misonoさんの旦那・nosukeさんが「精巣がんによる胚細胞腫瘍」のために闘病中と話題になっています。

 

そんなnosukeさんが患った「精巣がんによる胚細胞腫瘍」とはどんな病気で、ステージはどうなっているのでしょうか?

 

ということで今回は、nosukeさんについて、

  • nosukeが患った「精巣がんによる胚細胞腫瘍」とは?
  • 精巣がんのステージは?病状や生存率は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

misono旦那が精巣がんがステージは?nosukeが患った胚細胞腫瘍とは?

2018年12月16日にmisonoさんの旦那・nosukeさんが自身のブログにて「精巣がんによる胚細胞腫瘍」のために闘病中を明かしました。

診察室に呼ばれ席に着いた瞬間お医者様から
「びっくりしないでね。」
の一言から。
この時の気持ちは後に綴りたいとおもいます。

「精巣癌による胚細胞腫瘍が胃の下にあります。
直径おおよそ15センチ。とても大きいです。」

「ん?聞き違いか?
HighsidE腫瘍?」

「いえ、ハイサイボウ腫瘍です。」

「あぁ、HighsiboW!
ややこしい!」

なんて言いながら
そこから詳しくこの病気の事について、
そしてどう治療をしていくかについてお医者様に聞きながら家族と相談し、現在に至ります。

ともかく、もしかしたら今同じ状況で
戦っている人がいるかもしれないし、
まだ検査もしていない方に読んで頂くことが
あるかもしれません。

もちろん回復に向けて闘病しているのですが、
どうなるかなんてわからないので
日頃の状況と治療過程、そして
今の気持ちなんかを書き綴っていきたいと思います。

引用:ご報告です。

 

nosukeさんは「精巣癌による胚細胞腫瘍」を冗談を混ぜながら報告。

そして、回復に向けて闘病しているがどうなるか分からないと完治することに関しては伏せていました。

精巣がん・胚細胞腫瘍とは?

精巣がんは精巣にある細胞から発生する比較的まれな腫瘍です。

精巣にある細胞から発生する腫瘍を、精巣腫瘍と呼びます。精巣腫瘍の多く(約95%)は、精母細胞から発生します。精母細胞のように生殖に直接関係のある細胞を生殖細胞あるいは胚(はい)細胞と呼ぶため、精巣腫瘍は胚細胞腫瘍とも呼ばれます。

精巣腫瘍にかかる割合(罹患(りかん)率)は10万人に1人程度とされ、比較的まれな腫瘍です。しかし、他の多くのがんと異なり、20歳代後半から30歳代にかけて発症のピークがあり、若年者に多い腫瘍であることが大きな特徴となります。

引用:精巣(睾丸)腫瘍(せいそう(こうがん)しゅよう)

 

そして、胚細胞腫瘍は精子や卵子のもとになる細胞から発生する腫瘍の総称とのことです。

精子や卵子のもとになる細胞(原始胚細胞、原生殖細胞)から発生する腫瘍の総称。生殖細胞腫瘍ともいう。

精巣および卵巣の性腺(せん)に発生するものは良性でほとんどは予後も良好であるが、性腺の外に発生する性腺外生殖細胞腫瘍は悪性であることが多い。また一般に若年層、とくに10歳以下の発症では悪性率が高くなる傾向がある。

性腺外生殖細胞腫瘍は、後腹膜、仙尾部、腸間膜、縦隔、中枢神経系(松果体、鞍(あん)結節周囲)など人体の正中線上に沿って発生することが多い。

引用:胚細胞腫瘍(読み)はいさいぼうしゅよう

nosuke精巣がんのステージは?生存率は?

nosukeさんが精巣がんのステージは公表していません。

 

そんな精巣がんのステージの分類と生存率は以下となっております。

【病期分類】

Ⅰ 転移を認めず
Ⅱ 横隔膜以下のリンパ節にのみ転移を認める
Ⅲ 遠隔転移をみとめる
ⅢA 縦隔または鎖骨上リンパ節に転移を認める
ⅢB 肺に転移を認める
ⅢC 肺以外の臓器にも転移を認める

【ステージ】

ステージI:
セミノーマで5年生存率95%以上
非セミノーマで5年生存率90%以上

ステージII:
セミノーマで5年生存率80~90%以上
非セミノーマで5年生存率70~80%以上

ステージIII:
セミノーマで5年生存率30~40%]
非セミノーマで5年生存率10~20%

引用:http://www.twmu.ac.jp

※セミノーマは精巣腫瘍の種類の一つで、他にも胎児性癌、絨毛癌、卵黄のう腫、奇形腫という分類されており。
セミノーマのみで構成される場合を「セミノーマ」、セミノーマとその他の組織型で分けられています。

 

ステージは転移に状況によって変わるようです。

 

そして、精巣がんの種類が「セミノーマ」であれば生存率が上がりますが、それ以外の精巣がんの場合は下がってしまうのです。

スポンサーリンク

nosuke プロフィール

misono 旦那 精巣がん ステージ
(画像引用元:https://i.daily.jp

本名      中村真之介
生年月日    1989年7月16日
出身地     東京都町田市

 

Nosukeさんは小学生の11歳の時にドラムを始めるており、才能を認められて岩田ガンダ康彦さんから師事しておりました。

 

16歳ですでにアーティストなどのレコーデイングにも参加する実力を持っており。

 

2005~2010年には「LeMpicka?」というバンドを組み、本名「真之介」名義でメジャーデビューしています。

 

その後、2016年頃から山田親太朗さんがボーカルのHighsidE(ハイサイド)というバンドのドラマーとして活動をしております。

misono旦那・nosukeが精巣がんによる胚細胞腫瘍でステージは?

misonoの旦那であるnosukeが精巣がんを患い、ステージは公開されていませんが、転移とセミノーマであるかで生存率が変化します。

 

ブログでは冗談のように報告しましたが、完治するとは語っていないので心配ですね…

 

とにかく今は療養し、少しでも良くなって精巣がんに打ち勝つことを祈っています。

 

せばな~

スポンサーリンク