吹田で拳銃奪った飯森裕次郎容疑者が話題になっていますが、5年前に警察に相談し「ドラクエやめたら心臓から声が聞こえる」とのことが判明して話題になっています。

 

そんな、飯森裕次郎容疑者とドラクエの関係とは?

また、飯森裕次郎容疑者は心臓の声が聞こえたりと、どんな精神障害を持っていたのでしょうか?

 

ということで今回は、飯森裕次郎容疑者について、

  • 飯森裕次郎容疑者とドラクエの関係とは?
  • 飯森裕次郎容疑者の精神障害とは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

飯森裕次郎ドラクエ障害で炎上!5年前に警察相談?マスゴミゲーム下げ風評被害?

飯森裕次郎はドラクエのせいで炎上!

飯森裕次郎容疑者が5年前に警察に相談し「ドラクエやめたら心臓から声が聞こえる」との報道で、今度のマスゴミはドラクエのせいにするのかと炎上しました。

 捜査関係者らによると、飯森容疑者は26年11月12日夕、警視庁品川署を1人で訪問。「ドラゴンクエストのゲームをやめたら心臓から声が聞こえて困っている。昔住んでいた吹田市の人たちの声です」「友達や小学校の先生、自衛隊にいたことがあるがその時の同僚の声などが聞こえる」「心臓の中を確認してもらうことはできますか?」などと話した。

対応した警察官が病院で診察を受けることを勧めると、おとなしく帰宅し、その後、相談やトラブルなどはないという。

飯森容疑者は精神障害者保健福祉手帳を交付され、心療内科に通っていたことがあるという。逮捕後の調べには、「私のやったことではありません。病気がひどくなったせい、周りの人がひどくなったせいです」と容疑を否認している。

引用:「ドラクエやめたら心臓から声が聞こえる」と警察に相談 飯森容疑者5年前

 

そんな、警察の相談がメインなのに「ドラクエ」を少し強調した報道に、またゲームの風評被害だと炎上しました。

 

ただ、ドラクエを辞めたらおかしくなったと警察に相談しているので、ドラクエが精神を安定させていた説も出ているようです。

飯森裕次郎は精神障害者で経歴は?

飯森裕次郎は元岩手めんこいテレビの関連会社社員で、現在は品川区内のゴルフ練習場で仕事をしていたことが判明しました。

 

飯森裕次郎容疑者は優等生でしたが精神障害2級と不安定で、テレビ局に入って挫折し、ゴルフ練習場で仕事をしていたのです。

飯森容疑者の生まれは神奈川県だが、育ちは現場近くの大阪府吹田市だという。通報した父親は在阪メディア役員で、飯森容疑者は大阪府内の中学校から公立高校に進み、東京の大学に進学したという。

「確か中学校時代から野球部にいて、かなりうまかった。勉強もよくできたし、いいやつだった。それがこんな事件を起こすとは思いもしないですよ」(同級生)

飯森容疑者は大学を卒業後、東北地方の民放テレビ局で仕事をしたが、なじめずに辞めたという。

その後、東京に戻り、事件直前までは品川区内のゴルフ練習場で仕事をしていたという。

引用:逃走中の拳銃強奪犯を大阪府箕面市の山中で逮捕 父親は在阪メディア役員

ちなみに、岩手めんこいテレビによると2015年9月に関連会社、「めんこいエンタープライズ」に採用され、放送中の映像のチェックなどを担当していましたが、翌年4月に一身上の都合で退社してゴルフの仕事に転職したようです。

 

しかし、飯森裕次郎容疑者は精神障害2級で、現在進行系で精神的に不安定な方だったようです。

職場の同僚がこう話す。

「仕事はゴルフ練習場の清掃などで週5日くらい勤務のアルバイト。昨年11月から働いていた。普段は坊主頭にメガネをかけています。6月5日から沖縄に旅行へ行き、ゴルフをしてきたと話し、10日まで仕事をしていました。11日から病気が悪化したと休んでいましたが、15日夕方に電話があり、また仕事をしたいと言い、今後の勤務について相談をし、25日からバイトに来る予定でした。10日の勤務では、ニタニタしていて、少し普段とは違ったことが印象に残っていましたが、不審な様子はなかった。テレビで見て、犯人に似ていると思いましたが、まさかこんな事件を起こすとは思いもせず、驚くばかりです」

引用:逃走中の拳銃強奪犯を大阪府箕面市の山中で逮捕 父親は在阪メディア役員

 

このように、飯森裕次郎容疑者は元岩手めんこいテレビの関連会社社員から挫折して精神が不安定になったのか、ゴルフ勤務していたが、犯行を行っていたようです。

飯森裕次郎容疑者は精神障害者2級とは?

