怪我をした松坂大輔投手ですが、練習日にゴルフしてサボりでペナルティーを受けたことをフライデーされて話題になりました。

 

そんな、松坂大輔投手のサボりの現在とは?

 

ということで今回は、松坂大輔投手のサボりゴルフについて紹介します。


スポンサーリンク

松坂大輔ゴルフでサボり!現在は練習日にサボってペナルティー

怪我で調整していた松坂大輔投手ですが、練習日にサボりでゴルフをしペナルティーを受けていたことがフライデーされて話題になりました。

 中日の加藤宏幸球団代表は16日、右肩痛からの復帰を目指す松坂大輔投手が今月の練習日に千葉県内でゴルフをしたとして、ペナルティーを与えたことを明らかにした。本人から14日に報告と謝罪を受けたという。加藤代表は横浜スタジアムで「(処分の)中身は言えないが、本人は自覚が足りなかったと言っていたし反省していた」と話した。

松坂はゴルフ中の様子を写真週刊誌「フライデー」に撮影され、記事が掲載される予定。関東地方には肩の治療などのため、これまでも訪れていた。2月のキャンプで痛めた右肩は回復に向かい、14日には負傷後初めてブルペンで捕手を座らせて投球練習を行った。

引用:中日、松坂にペナルティー

 

怪我で早く復帰しようと思っていたが、まさかのゴルフでサボっていいたことが発覚し、「何してんだよ!」との声が多く寄せられてしまったのでした。

また、このゴルフサボりにより、松坂大輔の右肩怪我はゴルフをするためだったのかと色々言われているようです…

松坂大輔が右肩怪我?

松坂大輔投手は数日前にファンと接触した際に右腕を引かれ、右肩に違和感を覚える怪我をしたと報道されて、中日ファンありようが問題となりました。

 中日は11日、松坂大輔投手(38)がしばらくノースロー調整を続けると発表した。
数日前、ファンと接触した際に右腕を引かれ、その後、右肩に違和感を覚えているとしている。

引用:中日・松坂 ファンに右手を引かれ右肩に違和感 当分はノースロー調整

右腕を引かれただけで怪我するのかと疑問に思う方もいるかも知れませんが、松坂大輔投手の肩はかなり酷使されておりボロボロです。

 

また、投手の肩は消耗品なので、年齢のこともあってかなり消耗しており、肩は大切に扱わなければなりません。

 

だから、右腕を引かれただけでも危ないですし、それを知っている野球ファンが投手の右腕を引くとはおかしいと批判されているのでした。

松坂大輔の右肩怪我の犯人ファンの画像は?サイン会の状況は?

松坂大輔投手の右肩怪我は突然始まったサイン会にファンが押し寄せて怪我をしたようです。

 

松坂大輔投手は米国永住権渡米後に帰国しましたが、帰国後の練習時にファンからもみくちゃにされていたのです。

松坂大輔 ファン 犯人
(画像引用元:http://i.daily.jp

そして、松坂大輔投手はファンのために突然サイン会をしたのですが、ファンは我先にとサインを求めた結果。

心無いファンが松坂大輔投の右腕を思い切り引いて怪我をさせたようです。

 

そのため、もしかしたら、上記のもみくちゃにした画像の中に松坂大輔投手を怪我させてしまった犯人がいるのかもしれませんね。

 

また、ツイッターにて松坂大輔投手の腕を引っ張って怪我させた犯人は自分だと名乗りあげた方もいます。

ただ、これは虚言の可能性があるので果たして…

スポンサーリンク

松坂大輔 プロフィール

松坂大輔 中日 背番号
(画像引用元:https://dot.asahi.com

出身地     東京都江東区
生年月日    1980年9月13日
身長      183 cm

 

小学3年生で江東区の東陽フェニックスに入部し野球を始めた松坂大輔選手。

 

横浜高校時代は、「サボリのマツ」と言われるほどの練習嫌いでしたが、2年生の時に自身の暴投によるサヨナラ負けを喫して以降は猛練習を始めます。

 

そのおかげで3年生になると150km/h超の球速を出し、切れ味鋭いスライダーを武器に超高校級の投手として「平成の怪物」と注目されます。

 

実際に「平成の怪物」の名に恥じぬ戦いで1998年の最後の甲子園で史上2人目となる決勝戦のノーヒットノーランで春・夏連覇を達成しています。

 

そして、1999年にドラフト1位で西武入りし、初先発も155km/hの速球で好投で初勝利にして鳴り物入りで活躍し、高卒新人の投手として33年ぶりの新人王を獲得しています。

 

その後も松坂世代と言われるほど活躍しており、2001年に3年連続最多勝を獲得、2004年にはアテネオリンピック野球日本代表に選ばれてもいます。

 

2006年の第一回WBCでも先発したすべての試合で勝利投手となる活躍ぶりを見せており、大会の最優秀選手(MVP)に選ばれています。

 

2007年にはレッドソックスに移籍し、日本人選手史上初・メジャー史上5人目となるメジャー1年目での15勝と200奪三振に到達し、日本人史上初となるワールドシリーズでの先発で勝利投手となります。

 

2009年には第二回WBCの日本代表として日本でも活躍しており、2010年には日本人歴代単独3位のメジャー通算46勝目となる9勝目を挙げます。

 

2012年は球団史上最低の成績を出しており、2013年にクリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結びました。

 

2013年にはニューヨーク・メッツとメジャー契約し、2014年も再契約して好投を続けるがフリーエージェントとなります。

 

それから2014年に3年12億円の大型契約を組み、2015年から復帰したものの右肩の故障に苦しみ、3年間で1軍登板わずか1試合のみとなりました。

 

2017年12月に中日ドラゴンズが入団テストを受けて合格して入団し、2018年4月5日に先発登板を果たし、同月30日に勝利投手となりました。

松坂大輔ゴルフでサボりの現在!練習日にサボってペナルティー!

怪我で調整していた松坂大輔投手ですが、まさかの練習日にサボってゴルフとプロ意識の低さを見せつけてしまったようです。

 

息抜きなのかもしれませんが、怪我をしているのにゴルフをしたりと、松坂大輔投手の復活を待っている方を考えると残念でなりません。

 

これに関しては反省し、しっかり調整してゴルフ場のではなく野球場に復帰してくれることを祈っています。

 

せばな~