪で乗っけたように見えるからです。

 

まぁ根本匠議員がかつらだろうと何も問題ではないですが、「先生、カツラをお外し下さい!」という悪質なビラを配るのはいただけませんね…

 

今後は厚労相に抜擢されたことで、カツラと言われるかもしれませんが頑張ってください!

 

せばな~