鍋の汁をシメの前に戻す・戻さないが話題になっているようです。

 

そんな鍋の汁を戻す地域はどこで、戻す理由は何なのでしょうか?

 

ということで今回は、鍋の汁を戻す理由と、戻す地域はどこなのか調査したいと思います。

スポンサーリンク

鍋の汁を戻す地域どこ?理由は?鍋のシメ前にスープ戻す?

鍋の汁を戻す地域はどこ?

鍋の汁を戻す地域は西日本の福岡でも一部のローカルルールで、主にモツ鍋の汁を戻すようです。

 

実際に西日本や福岡でも鍋の汁を戻さないと批判が出ています。

 

ただ、西日本で家の中でなら、家族なので鍋の汁を戻すことは行うようです。

 

このように西日本でもしかも福岡の一部のモツ鍋か、西日本の家での鍋なら汁を戻すとかなり限定的なもののようです。

鍋の汁を戻す理由は?

鍋のシメで汁不足のため

鍋のシメをする際に、スープ不足として汁を戻すようです。

 

実際に重盛さと美さんや指原莉乃さんもシメの前に汁を戻していたそうです。

この日、“福岡女子”として出演した重盛は、鍋の具を全部食べたあと、シメとして雑炊やちゃんぽん麺を食べる前に、自分の取り皿の汁を鍋に戻して食べると告白。重盛の家族だけでなく、周りもごく普通にやっていたそうで、東京に来てから友人と鍋を食べている時に同じことをしたら怒られた、と語った。

スタジオでは悲鳴が上がり、「絶対しない」「家族とでも嫌」という声が出たが、大分出身の指原は「ちょっと空気になってました……うちもそうでした。でもここで言う勇気が無くて。黙ってようって」と、指原の文化圏でも同じように食べていたと明かした。

引用:指原莉乃&重盛さと美「鍋のシメ前に汁戻す」にざわざわ

スポンサーリンク

もつ鍋の脂が固めるから

もつ鍋の汁を戻す理由は、取皿に冷めて固まったモツの脂が浮いてしまうため、スープを戻すようです。

 

確かに取皿に冷めて浮いたモツの脂は邪魔で、取皿に入れたスープも冷めると不味いですからね。

 

そのため、モツ鍋では特に脂が出るので邪魔なため、汁を戻す文化が出来たのかもしれません。

鍋の汁を戻す地域は福岡のごく一部!理由は鍋のシメの汁不足?

鍋の汁を戻す地域は西日本の福岡でしかもごく一部か、家の中での家庭ルールとかなり限られているようです。

 

そして、汁を戻すのはもったいないや、シメでの汁不足解消、モツの脂が冷えて固まったのが邪魔になるからでした。

 

そんな、汁を戻す問題ですが、親しい仲なら良いかもしれませんが、あなたはどう思いますか?

 

せばな~

スポンサーリンク