2018年6月20日放送の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」では、「ものまね四天王」の不仲説が暴露されます。

 

そんな、ものまね四天王である清水アキラさん、ビジーフォーのグッチ裕三さんとモト冬樹さん、栗田貫一さん、コロッケさんは本当に仲が悪かったのでしょうか?

 

ということで今回は、ものまね四天王について、

  • ものまね四天王は仲が悪い理由?
  • ビジーフォーが不仲な理由は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ものまね四天王の不仲説?ビジーフォーのグッチ裕三がモト冬樹が仲悪い?

「ものまね四天王」とは?

ものまね四天王とは、フジテレビ「ものまね王座決定戦」で一世を風靡した清水アキラさん、ビジーフォー(グッチ裕三・モト冬樹)、栗田貫一さんコロッケさんのものまねタレント4組を指します。

 

1973年から始まっったフジテレビ「ものまね王座決定戦」に出演して活躍し、そこから「ものまね四天王」として命名されたのが始まりとなっています。

 

しかし、1992年にコロッケさんがプロデューサーの木村忠寛さんとの確執や事務所独立を巡る軋轢等から「ものまね王座」をはじめとするフジテレビのものまね番組から降板。

 

その後のコロッケさんは日本テレビの「ものまねバトル」に出演するようになり、ビジーフォーも番組を降板したことでものまね四天王は事実上消滅します。

清水アキラ

清水アキラさんんは顔にセロハンテープを貼って、本人そっくりに見立てる『セロテープ芸』が得意で、ものまねは下ネタが多かったのです。

 

特に淡谷のり子さんからは酷評されていたが、真面目にやると正しく評価してくれていました。

ビジーフォー(グッチ裕三・モト冬樹)

ビジーフォーは洋楽を得意とし、アメリカナイズされたコントなどを得意としています。

名前の由来は結成当時のメンバーの人数に由来し、過去に4人メンバーがいたが、現在は主にグッチ裕三さんとモト冬樹さんの2名となっています。

栗田貫一

栗田貫一さんといえば、ルパン三世のものまねで、現在は本当にルパン三世の声優をしております。

ちなみに、ルパン三世の声優を始めたのは1995年GW公開の劇場映画第五作「ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス」で、一部だけ録音と言われたが実際は丸々録音を頼まれたのでした。

コロッケ

美川憲一さんを始め、森進一さん、五木ひろしさん、細川たかしさん等を、コロッケ自身が特徴的だと思いこんだ一部分を強調してモノマネをしていました。

特に美川憲一さんのモノマネからのご本人登場は、1984年に大麻事件を起こして消えた美川憲一さんを復活させたきっかけであり、当時のコロッケさんの影響力が大きいことがよく分かります。

ものまね四天王の不仲?

ものまね四天王は不仲ではないですが、親密な関係でもない、思ったよりドライな関係のようです。

ものまね四天王不仲説
(画像引用元:https://stat.ameba.jp

 

実際に2015年3月に東日本大震災応援チャリティーコンサートで、ものまね四天王が集まった時は、

清水「仲いいですよ。仕事じゃない時も一緒にいる」

栗田「別に好きでも嫌いでもない。本当はやりたくねぇよ。こんなこと」

栗田「奇跡のコラボ。一生の思い出にしてもいい集まり。うれしい」

コロッケ「四天王がそろうのも、これから先はないと思う」

清水「今度(ものまね四天王で)は誰かの葬式の時じゃない」

 

さらに、2018年6月20日放送の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」では、

コロッケ「(当時は)みんなで一緒にいたという記憶がない」

と、親密ではなかったようです。

 

それだけでなく、2018年3月17日の「ダウンタウンなう」でも

コロッケ「その時に久しぶりにそろって。で、4組で話をしたら、“今度あるかな?”って言ったら、みんなが“ないな”って言った」

コロッケ「ふだん仲良く飲んでるわけでもない。みんな、バラバラで飲んでる感じかな。仲悪いわけじゃないんだけどね。連絡はあんま取り合わない」

このように、不仲ではないが、そこまで親しい仲ではないようです。

 

このように、ものまね四天王と一括りしているので視聴者は親密と思ったわりにはドライな関係なため、「ものまね四天王は不仲」と噂が出てしまったようです。

スポンサーリンク

ビジーフォーは本当に不仲?解散理由は?

ものまね四天王の関係は不仲ではなかったですが、ビジーフォーのモト冬樹さんとグッチ裕三さんの当時の不仲は本当だと何人もの人が証言しています。

コロッケ「もともと仲悪いのはビジーフォーだけど」

コロッケ「仲悪い」

 

あご勇さんもタレントの溜まり場になっているウガンダさんの自宅に居候してたが、その時にビジーフォーの面々を見かけなかったとのことです。

 

実際にその後、ビジーフォーは解散をしており、1992年にはグッチ裕三さんは「グッチ裕三とグッチーズ」を、モト冬樹さんは新メンバーを加え「モト冬樹とナンナラーズ」を立ち上げて以降は主に各個に活動しています。

 

そして解散理由は清水アキラの著書によれば「金の縺れ」とのことで、四天王として活躍していた全盛期に取り分をめぐって揉めていたようです。

 

ただ、モト冬樹さんいわく、

「活動休止は絶頂期を転機にリセットしたかったから。」

「裕三と仲が悪くなって解散するというどっきりをやってそれがのちに本当になってシャレにならなくなった」

と、理由を述べており、解散理由は色々あるけども、不仲だったという可能性が高いことがわかりますね。

ものまね四天王の不仲説は嘘?ビジーフォーのグッチ裕三がモト冬樹が仲悪い?

ものまね四天王は不仲ではないですが、ものまね四天王と一括りしている割には特段仲が良いわけではなく、仕事上の仲間とドライな関係だったようです。

 

ただ、ものまね四天王の一角である、ビジーフォーのモト冬樹さんとグッチ裕三さんは当時は本当に仲は悪かったようです…

 

そんなドライな関係ですが、今後はものまね四天王として活躍するのか注目ですね。

ヨシコヨシコ

確かにモト冬樹とグッチ裕三のコンビは全然見ない
せばな~