毎日新聞が麻生財務相が「(休校中の学童保育負担)つまんないこと聞く」と悪意ある切り抜き報道をしたが、印象操作に失敗して炎上しました。

 

そんな、印象操作に失敗したつまんないこと記事とは?

 

ということで今回は、毎日新聞が印象操作に失敗した、つまんないこと記事を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

毎日新聞つまんないこと印象操作に失敗!麻生に悪意ある切り抜き報道で炎上!

毎日新聞の印象操作したかった「つまんないこと記事」の内容!

毎日新聞は「(休校中の学童保育負担)つまんないこと聞く」のタイトルで麻生財務相を貶めようとしたが印象操作に失敗しました。

 

そんな、印象操作しようとした、つまんないこと記事の内容とツイートは以下となっています。

麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

麻生太郎財務相は28日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた小中高校などの臨時休校を巡り、共働き家庭などで生じる学童保育などの費用負担について質問した記者に対して、「つまんないこと」と発言した。

記者は「出費について政府が臨時の支出をすることも具体的に考えているか」などと質問。麻生氏は「(休校などの)要請をして費用がかかる場合は、政府が払うのは当然のことなんじゃないですか」と回答した。麻生氏は次の質問を待つ間、記者に「つまんないこと聞くねえ」とつぶやいた。記者は「国民の関心事ですよ」と返したが、麻生氏は「上から(上司から)言われて聞いているの? 可哀そうにねえ」と述べた。

引用:麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

タイトルでは、まるで麻生財務相が「学童保育負担はつまんないこと」と言っているように見えます。

 

しかし、内容を見れば「学童保育負担は政府が払いのは当然で、そんな当たり前のことを聞くのがつまんないこと」の意図だったのです。

 

記事のタイトルよりも、特に毎日新聞のツイートは悪意ありすぎだと思います…

 

そのため、明らかに切り抜きで麻生財務相を貶めようとした悪意ある記事だと批判されたのです。

毎日新聞、つまんないこと記事の印象操作失敗で炎上!

そんな、毎日新聞のつまんないこと記事により、印象操作で悪意があるすぎると、つまんないこと記事ツイートに炎上しました。

スポンサーリンク

つまんないこと記事は古屋敷尚子が犯人

そんな、つまんないこと記事を書いた人は古屋敷尚子さんという方のようです。

もしかしたら、麻生財務相につまんないこと質問と一蹴され、こんなタイトルのつまんないこと記事をかいたのでしょうか…

毎日新聞つまんないこと印象操作に失敗!麻生に悪意ある切り抜き報道!

毎日新聞が明らかに麻生財務相に悪意ある「つまんないこと記事」で印象操作しようとしたが、流石に国民は騙されずに失敗におわりました。

 

これがもし悪意がないのなら、タイトルの付け方として文章力なさすぎですし、どう説明するのでしょうか?

 

果たして毎日新聞は今度はどんなタイトル付けで印象操作するのか、毎日新聞記者の文章力に注目です!

 

せばな~

スポンサーリンク