ツイッターで拡散されていた他人の飼い猫に向けてエアガンを撃った犯人が書類送検されたようです。

 

そんな犯人が起こした犯行とは?

また、飼い猫に向けてエアガンを撃ったらどんな罪に問われるのでしょうか?

 

ということで今回は、猫にエアガン撃つ虐待で刑罰はどうなるのかと、犯行内容を調査したいと思います。


スポンサーリンク

猫にエアガン撃つ虐待で刑罰は?犯人は誰?

2017年12月12日に他人の飼い猫に向けてエアガンを撃ったとして、大阪府警は堺市西区の会社員の男(38)を動物愛護法違反(虐待)の疑いでしました。

事件は11月24日午後1時半頃に、大阪市住之江区の住宅の駐車場で放し飼いにされていた猫にエアガンを発射し、虐待した疑いがもたれました。

 

映像では男が運転席からエサのようなものを投げ、その後に猫が寄ってきたところでエアガンを発射したのです。

 

そして、防犯カメラで捉えた映像をツイッター内で拡散され、今回の事件解決に至ったようです。

犯人の犯行理由は?

「以前にエサをやったときに猫に指を引っかかれ、仕返しするためにエアガンで撃った

「びっくりして逃げていくのが楽しかった

最初は、猫にエサをやったのに引っかかれたから仕返しと、恨んでしまったようです。

 

しかし、エアガンで撃ってからは「楽しかった」と、結局は「仕返し」は大義名分でしかなく、卑劣な行為をしていたのです。

スポンサーリンク

エアガン撃つ虐待で刑罰は?

他人の飼い猫に向けてエアガンを撃つと動物愛護法違反(虐待)になります。

 

そして、猫をみだりに殺したり傷つけた者として、2年以下の懲役または200万円以下の罰金が科されるようです。

 

また、猫に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者、遺棄した者は100万円以下の罰金となります。

 

ちなみに、猫13匹を虐待し死傷させたとして、動物愛護法違反の罪に問われた方は懲役1年10カ月執行猶予4年(求刑懲役1年10カ月)の有罪判決を言い渡しました。

猫にエアガン撃つ虐待で刑罰は重い!他人の飼いネコに仕返しした犯人に断罪!

他人の猫に仕返しという大義名分を作り、結局は楽しんで撃っていたという犯人。

 

これは間違いなく虐待ですので卑劣極まりない行為です。

 

みなさんも、こういった卑劣な方もいるかもしれませんので、お気をつけください。