平昌五輪開幕まであと僅かですが、平昌にあるメインプレスセンターにある謎のオブジェ「モルゲッソヨ」が話題になっているようです。

 

そんな、平昌五輪のオブジェ「モルゲッソヨ」の正体は?

 

ということで今回は、平昌五輪のオブジェ「モルゲッソヨ」の正体と、韓国のセンスについて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

モルゲッソヨの正体・場所は?平昌五輪オブジェが謎!韓国センスでAAで人気?

平昌五輪開幕まであと僅かで、インプレスセンターには、世界中から続々と報道陣が集結しています。

 

そんなインプレスセンターには記者の作業エリア、カフェやお土産店に謎のオブジェがそびえ立って話題になっていました。

モルゲッソヨ
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

モルゲッソヨ
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

オブジェは男性の肉体をかたどり、頭になにかウインナーを被ったような形をしていますが、明らかに”アレ”そのものに見えなくもないと騒然とさせていました。

 

そんな、「モルゲッソヨ」が見れるのは以下の場所となっています。

「モルゲッソヨ」の正体は?韓国のセンスに脱帽!

この平昌五輪の謎のオブジェを近くにいたボランティアスタッフに聞いてみても、口を揃えて「モルゲッソヨ(知らないです)」と答えていました。

 

そんな関係者が口をそろえていった言葉「モルゲッソヨ」が謎のオブジェの名称となってしまいました。

 

この、謎のオブジェ「モルゲッソヨ」は作家の「金知鉉」さんが作成したアートで、「김지현_총알맨(BULLET MAN)」と日本語訳で「銃弾男」が真の名前とのことです。

 

そして、モルゲッソヨが最初にお披露目になったのが2009年に開催された「金知鉉の個展」とのことです。


(画像引用元:https://neolook.com

ちなみにモルゲッソヨ初お披露目となった個展のHPもあり、上記の画像がその個展で置かれたモルゲッソヨです。

 

モルゲッソヨ初お披露目となった個展「金知鉉の個展」のHP

 

気になるモルゲッソヨ像の意味ですが、カッコイイ身体、富、名誉等の人間の欲望を具体的イメージで表現したものだそ

 

 

モルゲッソヨ像もそうですが、こういった韓国の美的センスは度々登場しており、仁川空港にあるオブジェも明らかに”アレ”そのものに見えなくもないとこれも騒然とさせていました。

モルゲッソヨ オブジェ
(画像引用元:http://blogimg.goo.ne.jp

よって、この「モルゲッソヨ」も同じような美的センスで、作られたのでしょう…

スポンサーリンク

モルゲッソヨが人気?AA作られ画像は?

そんなモルゲッソヨですが、5chでは既にアスキーアート(AA)が作られ、韓国のセンスに大盛り上がりをしています。

モルゲッソヨ
(引用元:http://blog.livedoor.jp

モルゲッソヨ
(引用元:http://blog.livedoor.jp

モルゲッソヨ
(引用元:http://blog.livedoor.jp

モルゲッソヨ
(引用元:http://blog.livedoor.jp

このように、すでにあるところでは平昌五輪のオブジェ「モルゲッソヨ」が大人気なのです。

彫刻作者・担当者もモルゲッソヨ(知らなかった)?

このモルゲッソヨ像を作成した金知鉉さんですが、作者自身はこのモルゲッソヨ像が平昌五輪に置かれたのは知らなかったようです。

「平昌五輪を控え、団地を建設しながら作った彫刻。工事が終わって久しいため、なぜこの彫刻をここに置いたのかも誰も知らず、当時の担当者を見つけることが出来ない」

そのため、作者自身おろか、置いた担当者も見つけることが出来ないため、本当になぜあそこにモルゲッソヨが作られたのかモルゲッソヨ(知らない)とのことです。

モルゲッソヨの場所・正体は?謎の平昌五輪オブジェがAA画像も登場と人気!

謎の平昌五輪オブジェ「モルゲッソヨ」ですが、すでに「モルゲッソヨ」と名前が付けられたりと、一部では人気のようです。

 

そんな、モルゲッソヨの正体は韓国のセンスから生まれたものですが、素晴らしいですね(白目)

 

今後もその韓国のセンスを見せつけ、第2、第3のモルゲッソヨ的なオブジェを作って盛り上げてください。

 

せばな~

モルゲッソヨ作者の作品まとめ!作家キム・ジヒョンの銃弾男最新作?

平昌五輪開会式が日本のパクリ?動画で検証!気温は寒いし真似する?