U-17サッカー日本女子代表監督だった楠瀬直木監督がセクハラハグをしたとして辞任して話題になっています。

 

そんな、楠瀬直木監督が起こしたセクハラハグとは?

また、楠瀬直木監督の不適切に、実の兄がほっけないよとのことですが一体?

 

ということで今回は、楠瀬直木監督について

  • 楠瀬直木のセクハラハグの内容とは?
  • 楠瀬直木監督の兄はほっけないよ?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

楠瀬直木がセクハラハグの内容は?兄はほっとけないよ?

楠瀬直木がセクハラハグ?

楠瀬直木監督は2回JFA女性職員に対するセクハラな行為があったとして、本人から監督を辞任しました。

楠瀬直木 セクハラ
(画像引用元:https://brandnew-s.com

 

セクハラ事件は過去に2回あり、2017年6月と2018年9月に女性職員へハグなどの行為に不快感を抱いた同職員が2018年9月下旬にメールで上司に相談したことから事態が発覚します。

 

その後、本人や関係者へのヒアリングを複数回行い、弁護士を含む外部の専門家らとも相談をし、楠瀬直木監督にに不適切な行為があったと判断します。

 

ただ、「事件性のある性的な行為では決してなかったということは申しております」とも説明しており、それなら辞任させたのか有耶無耶な判断となってます。

 

ちなみに、楠瀬直木監督のインタビュー動画が残っていました。

セクハラハグの理由は?

-楠瀬氏がハグをした理由は

須原専務理事 ハグをした理由については「お疲れさま」という意味とおっしゃっています。

楠瀬直木監督のセクハラハグの理由は、お疲れ様だったとのことです。

 

しかし、お疲れ様で嫌がるハグとは、典型的なセクハラおやじの言い分にしか聞こえなかったのでしたが…

 

しかも、セクハラ至った経緯は職員の特定につながるということで明かされておらず、結局セクハラの全貌はわからずじまいとなっています。

楠瀬直木の兄は楠瀬誠志郎でほっけないよ?

そんなセクハラハグをした楠瀬直木監督ですが、実は兄が曲「ほっけないよ」で有名な楠瀬誠志郎さんです。

 

楠瀬誠志郎さんといえば、1991年には通算10枚目のシングル「ほっとけないよ」が70万枚の大ヒットを記録し、一躍その名を全国区になった方です。

 

その後も、アーティストとしての活動の他に楽曲提供や編曲などの活動も行っている方です。

 

そんな楠瀬誠志郎さんですが、弟の楠瀬直木監督のセクハラハグにほっけないよなのでしょうか…

スポンサーリンク

楠瀬直木 プロフィール

楠瀬直木 ハグ
(画像引用元:https://imgc.eximg.jp

生年月日    1964年4月17日
出身地     東京都
選手情報
ポジション   DF

 

帝京高校では1982年に鹿児島県で行われた高校総体で全国優勝し、法政大学を経て1986年に読売サッカークラブに入団し、本田技研工業サッカー部で現役生活を終えます。

 

現役引退後は少年サッカースクールを栃木県小山市で開講し、2003年からは長くVERDY S.S小山ジュニアユースで監督を務めています。

 

2009年にはJFA公認S級コーチライセンスを取得し、2010年から2年間東京ヴェルディ1969ユースの監督を務め、日本クラブユース選手権連覇を達成しています。

 

2012年にはFC町田ゼルビアのアカデミーダイレクターに就任し、JFL降格が決まったリーグ戦終了後の同年11月にはオズワルド・アルディレスの監督退任に伴い監督代行に就任します。

 

2013年6月には成績不振による秋田豊監督解任に伴い、再び監督代行に就任し、シーズン終了まで指揮を執り、2014年からはアカデミーダイレクターに就任しています。

 

2015年からU-17サッカー日本女子代表監督に就任したりと活躍していたが、2018年11月1日に日本サッカー協会の女性職員に抱きつくなどの不適切行為により辞任します。

楠瀬直木がセクハラハグに兄はほっとけないよ!不適切内容がうやむや!

楠瀬直木監督セクハラハグですが、辞任することの大事なのに、性的な事件性はなかったと弁護。

 

さらに経緯・理由が職員の特定につながるとして明かされておらず、不適切内容が明確に説明されずに責任をとって終わりました。

 

そして、まさかの楠瀬直木監督の兄は楠瀬誠志郎さんで、これには曲通りほっけないのでしょうか…

 

潔く責任を辞任という形を取りましたが、もう少し明確な説明をしてもらいたかったです。

 

せばな~