唯一ミルメークが給食に導入されていなかった名古屋市で、ミルメークが導入されて話題になっています。

 

そんな、名古屋市でミルメークが導入されていなかった理由、導入された理由は?

 

ということで今回は、ミルメークについて、

  • 名古屋市でミルメーク導入されていなかった理由
  • 名古屋市でミルメーク導入された理由

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なぜ名古屋市でミルメーク導入?発祥地で給食に出さなかった理由は白いまま飲むもの?

名古屋市でミルメーク導入されていなかった理由

名古屋市でミルメーク導入されていなかった理由は、地元の食材を本来の味で味わって頂きたいため、「牛乳は白いまま飲むもの」という教育方針からでした。

名古屋市教育委員会の担当者:
「地元でとれた牛乳、地元の食材を本来の味で味わっていただけたらと考えておりまして、これまで導入されてこなかった。牛乳の飲み残しについては何か検討しなくてはということで、牛乳用調味料の検討をしようということになりました」

引用:牛乳飲み残し対策で…魔法の粉『ミルメーク』 なぜか無かった名古屋市の学校給食ついに導入検討

 

名古屋市では給食は全小学校統一で献立が決まっており、できるだけ地元の食材を味わってもらいたいという思いがありました。

 

そのため、「牛乳は白いまま飲むもの」という、名古屋市の超ローカルルール教育方針が生まれて、ミルメークが導入されていませんでした。

名古屋市でミルメーク導入された理由

名古屋市でミルメーク導入された理由は、年間の84万本の飲み残し(金額で約4300万円)廃棄を少しでも減らすためです。

 名古屋市教育委員会の調査では、市内の小学校で飲まれず廃棄される牛乳は昨年度だけでおよそ84万本。金額にしておよそ4300万円分が捨てられているのです。

そこで、名古屋市議会で出たアイデアが…。

浅井正仁名古屋市議:
「牛乳が苦手な子でも、コーヒー牛乳やフルーツ牛乳なら飲める子もいる。『牛乳用調味料』の導入ができないか」

杉崎正美教育長:
「子どもたちの牛乳離れ解消のため具体的に検討してまいりたい」

ミルメークで牛乳の飲み残しをどれだけ減らせるのか、その効果ははっきりとは見通せないものの、8年前に導入した石川県志賀町では、残しが半減したというデータもあります。

引用:牛乳飲み残し対策で…魔法の粉『ミルメーク』 なぜか無かった名古屋市の学校給食ついに導入検討

 

実際に石川県ではミルメークを導入して牛乳の飲み残しが減ったとのことで、かなりミルメークには期待されているようです。

スポンサーリンク

名古屋市で発祥のミルメークが導入!

名古屋市で、名古屋市守山区で生産されている地元発祥のミルメークがやっと導入されて話題になりました。

「ミルメーク」を製造・販売している大島食品工業の本社が愛知県名古屋市にあるにももかかわらず、これまで愛知県の中でも、名古屋市だけは学校給食に採用されていなかった。

「ミルメーク」が採用されなかったのは「牛乳は白いまま飲むもの」という教育方針があったためだが、飲み残し対策として2020年秋からの導入を検討する動きがあり、今年から試験導入が始まったという。

引用:「ついにミルメークが名古屋の給食に!」SNSで反響

名古屋市でミルメーク導入なぜ?発祥地で給食に出さなかった理由がそのまま味わってもらいたい!

発祥地なのに名古屋市でミルメークが導入されていなかったのは、そのままの味を味わってもらいたいという思いからでした。

 

しかし、飲み残しが深刻化してそうは言っていられず、ミルメークを導入したのでした。

 

ミルメークというすごい知名度があるのに、それを給食で使ったりと名古屋市で宣伝・PRに使わないのはすごい宝の持ち腐れですね…

 

果たして、名古屋市にミルメーク導入で、牛乳飲み残しが減るのか注目です。

 

せばな~

スポンサーリンク