乳がんで亡くなったさくらももこさんですが、民間療法でがん治療をしていたことが話題になっています。

 

そんな民間療法は他にも小林麻央さんや忌野清志郎さん等と様々な方々がしていたようですが、どんな芸能人達が民間療法のがん治療に受けたのでしょうか?

 

ということで今回は、民間療法がん治療について、

  • 民間療法のがん治療を受けた芸能人は誰?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

民間療法がん治療でさくらももこや小林麻央も?忌野清志郎や川島なお美と他は?

さくらももこ

民間療法 さくらももこ
(画像引用元:https://fujipee.com

2018年8月15日20時29分に乳がんのため死去したさくらももこさんは、がんの民間療法を試していたようです。

 

2011年頃に乳がんを発症された当時は、再発してからは抗がん剤を使用するような標準治療をしていたようです。

 

しかし、もともとスピリチュアル(精神世界)に興味があり、使用していた抗がん剤の副作用が辛かったこともあり、仕事に支障がないようにと民間療法を試すようになったのでした。

 

そして、さくらももこさんは気に入ると全国の民間療法施設に出かけ、民間療法で器具を用いて波動の測定をしたり、食事療法のアドバイスなども、熱心に取り組んでいたようです。

小林麻央

民間療法 小林麻央
(画像引用元:http://nownow-news.com

2017年6月22日に乳がんのため死去したさくらももこさんも、一時期民間療法を頼っていました

 

小林麻央さんは精密検査をした病院で3ヵ月後に来るように言われたのに受診が遅れ8ヵ月後になったり。

 

受診の際に標準治療を勧められたのに科学的根拠のない気功に頼り、乳がんの専門医の診察を受けるまで1年4ヵ月も経過していたのです。

 

そして、標準治療になってから後悔する節が小林麻央さんのブログ「KOKORO」にも綴られていました。

ブログ「KOKORO」解放

 

ただ、小林麻央さんの乳がんは非常にたちの悪いタイプだったらしく、転移が大きくなることが多いので、がんを完全に制するのは困難で早く標準治療をしても完治出来るかは分からなかったとのことです。

小林麻央さん「空白の一年半」報道が招く誤解

川島なお美

民間療法 がん
(画像引用元:http://himazines.com

2015年9月24日19時55分に胆管癌のため死去した川島なお美さんも、「ごしんじょう療法」という民間療法に頼りました

 

2013年8月に川島なお美さんは肝臓の中の胆管に腫瘍が発覚し、即手術を勧められるも拒否、代替策としての抗がん剤治療も拒否したようですが、2014年1月に手術を受けました。

 

その後に、気の力で病気の根源となる邪気を取り除く「ごしんじょう療法」という民間療法等を取り組んできいたようです。

 

そんな民間療法に頼ったのは、医師と民間療法師から言われた対照的な言葉が理由でした。

民間療法師から希望を言われたため民間療法を挑み結果的には亡くなったのですが、最終的に結論はみいだせていないのでした。

忌野清志郎

民間療法 がん
(画像引用元:http://bunshun.ismcdn.jp

2009年5月2日午前0時51分に癌性リンパ管症のため死去した忌野清志郎さんも「玄米菜食法(食事療法)」という民間療法をしていました。

 

2006年7月13日に喉頭癌で入院することを発表した忌野清志郎さんは癌の摘出をすると声が出なくなると宣告されました。

 

そのため、声が出なくなるのを恐れて放射線や抗癌剤での完治を図り、入院後2週間で民間療法に変更したようです。

 

そして、肉を摂らず、玄米・野菜を中心に摂取する食事法「玄米菜食法(食事療法)」を取り組んだようです。

 

忌野清志郎さんは「玄米菜食法を続けて、がん細胞を消滅させた」と活動を再開しますが、2008年7月に左腸骨への癌の転移して休止したのでした。

スポンサーリンク

竹原慎二

民間療法 がん
(画像引用元:http://genki4050.wp-x.jp

竹原慎二さんは2014年に膀胱癌が判明して悪化するが、民間療法からのがん摘出による見事に復活を遂げています

 

リンパ節への転移がみつかるほど病状は悪化して追い詰められた竹原慎二さんは借金覚悟で“びわの葉療法”“がん抑制のため点滴”など、あらゆる治療法を試して1000万円ほど費やしました。

 

その後、手術や抗がん剤投与などを経て、現在は治療を終えて2015年にはジム運営・タレント活動を本格的に再開して復活をしています。

民間療法がん治療でさくらももこや小林麻央も?様々な治療法を知る!

民間療法がん治療で、さくらももこさんや小林麻央さん等と様々な方々が受けていますが、結果的に亡くなっている方が多いようです…

 

ただ、抗がん剤が辛かったり、他の手段がないという藁にもすがる思いで民間療法に頼っているようです。

 

また、盲目に民間療法が悪いわけではなく、小林麻央さんのように早期に見つけたとして助からない可能性もあるのです。

 

そのため、民間療法や標準治療とどちらが正しいのかは判断できませんが、様々ながん治療のメリット・デメリットを知った上で治療法は自分で選択してください。

 

そして、竹原慎二さんのように民間療法だけでなく、様々な選択肢を駆使して完治・延命できればいいなと切に願うばかりです…