かつて日本女子プロゴルファーの活躍に一役買った宮里藍さんでですが、今シーズン限りで現役を引退することが分かりました。

 

確かに最近は目立った活躍は聞きませんが、ゴルフは歳をとっても出来るということで、若すぎる引退のように見えます。

 

いったい、なぜ引退してしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、宮里藍さんが引退した理由を調査していきたいと思います。


スポンサーリンク

宮里藍 プロフィール

宮里藍 引退
(画像引用元:http://static.pinky-media.jp

生年月日    1985年6月19日
出身地     沖縄県国頭郡東村
血液型     B型
身長      155 cm

 

兄弟3人全員プロゴルファーで、高校2年で釜山アジア大会で金メダル、アマチュアながら女子プロゴルフトーナメントに参加して、フジサンケイレディスクラシックで優勝争いをしていた宮里藍さん。

 

2003年6月に日本女子アマチュアゴルフ選手権競技で優勝し、同年10月にはプロ宣言して史上初の高校生プロゴルファーとなります。

 

翌年2004年には「エリエールレディスオープン」で優勝し、年間獲得賞金額が1億円を突破し2人目の快挙となり、2004年日本プロスポーツ大賞新人賞を受賞しました。

 

2005年には日本女子オープンゴルフ選手権競技の公式戦初優勝、史上最年少でツアー通算10勝と同大会史上最年少優勝も果たしており、人気絶頂と知名度を上げていきます。

 

2006年から米国ツアーに参加し、2009年には米国女子賞金ランキング3位、2010年には日本人初となる世界ランキング1位となっています。

 

更に2012年には日本人初の模範的な選手に贈られる「ウィリアム&モージー・パウエル賞」を受賞しています。

宮里藍は引退の理由は?現在の活動は?

2010年には日本人最多となる年間5勝を挙げ、男女を通じて初の世界ランキング1位となった宮里藍さん。

 

しかし、2014年には賞金ランク上位の常連だった宮里藍さんは86位で、2015年もトップ10入りできずに不振でした。

 

それから、2016年は「キア・クラシック」で3位と3年ぶりのトップ3入りを果たし、2017年には国内で3年ぶりとなるトップ10入り果たしたりと、復活の兆しが見えてきました。

 

ところが、2017年5月26日に今シーズン限りで引退することが発表されました。

引退理由はモチベーションの低下?

宮里藍さんが低迷した最大の要因として、ゴルフに対するモチベーションが一気に下がってしまったと言われていました。

宮里藍 引退
(画像引用元:https://sportiva.shueisha.co.jp

現在は世界のゴルフは”パワーゴルフ”に変わっているらしく、飛距離がない宮里藍さんが勝つのは難しいと言われてきました。

 

しかし、そこでプロなら根性を出してモチベーションを高め、負けん気でいくのがプロです。

 

ただ、宮里藍さんはどうやって勝てば良いのかモチベーションが下がってしまい、近年は不調になってしまったのかもしれません。

 

そして、2016年にはやっと吹き返しましたが、気力的に限界と感じて引退を宣言したのかもしれませんね。

スポンサーリンク

引退理由は結婚?

宮里藍さんには恋人がいて、その男性は宮里藍さんのマネージャーです。

宮里藍 結婚
(画像引用元:http://static.pinky-media.jp

やはりマネージャーですので、悩んでいた時に精神的に支えてくれていたのかと思います。

 

そんなマネージャーとして支えてくれる彼氏を持っている宮里藍さんは、「30代になれば結婚して子供がほしい」と結婚願望が強かったようです。

 

そのため、もしかしたら結婚し、母親として専念するために引退を宣言したのかもしれませんね。

宮里藍は引退理由はやはり結婚?今後の活動が気になる!

2016年にやっと復活の兆しが見えた宮里藍さんですが、突然の引退宣言で世間を驚かせています。

 

もしかしたら結婚を強く願望しているのかと思いますが、もしこれが事実なら結婚して落ち着いたら、復帰もあり得るかもしれませんね!

 

2017年5月29日に会見を開くとのことですが、いったい宮里藍さんからはどんな話が聞けるのか注目です。

 

せばな~