25アパマン規模のスプレー缶爆発したのがモノタロウと判明して、業過致死容疑で家宅捜査をされてブラック企業だと話題になっています。

 

そんな、モノタロウが25アパマン規模のスプレー缶爆発でブラック企業と言われている理由は?

また、モノタロウが25アパマン規模のスプレー缶爆発と言われる理由は?

 

ということで今回は、モノタロウスプレー缶爆発について、

  • モノタロウがスプレー缶爆発でブラック企業と言われた理由は?
  • モノタロウが25アパマン規模の爆発と話題に!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

モノタロウがブラック企業の理由!25アパマン規模のスプレー缶爆発!

モノタロウがブラック企業の理由

モノタロウは下請けに社員を行かせ、その社員の息子や13歳の子供までスプレー缶約3千本を手伝わせるているため、ブラック企業だと話題になりました。

 

警察よると、社員の息子(20歳)や、モノタロウの社員の山西潤さんの次男(13歳)と、会社と関係ない未成年にまでスプレー缶のガス抜きをさせていたのです。

火災は高槻市の産業廃棄物運搬会社「今村産業」で6日夜に発生。現場で同社社員の20代の息子とみられる遺体が見つかったほか、モノタロウの社員、山西潤さん(36)とみられる男性が死亡した。山西さんの次男(13)とモノタロウの下請け会社社員の50代男性とみられる2人が意識不明の重体となった。

捜査関係者によると、モノタロウから機械部品の洗浄用のスプレー缶約3千本が今村産業に持ち込まれ、4人がガスを抜く作業をしている最中に爆発が起きたとみられる。

引用:モノタロウを家宅捜索 高槻の倉庫火災、業過致死容疑で

 

そんな、社員の子供を使うのもおかしいですし、何よりスプレー缶約3千本が今村産業に持ち込まれて4人だけでガスを抜く作業をしている労働環境もおかしいです。

 

このように、モノタロウは社員の息子や、13歳の次男にまで手伝わせるだけでなく、4人だけで3千本もガス抜きをさせる労働環境がおかしいということでブラック企業と言われています。

モノタロウが25アパマン規模の爆発とは?

アパマンショップは200本のスプレー缶で、アパマン25倍のモノタロウは3千本のスプレー缶で爆発したため、「25アパマン=1モノタロウ」という基準が出来て話題になりました。

 

かつてアパマンショップでは新品の消臭スプレーを120本ガス抜き作業をして爆発事故を起こしました。

 

対してモノタロウはアパマン25倍のモノタロウは3千本のスプレー缶で爆発させました。

 

そのため、アパマン25倍の爆発規模を出したため、「25アパマン=1モノタロウ」という爆発基準が爆誕して話題になりました。

スポンサーリンク

モノタロウがスプレー缶爆発で業過致死容疑

モノタロウは産業廃棄物運搬会社の倉庫でスプレー缶爆発させて4人が死傷した火災を受け、本社などを業務上過失致死容疑で家宅捜索を受けました。

火災は高槻市の産業廃棄物運搬会社「今村産業」で6日夜に発生。現場で同社社員の20代の息子とみられる遺体が見つかったほか、モノタロウの社員、山西潤さん(36)とみられる男性が死亡した。山西さんの次男(13)とモノタロウの下請け会社社員の50代男性とみられる2人が意識不明の重体となった。

捜査関係者によると、モノタロウから機械部品の洗浄用のスプレー缶約3千本が今村産業に持ち込まれ、4人がガスを抜く作業をしている最中に爆発が起きたとみられる。

同課は9日午前、安全対策を怠ったままスプレー缶の処分をさせて爆発を引き起こし、20代とみられる男性を死亡させた疑いがあるとして、モノタロウの本社と山西さんが勤務していた尼崎市内の同社事業所を家宅捜索した。

モノタロウは「今村産業とは廃棄物に関する取引をしていたが、缶の処理の経緯は確認中。警察の捜査に協力する」としている。

引用:モノタロウを家宅捜索 高槻の倉庫火災、業過致死容疑で

モノタロウは子供働かせるブラック企業?25アパマン規模のスプレー缶爆発で炎上!

モノタロウは13歳の子供を働かせたり、社員の息子を働かせたし、25アパマン規模のスプレー缶爆発を起こしたため、ブラック企業と言われています。

 

確かに労働環境や社員だけでなく、身内まで働かせなければいけないのはおかしいですね…

 

果たして25アパマン規模の爆発で、モノタロウはどんな労働環境だったのか今後も気になります。

 

せばな~