サッカー日本代表にも選ばれている、守田英正選手が無免許・携帯による交通違反で検挙されたが、川崎フロンターレの処分が軽すぎると話題になっています。

 

そんな、無免許運転の守田英正選手に下された処分や、サッカー日本代表として処分は軽いのでしょうか?

 

ということで今回は、守田英正選手の無免許運転について、

  • 守田英正選手の無免許運転の処分が軽い?
  • 無免許運転の処分が軽いのか、他の選手の交通違反前例調査!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

守田英正の無免許運転の処分軽い?交通違反でサッカー日本代表の前例はどうなっている?

守田英正の無免許運転の処分軽い?

守田英正選手が道路交通法違反(携帯電話使用等)からの免許失効の無免許運転で検挙されたが、サッカー日本代表にも選ばれているのに川崎フロンターレの処分が軽いと話題になりました。

 

守田英正選手は道路交通法違反(携帯電話使用等)で警察に捕まり、そこから運転免許証が失効していたことも判明して検挙されました。

 

そのため、守田英正選手をクラブ独自の処分として公式戦1試合の出場停止処分他、あわせて幹部社員に減俸をしました。

このたび、弊クラブに所属する守田英正選手が、6月17日(月)に川崎市麻生区内を自家用車で運転中、道路交通法違反(携帯電話使用等)により検挙されました。なお、その際に運転免許証が失効していたことも判明しました。弊クラブでは、この事態を重く受け止め守田英正選手本人と面談の上、猛省を促し、クラブ独自の処分として公式戦1試合の出場停止処分他、あわせて幹部社員に減俸を科すことに決定しましたので、お知らせいたします。
今回の件につきまして、サポーターの皆様、スポンサーの皆様、すべての関係者の皆様に、多大なるご心配をおかけし、深くお詫び申し上げます。

引用:【お詫び】守田英正選手に関するお知らせ

 

しかし、交通違反に加えて無免許運転をしでかした日本代表としては、1試合停止は処分が軽すぎると批判されているのでした。

他のサッカー日本の交通違反の前例は?

金井貢史は無免許運転で今季全公式試合出場停止

U-21日本代表に選出された金井貢史選手は、無免許運転に加えて以前に人身事故も起こしているため、今季の残り全公式戦の出場停止と、年内のチーム全体練習の参加停止の処分となっています。

金井は、18日午後10時ごろ、自分の車を運転中に横浜市内の交通検問で職務質問を受け、無免許だったことが発覚した。昨年8月に免許が失効したまま約1年2カ月間、運転を続けていた。神奈川県警水上署は、道路交通法違反の疑いで金井を摘発した。

金井は、08年8月に免許を取得したが、09年4月に人身事故を起こした。事故当時はクラブに「軽い追突事故」と報告したが、実際は人身事故だった。この事故によって免許停止となったが、義務づけられている講習を受けず、同年8月に免許が失効していた。

金井は今後も水上署による事情聴取を受けるが、横浜はその結果を待たずに、今季の残り全公式戦の出場停止と、年内のチーム全体練習の参加停止という極めて重い処分を科した。練習の参加停止期間中は原則、クラブハウス内の立ち入りも禁止した。また、嘉悦朗社長を含む幹部3人は減俸10%(3カ月)処分となった。

引用:無免許運転の金井「自分の自覚の甘さ」

香川真司は免許停止処分で処分なし

香川真司選手は免許停止処分で何かしらの交通違反を起こしていたようです。

2015年に香川真司は当時のチームメイトであるドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンと会見に出席。両者は仲が良いことで知られているため、ギュンドアンに香川との友情についての質問が及んだ。

すると、ギュンドアンは以前香川が1か月の免許停止処分を受けていたことを暴露。
当時同じマンションに住んでいたギュンドアンが香川を免許停止処分が終わるまで練習場へ連れて行っていたエピソードを明かしている。

引用:運転免許を停止されたサッカー選手たち。公道からも退場処分?

