ソフトバンクの応援団「九州鷹狂会」が、相手のマーティン選手を侮辱行為を行い、厳重注意を受けて話題になっています。

 

そんな、ソフトバンクの応援団「九州鷹狂会」が行った侮辱行為とは?

また、侮辱行為を行った「九州鷹狂会」とはどんな応援団なのでしょうか?

 

ということで今回は、九州鷹狂会のマーティン侮辱行為について、

  • 九州鷹狂会のマーティン侮辱行為動画まとめ!
  • 九州鷹狂会のマーティン侮辱行為で厳重注意!
  • 侮辱行為をした九州鷹狂会とは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

九州鷹狂会のマーティン侮辱行為動画!ソフトバンク応援団とは?

九州鷹狂会のマーティン侮辱行為動画まとめ!

ソフトバンクの私設応援団「九州鷹狂会」は2019年9月6日の「ソフトバンク―ロッテ」戦にて、ミスをした相手のマーティン選手に侮辱行為をして厳重注意されました。

 

マーティン選手は来日初の「1番・中堅」で先発したが、2失策はともに失点につながり、チームは0―2で敗れました。

 

そのせいか、九州鷹狂会は「いいぞ、いいぞ、マーティン!」「センター返し、ホークス!」等と相手選手に侮辱の言葉を贈り、動画で拡散されたことで炎上しました。

九州鷹狂会のマーティン侮辱行為で厳重注意!

そんな応援団自ら相手選手に侮辱行為をするスポーツマンシップにかけた行いに、ソフトバンクから厳重注意を受け、ロッテ応援団に謝罪しました。

お詫び

9月6日ヤフオクドームで行われた千葉ロッテマリーンズ戦終了後の応援二次会にて、千葉ロッテマリーンズ・マーティン選手に対し、誹謗中傷するような不適切なコールをしてしまいました。

この件に関して、福岡ソフトバンク球団から厳重注意を受け、千葉ロッテマリーンズ応援団様に謝罪をさせていただきましたが、マーティン選手をはじめ、千葉ロッテマリーンズ球団関係者の皆様、サポーター、ファンの皆様に、大変不愉快な思いをさせてしまいましたこと、誠に申し訳ございませんでした。

また、福岡ソフトバンクホークス球団関係者、ファンの皆様にも多大なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

今後は、応援を先導する立場であることを再認識し、ファンの皆様の模範となるような行動を心がけて活動して参ります。

改めて、今回の私たちのとった行動で、大変ご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

本当に申し訳ございませんでした。

引用:ソフトバンク私設応援団が“不適切コール”を謝罪…2落球のロッテ・マーティンに対し「いいぞ」

スポンサーリンク

侮辱行為をした九州鷹狂会とは?

九州鷹狂会は、ホークスの本拠地福岡ドームを中心に全国の球場でホークスの応援活動をしており、テレビに取り上げられるほど有名です。

 

団長の吉原さんは一目置かれる存在で、応援の方針を決める一人でもあります。

 

また、団長の吉原さんはソフトバンクの試合は全部行って応援しているとのことです。

九州鷹狂会のマーティン侮辱行為で炎上!ソフトバンク応援団が率先して悪口…

マーティン選手への侮辱行為ですが、ファンの個人一人が悪口をいうのは分かりますが、応援団が率先して侮辱行為するのは酷いですね…

 

しかも、九州鷹狂会はソフトバンク応援団としてそれなりの地位があるにも関わらず、スポーツマンシップにそぐわない行為をするのはいただけません。

 

そのため、こういった侮辱行為の応援の仕方は反省し、お互いに称え合って気持ちの良い応援をしてください。


【野球見放題おすすめ動画配信】

【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが年間10,000試合以上見放題
【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

 

Rakuten パ・リーグ Special – ライブ・動画配信
Rakuten パ・リーグ Special


せばな~

スポンサーリンク