平昌五輪で「銃弾男」こと「モルゲッソヨ」というあだ名がついた謎のオブジェが日本では大流行しています。

 

そんな、モルゲッソヨの作者は誰で、作家はどんなアートを作っているのでしょうか?

 

ということで今回は、モルゲッソヨ作者は誰で、作家はどんなアートを作っているのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

モルゲッソヨ作者のアート!作家キム・ジヒョンの芸術作品は?

平昌五輪開幕まであと僅かで、インプレスセンターには、世界中から続々と報道陣が集結しています。

 

そんなインプレスセンターには記者の作業エリア、カフェやお土産店に謎のオブジェがそびえ立って話題になっていました。

モルゲッソヨ
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

モルゲッソヨ
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

オブジェは男性の肉体をかたどり、頭になにかウインナーを被ったような形をしていますが、明らかに”アレ”そのものに見えなくもないと騒然とさせていました。

 

この平昌五輪の謎のオブジェを近くにいたボランティアスタッフに聞いてみても、口を揃えて「モルゲッソヨ(知らないです)」と答えていました。

 

そんな関係者が口をそろえていった言葉「モルゲッソヨ」が謎のオブジェの名称となってしまいました。

モルゲッソヨの作者は誰?

この、謎のオブジェ「モルゲッソヨ」は作家の「金知鉉(キム・ジヒョン)」さんが作成したアートで、「김지현_총알맨(BULLET MAN)」と日本語訳で「銃弾男」が真の名前とのことです。

 

そして、モルゲッソヨが最初にお披露目になったのが2009年に開催された「金知鉉の個展」とのことです。


(画像引用元:https://neolook.com

ちなみにモルゲッソヨ初お披露目となった個展のHPもあり、上記の画像がその個展で置かれたモルゲッソヨです。

 

モルゲッソヨ初お披露目となった個展「金知鉉の個展」のHP

 

気になるモルゲッソヨ像の意味ですが、カッコイイ身体、富、名誉等の人間の欲望を具体的イメージで表現したものだそうです。

スポンサーリンク

作者キム・ジヒョンの作品は?

そんなキム・ジヒョンの新作を探してみると、「NETLOOK(ネオルック)」というウェブサイトに作品が公開されているようです。

モルゲッソヨ 作者
(画像引用元:https://www.neolook.com

モルゲッソヨ 作者
(画像引用元:https://www.neolook.com

モルゲッソヨ 作者
(画像引用元:https://www.neolook.com

2つのカラフルな生首が緑の物を吐いている彫刻は李明博元大統領と作者、グレイの首2体は李明博元大統領と朴槿恵元大統領とそのセンスに脱帽です。

 

それだけでなく、モルゲッソヨの新作なのか、イラストで「建設中のモルゲッソヨ」も公開されています。

モルゲッソヨ 作者
(画像引用元:http://gogotsu.com

モルゲッソヨ 作者
(画像引用元:https://www.neolook.com

モルゲッソヨ 作者
(画像引用元:https://www.neolook.com

モルゲッソヨが建設されていますが、果たして実現するのでしょうか?

 

モルゲッソヨ作者の作品がある「NETLOOK(ネオルック)」

モルゲッソヨ作者の作品がヤバい!作家キム・ジヒョンの新作に期待!

モルゲッソヨ像により、日本でも有名になったモルゲッソヨ作者キム・ジヒョンさんですが、新作アートは凡人には分からないアートでした。

 

ただ、モルゲッソヨの新作イラスト、「建設中のモルゲッソヨ」が公開されたりと、今後もモルゲッソヨは生まれ続けるようです!

 

せばな~