スポンサーリンク

志木香帆は交通違反で退団

元U-19日本代表MF布志木香帆選手は、道路交通法違反(携帯電話使用および無免許運転)で自主退団しています。

▽なでしこ2部リーグに所属するASハリマアルビオンは8日、元U-19日本代表MF布志木香帆(21)が退団したことを発表した。

▽布志木は、6月30日に道路交通法違反(携帯電話使用および無免許運転)で逮捕されていた。

▽ASハリマアルビオンは6月30日に公式サイトで謝罪コメントを掲載。その後、布志木の処分を検討していたが、本人からの申し出により8日に退団することが決定した。

引用:無免許運転で逮捕された元U-19なでしこMF布志木香帆がASハリマを退団

鹿島2選手は酒気帯び運転で9月末まで公式戦出場停止

鹿島の大道広幸選手と船山祐二選手は酒気帯び運転で、6月末までの謹慎と9月末までの公式戦出場停止、3ヵ月間の運転禁止などの処分を下されました。

鹿島アントラーズは23日、酒気帯び運転が発覚したMF大道広幸(20)、同乗していたMF船山祐二(23)について、6月末までの謹慎と9月末までの公式戦出場停止、3ヵ月間の運転禁止などの処分を決めたと発表した。2人は出場停止期間中、社会奉仕活動を行う。

引用:酒気帯び運転の鹿島2選手、9月末まで公式戦出場停止

 

鹿島によると、2人は17日の柏戦後に神栖市内で飲酒。代行運転でカラオケ店に移動し、帰宅の際は代行運転業者の営業が終了していたため、大道の運転で帰宅した。翌18日午前4時ごろに同市内の飲酒検問で、大道から規定を上回るアルコール値が検出された。2人は事実をチームには報告せず、同11時にはACL遠征でベトナムへ出発した

引用:酒気帯び運転で鹿島大道と同乗船山を謹慎

守田英正は無免許運転も日本代表だから処分軽い?

前例を見ると、守田英正選手は無免許運転も日本代表にも選ばれる優秀な選手だから処分が軽い感じがします。

 

同じく無免許運転等の交通違反を見ると、数ヶ月間の出場停止処分が多く、やはり1試合の出場停止は軽いです。

 

U-21日本代表に選出された金井選手に関しては、過去に人身事故も起こしているのに無免許運転をしたので、かなり重い処分は下されています。

 

海外というのもあるかもしれませんが、日本代表で有名な香川真司選手は免許停止処分なのに何も処分されていません。

 

このことから、1回目ということもあり、守田英正選手は無免許運転も日本代表だから処分軽いと感じました。

守田英正 プロフィール

守田 無免許
(画像引用元:https://www.soccer-king.jp

生年月日    1995年5月10日
出身地     大阪府高槻市
身長      177cm

 

金光大阪高等学校から流通経済大学に進学し、大学2年までは全くの無名選手だったが、3年から頭角を現しチームの中心選手となります。

 

2017年の大学4年生の時には関東大学選抜に選出され、夏に行われるユニバーシアードサッカー日本代表にも選出されています。

 

2017年7月にガンバ大阪など複数クラブが争奪戦となり、川崎フロンターレの内定します。

 

さらに川崎の特別指定選手に承認され、同年12月にインカレでは優勝に貢献し、同大会最優秀選手に選出されます。

 

2018年から川崎フロンターレに入団し、同年2月10日に途中交代からプロデビューを果たします。

 

以降はプロ1年目ながらボランチのポジションを確保し試合に出場し続けていきます。

 

2018年9月には負傷で代表辞退続出で、追加で日本代表にプロ一年目ながら初招集、コスタリカ戦で代表デビューしてます。

 

2019年1月にもAFCアジアカップ2019に臨む日本代表に召集されています。

スポンサーリンク

守田英正の無免許運転の処分軽い?サッカー日本代表の交通違反だから?

守田英正選手の無免許運転の処分軽い説ですが、確かに1試合の出場停止は軽い気がします。

 

そのため、初回と日本代表で優秀な人材というのも影響があると思います。

 

今回は軽めの処分でしたが、いくら優秀でも2回目はさらに叩かれるので、守田英正選手にはしっかり交通ルールを守ってもらいたいです。