女優の満島ひかりさんですが、ドラマや映画でワキ毛を晒していることが本当のようです。

 

そんな満島ひかりさんのワキ毛姿や、なぜワキ毛を見せてしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、満島ひかりさんについて、

  • 満島ひかりのワキ毛画像は?
  • 満島ひかりがワキ毛を見せた理由・女性が生える理由は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

満島ひかりのワキ毛本当!脇毛の高画像で生えた理由は?

満島ひかりのワキ毛画像まとめ!

満島ひかりさんは女優として演出として本当にワキ毛をボーボーに生やして出演しております。

満島ひかり ワキ毛 本当
(画像引用元:http://erodera.net

上記の満島ひかりワキ毛ボーボー画像は、2010年公開の映画「カケラ」時でした。

 

実はこの時は監督の安藤モモ子さんの要求で、一ヶ月ほど剃らずにわざとワキ毛ボーボーにしたのです。

 

そして、ワキ毛を見せた理由が「男性が勝手に抱いている女性の綺麗なイメージを壊してやろう」とのことです。

 

ちなみに、他にも剃り残しでワキ毛が出ていた画像も見つかっております。

満島ひかり ワキ毛
(画像引用元:http://kininaru-anohito.com

 

このように、要求があればワキ毛もボーボーにする満島ひかりさんだから、ここまで女優として高評価を受けているのでしょう。

女性にワキ毛が生える理由?

遺伝

脇毛の濃さは遺伝するもので、両親や祖父母が毛深いと原因は遺伝である可能性が高いです。

 

また、現在は両親が毛深いなくても、両親が若い時に毛深かった場合はも遺伝の可能性が高いです。

ホルモンバランスの乱れ

女性にも男性ホルモンが10%程あるのですが、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが多くなり、体毛が濃くなってしまう可能性があります。

 

そして、ホルモンバランスが乱れる原因としては「食生活の乱れ」「睡眠不足」「ストレス」等があります。

 

そのため、女優という厳しい世界でストレスがたまったり、プレッシャーで睡眠不足だったりと色々要因は出来ますね。

外部からのダメージ

ムダ毛を処理するために自分でカミソリで剃ったりしますが、この外部からのダメージが脇毛を濃くする原因となります。

 

外部からダメージを与えると肌を守るための毛ですので、毛が濃くなったりしてしまうのです。

 

もしかしたら脇毛を気にしすぎて剃りすぎて、毛が濃くなってしまったのかもしれません。

 

他にも強い日差しや服による擦れによる外部からダメージで濃くなります。

スポンサーリンク

満島ひかり プロフィール

満島ひかり ワキ毛
(画像引用元:https://img.jisin.jp

別名義     HIKARI(Folder5時代の名義)
生年月日    1985年11月30日
出生地     鹿児島県鹿児島市
身長      162 cm
血液型     A型
職業      女優
ジャンル    テレビドラマ、映画、舞台
活動期間    1997年~

 

沖縄アクターズスクール主催の「安室奈美恵を目指せ!NEW・SUPER MONKEY’Sオーディション」で優勝し、同主催に入校します。

 

11歳の時には同スクールのメンバーを中心に撮影した写真集「少女たちのオキナワ」にも載っております。

 

7人組ユニット「Folder」に「HIKARI」名義で参加し、1997年にシングル「パラシューター」でデビューして10万枚以上のヒットを記録します。

 

同時期に映画「モスラ2 海底の大決戦」にも子役で出演し、これがきっかけで女優を目指します。

 

2000年に5人組ユニット「Folder5」へ改組後も、3rdシングル「Believe」がアニメ「ONE PIECE」のOPに起用されたりと歌手として活躍します。

 

Folder5の活動休止後の八雲学園高等学校在学中の2003年9月からバラエティ番組「ゼベック・オンライン」のアシスタントとして本名の「満島ひかり」名義で芸能活動を再開します。

 

2005年から放送の「ウルトラマンマックス」では主演舞台も用意されたが、その後は下積み時代を経験します。

 

しかし、2009年公開映画「愛のむきだし」にて、作品の話題性と相まって知名度が高まり、報知映画賞、ヨコハマ映画祭、毎日映画コンクール等を獲得します。

 

その後は、映画「プライド」「カケラ」「悪人」、ドラマ「モテキ」等と話題作に出演して活躍・知名度を高めていきます。

 

2010年公開の主演映画「川の底からこんにちは」では、ヨコハマ映画祭主演女優賞とエランドール賞新人賞を受賞。

同年公開の映画「悪人」では、第34回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞を受賞しています。

 

2011年7月から放送のドラマ「それでも、生きてゆく」で連続ドラマ初ヒロインを務めており、同年には連続テレビ小説「おひさま」にも出演しております。

 

2012年ドラマ「開拓者たち」でも主演、映画「北のカナリアたち」に出演し3年連続となる第36回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞を受賞しております。

 

2013年には民放初主演となる7月放送のドラマ「Woman」で多数の主演女優賞を受賞しており、2014年にも7月「若者たち2014」、10月「ごめんね青春!」と2期つづけて連続ドラマでヒロインを務めます。

 

2015年に映画「駆込み女と駆出し男」に出演し、ここでも第39回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞を受賞しております。

満島ひかりのワキ毛ボーボー本当!脇毛の画像が凄い!

満島ひかりさんは実際にワキ毛ボーボーを見せつけており、理由が剃り残しや監督に要求されたからでした。

 

そんな要求も難なくこなし、綺麗な女性のイメージをぶっ壊した満島ひかりさん。

 

今後もワキ毛ボーボーも辞さない体当たりな演技で話題を呼ぶことを期待しています!

 

せばな~