飯森裕次郎容疑者は精神障害者2級とは、日常生活が著しい制限を受けるか、日常生活に著しい制限を加えることを必要とする方のことを刺すようです。

2級
(精神障害であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの)

1 統合失調症によるものにあっては、残遺状態又は病状があるため、人格変化、思考障害、その他の妄想幻覚等の異常体験があるもの
2 気分(感情)障害によるものにあっては、気分、意欲・行動及び思考の障害の病相期があり、かつ、これらが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするもの
3 非定型精神病によるものにあっては、残遺状態又は病状が前記1、2に準ずるもの
4 てんかんによるものにあっては、ひんぱんに繰り返す発作又は知能障害その他の精神神経症状があるもの
5 中毒精神病によるものにあっては、認知症その他の精神神経症状があるもの
6 器質性精神障害によるものにあっては、記憶障害、遂行機能障害、注意障害、社会的行動障害のいずれかがあり、そのうちひとつ以上が中等度のもの
7 発達障害によるものにあっては、その主症状が高度であり、その他の精神神経症状があるもの
8 その他の精神疾患によるものにあっては、上記の1~7に準ずるもの

引用:精神障害者保健福祉手帳の障害等級の判定基準について

 

そのため、飯森裕次郎容疑者は精神的にはけっこうな障害を持っており、もしかしたらこの障害で責任能力が無いと判断される可能性もあるかもしれませんね。

 

ただ、ゴルフ勤務をしており、優等生でもあったので、本当に精神障害者で責任能力が無いのかは疑問なので、しっかり捜査・判断してもらいたいですね。

スポンサーリンク

飯森裕次郎が精神障害者保健福祉手帳2級で無罪?

飯森裕次郎が精神障害者保健福祉手帳2級ですが、犯人の犯行時の責任能力があれば罪が軽くなることはありません。

凶悪事件の裁判などで、犯人の犯行時の責任能力が問題になることがありますが、必ずしも「精神障害者=責任能力なし、したがって、何をしても罪に問われない」ということではありません。

被疑者(被告人)に精神障害が疑われる場合、起訴前であれば検察官が、裁判の開始後は裁判官が精神鑑定を命ずることがあります。精神鑑定が行われ、鑑定結果を受けて、犯行時の被疑者(被告人)が「心神喪失」あるいは「心神耗弱」であったと認定されると、不起訴処分となるか、無罪等が確定します。刑事責任についてはこれで終わりですが、その後は、措置入院や医療観察法の申し立てなどにより、精神科の非自発的な医療が開始されることになります。

一方、精神科の治療歴がある場合でも、犯行当時の責任能力に問題がないと判断されれば、通常の裁判手続に則って刑罰が科されます。

引用:精神病の人は事件を起こしても罪にならないのですか。

罪が軽くなるかならないかは、精神障害者関係なく、「犯人の犯行時の責任能力があるか?」で決まるようです。

 

そのため、飯森裕次郎容疑者が病気がひどくなったせいだったりと、責任能力が無いのなら罪が軽くなる可能性があります。

 

逆に警官を計画的に刺して拳銃奪ったと証明されれば、飯森裕次郎容疑者には犯行時の責任能力があるので、罪が軽くなることは無いのでしょうね。

飯森裕次郎容疑者が逮捕

拳銃奪った犯人・飯森裕次郎容疑者が逮捕されたが、容疑を否認しているようです。

大阪府吹田市の千里山交番で巡査が刺され拳銃が奪われた事件で、大阪府警吹田署捜査本部は17日早朝、強盗殺人未遂容疑で行方を追っていた職業不詳飯森裕次郎容疑者(33)=東京都品川区=を逮捕し、所持していた拳銃を押収した。

1発が発射された痕跡があるという。捜査本部は16日早朝の事件発生以降、5000人態勢で行方を追い、隣接する箕面市の山中で発見した。

捜査本部によると、「私のやったことではありません」と容疑を否認。「病気がひどくなったせい、周りの人がひどくなったせいだ」と供述している。確保時には現金10万円のほか、精神科の診察券、精神障害2級の手帳を所持していた。

飯森容疑者は山道のベンチに横たわっており、ベンチの下にポリ袋に入った拳銃が置かれていた。銃弾4発が残っており、1発が発射されていた。事件直後の16日午前6時ごろに、複数の人が現場近くで破裂音を聞いており、捜査本部はこの際に発射されたとみている。けが人はいなかった。

捜査本部によると、現場の交番は阪急電鉄の千里山駅前にあり、古瀬巡査と上司の計3人が勤務していた。交番の防犯カメラには16日午前4時15分~同5時ごろ、周辺を行き来する不審な男が映っていた。

その約20分後、約800メートル離れた隣の関大前駅の改札から、よく似た男が入場。同5時半ごろ、空き巣被害に遭ったとの虚偽の110番が同駅構内の公衆電話からあった。

上司2人はバイクで通報があったアパートに急行。古瀬巡査は同40分ごろ、後から向かおうと交番を出たところで刺された。

引用:交番襲撃、33歳男を逮捕=拳銃所持、1発使用-山中で発見、容疑否認・大阪府警

飯森裕次郎 フジ
(画像引用元:https://static.blogos.com

スポンサーリンク

飯森裕次郎5年前にドラクエ障害で警察相談?マスゴミ風評被害で炎上!

飯森裕次郎事件で今度はドラクエを出したと、ゲームの風評被害が出ると炎上したようです。

 

少し過敏になっている所もあるようですが、わざわざ「ドラクエ」等のゲームを出さずとも、別の飯森裕次郎のおかしな発言を切り取ればいいのになぜゲーム発言を切り取るのでしょうか…

 

やはり、まだまだ「ゲームしている人=犯罪者予備軍」という認識があって分かりやすくゲームを持ち出したのか、残念でなりません…

 

せばな~