槇原敬之さんが覚せい剤で逮捕されましたが、使用目的が彼氏でやっぱりゲイだったことが判明します。

 

そんな、槇原敬之さんの覚せい剤使用目的とは?

 

ということで今回は、槇原敬之さんの覚せい剤使用目的を紹介します。

スポンサーリンク

槇原敬之は覚せい剤の理由はゲイ?マッキー使用目的が彼氏でホモ?

槇原敬之の覚せい剤使用目的

槇原敬之さんが所持していた薬物はホモ御用達の「Rush(ラッシュ)」で、彼氏・奥村秀一さんと愛し合う目的で使われたようです。

 ラッシュは「ラブドラッグ」と呼ばれ、違法薬物に詳しい関係者は「男性だと射精時の快感が長引き、覚醒剤と併用すると性的興奮が異常なほど増すと言われている」と指摘。同課も性的な目的で使っていたとみて調べている。

引用:槇原敬之容疑者、また覚醒剤…21年前と同じ容疑で2度目の逮捕、性的な目的で所持か

 

槇原敬之さんの使用したラッシュは「ラブドラッグ」と呼ばれ、行為に使うもののようです。

 

そして、槇原敬之さんが薬物発覚時に同居していたのは愛人・彼氏と言われていた奥村秀一さんであり、奥村秀一さんは同じく薬物で逮捕されています。

 

そのため、同居していた奥村秀一さんと槇原敬之さんはお互いに薬物を愛し合う目的で使ったといわれているのです。

槇原敬之と愛人で共に覚せい剤で逮捕されていた?

槇原敬之さんのかつて起こした覚せい剤事件は、槇原敬之さんと奥村秀一さんと一緒に逮捕されていたのでした。

 

槇原敬之さんによると、覚せい剤は1998年に奥村秀一さんと金を出し合って使用し始めたのでした。

 

そして、覚せい剤が警察に見つかり、奥村秀一さんと一緒に槇原敬之さんも逮捕されました。

 

ちなみに槇原敬之さんはこの逮捕を受けて一カ月余りの勾留の後に300万で保釈され、懲役1年6カ月(執行猶予3年)の判決が出され、2000年11月まで活動停止していました。

スポンサーリンク

奥村秀一は金太郎でゲイ?槇原敬之と同棲で愛人関係?

かつて奥村秀一さんは新宿歌舞伎町二丁目のゲイバーで「金太郎」という名で勤務していたことでも知られています。

 

そんな金太郎こと奥村秀一さんは、実は槇原敬之さんと愛人関係ではないかと噂された人物です。

奥村秀一 金太郎
(画像引用元:http://芸能人自宅公開実家場所住所一覧.com

実際に、当時は槇原敬之さんと金太郎こと奥村秀一さんは同棲していました。

 

さらに初公判後に槇原敬之さんは「もう(奥村と)連絡を取らない」と語っていたが、2000年には槇原敬之さんの自宅マンションに住み着いていたことが報道されます。

 

それだけでなく、2007年からは金太郎こと奥村秀一さんが槇原敬之さんのの個人事務所社長に就任しており、一緒の覚せい剤逮捕後も蜜月関係は続いたようです。

槇原敬之、覚せい剤で2度めの逮捕

槇原敬之さんがまたも覚せい剤で逮捕されました。

歌手の槇原敬之容疑者が覚醒剤を所持していたなどとして、13日警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは歌手の槇原敬之容疑者(50)です。

警視庁によりますと平成30年4月、港区のマンションで覚醒剤を含む粉末0.083グラムを所持していた疑いなどが持たれています。

引用:歌手 槇原敬之容疑者を逮捕 覚醒剤取締法違反の疑い 警視庁

 

2018年に所属事務所代表の奥村秀一さんが覚せい剤で逮捕されましたが、こうなるとやっぱり槇原敬之さんもグルで覚せい剤をしていたと言われるでしょうね…

スポンサーリンク

槇原敬之 プロフィール

槇原敬之 歯 ボロボロ
(画像引用元:https://www.sponichi.co.jp

出生名     槇原 範之
生年月日    1969年5月18日
出身地     大阪府高槻市
事務所     ワーズアンドミュージック

 

1985年の高校在学中の16歳時に「サウンドストリート」に楽曲を応募し、坂本龍一さんから絶賛を得て、番組では異例のフルコーラスが放送されました。

 

1990年3月には「AXIA MUSIC AUDITION ’89」でグランプリを獲得し、応募曲は後にデビューシングルとなる「NG」で同年10月に同曲でデビューします。

 

1991年6月10日発売の3thシングル「どんなときも。」はシングル、アルバム通じて自身初のミリオンセラーとなり、紅白も出場して活躍していきます。

 

1992年に3rdアルバム「君は僕の宝物」をリリースし、代表曲となる「遠く遠く」等を収録しており、アルバムで初のミリオンを達成します。

 

1997年には日本ゴールドディスク大賞の“ポップス部門”を受賞し、1998年には第12回ゴールドディスク大賞 ベスト・ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞します。

 

2003年に自身が作詞・作曲し、SMAPに提供した「世界に一つだけの花」が売上200万枚以上を記録して現在も名曲として名を残します。

 

2006年2月に14thアルバム「LIFE IN DOWNTOWN」の売り上げで、アルバム総売上枚数が井上陽水さんを抜いて男性ソロ歴代1位となります。

槇原敬之は覚せい剤の理由はゲイ?マッキー使用目的がホモで彼氏でまた一緒に逮捕!

槇原敬之さんが使用した薬物はホモ御用達の「ラッシュ」であり、やっぱり同居している奥村秀一さんと愛し合うために使われたと言われています。

 

そして、この奥村秀一さんとは最初に薬物で逮捕された仲であり、今回の薬物逮捕も2018年の奥村秀一さんとの薬物で発覚したのです。

 

そんな、一度やっても奥村秀一さんと薬物には離れられない関係となっており、いい加減に何かしらの関係のケジメを付けたほうが良いと思います…

槇原敬之逮捕は安倍政権の陰謀?マッキー2年前の事件でなぜ?反応まとめ!

スポンサーリンク