魔女が登場する「テーレッテレー」で人気となった「ねるねるねるね」ですが、実は一時期低迷しましたが、現在は復活を果たしたとのことです。

 

そんな、ねるねるねるねが低迷した理由と、復活を遂げた理由は?

 

ということで今回は、ねるねるねるねについて、

  • ねるねるねるねが低迷した理由は?
  • ねるねるねるねの売上が復活した理由は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ねるねるねるね現在が売上復活した理由!低迷した原因は?

ねるねるねるね売上が低迷した理由

ねるねるねるねの売上が低迷した理由は、よくわからない怪しい食べ物なため、親が体に悪そうだと食べさせたくないことが原因でした。

 

ねるねるねるねは当初はかき混ぜるとふくらむお菓子の「謎」に子供は夢中になり、当時、保護者からクレームが相次いでもヒットとなりました。

 

しかし、消費者の食品に対する意識が変化し健康志向が高まり、ねるねるねるねは「よくわからない怪しい食べ物」として、「なんとなく体に悪そう」の印象がついて親・保護者が敬遠してしまったのです。

 

その結果、2000年代後半から毎年売上がダウンし、売り上げが5年間で売り上げは半分近くになってしまったのです。

 

しかも、他のお菓子が好調だったため、全体の売り上げも落ちておらず、そこまでねるねるねるねの低迷に深刻に捉えていなかったこともあり、低迷が長く続いてしまったのです。

ねるねるねるねの売上が復活した理由は?

保存料・合成着色料ゼロと仕組み公開で安全性をアピール

ねるねるねるねが「怪しい体に悪そうな食べ物」という親のイメージを払拭させるため、保存料・合成着色料ゼロと出来る仕組を公開して安全性をアピールしました。

 

まず、保存料や合成着色料を使用していないことが、ひと目で分かるようにマークを付けて強調しました。

ねるねるねるね 現在
(画像引用元:https://image.itmedia.co.jp

 

また、色が変わる・膨らむ仕組みの詳しい解説をパッケージや公式Webサイトで説明することで、安全で怪しい食べ物ではないとアピールしました。

子どもに魅力が伝わりやすくリニューアル

ねるねるねるねを買ってくれる子供が欲しがるように、「ふわふわお菓子」というフレーズで魅力を伝わるようになりました。

ねるねるねるね 現在
(画像引用元:http://kracie-o-shop.jp

 

リニューアル前は「ねっておいしい!」というフレーズをパッケージに載せていましたが、「ねる」という言葉が子供には伝わらないと考えました。

 

そのため、「ふわふわ」を入れることで、子供でも魅力が伝わるようになったのでした。

スポンサーリンク

ねるねるねるねの現在はV字回復で復活

そんな「ねるねるねるね」は、一時期低迷していましたが、現在は30年経っても人気商品にV字回復させたのです。

 

売直後に一気に伸びた売り上げは徐々に落ち込み、2010年にはピーク時の半分まで減少していました。

 

しかし、現在はリニューアルしたことでここ数年で右肩上がりに跳ね上がり、年間売り上げが20億円となっているのでした。

ねるねるねるね現在が売上復活した理由!低迷からV時回復!

ねるねるねるねは30周年を迎え、一時期低迷していた理由は、健康に悪そうと親が懸念、子供に魅力が伝わらなかったからでした。

 

しかし、現在は安全性をアピールし、子供にも「ふわふわ」で分かりやすいフレーズで伝わり、見事に復活を遂げたのです。

 

そんな、ねるねるねるねですが、あなたも久しぶりに安全で美味しいねるねるねるねを買ってみませんか?

せばな~