2018年1月15日放送の「激レアさんを連れてきた。」では、自慢のハイトーンボイスを草野球中に失ったクリスタルキング田中昌之さんが出演します。

 

田中昌之さんと言えば「大都会」等で見せた高音が有名ですが、なぜ草野球で失ったのでしょうか?

また、最大の武器である「高音」を失い、どうやってここまで復活する事が出来たのでしょうか?

 

ということで今回は、クリスタルキング田中昌之さんの草野球事故と立ち直ったきっかけ、現在の声はどうなったのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

クリスタルキング田中昌之が草野球事故!復活のきっかけは?現在の声は?

田中昌之 プロフィール

田中昌之 事故
(画像引用元:https://i.ytimg.com

生年月日    1951年6月30日
出身地     佐賀県伊万里市
ジャンル    J-POP
職業      歌手
活動期間    1971年~

 

1971年に長崎県佐世保で「クロスロード」を結成し、米軍キャンプ、ディスコ等で音楽活動をしていました。

 

それから1975年からボーカルとして「クリスタルキング」に高音パートとして加入します。

 

そして、1979年に「大都会」でデビューし、売上150万枚を超すヒットで一躍有名となります。

 

1986年にクリスタルキングを脱退しソロ活動を開始し、UCC缶コーヒーのCMソングを歌ったりと活動します。

 

ところが、1989年に事故で高音を失い、1990年代はパブにてバーテンをしながらショータイムしながら音楽活動と再び下積み時代を味わいます。

 

1995年10月に再びクリスタルキングに再加入しますが1998年10月に脱退したりと紆余曲折を経て、1997年のポッカの缶コーヒーCMで再ブレイクして同年CM好感度タレント第1位となります。

 

また1998年には「ウルトラマンガイア」「仮面ライダークウガ」の特撮の主題歌を歌ったりと活躍していきます。

 

それから2003年に芸名「田中 雅将」、2004年に「田中 雅之」と芸名を改名していきますが、2013年2月からは本名である「田中昌之」に戻して活動しています。

クリスタルキング田中昌之が草野球事故!

田中昌之さんは1989年10月にバンド仲間との草野球の試合中に打球が喉を直撃したことで高音を失います

 

最初は声が出づらいと思う程度でしたが、だんだん高音が出なくなり、トレーニングで声自体は回復したが高音が戻ることはありませんでした。

 

そのため、クリスタルキングの「大都会」でも事故前・事故後では随分声の高さが変わっています。

 

【事故前の大都会】

【事故後の大都会】

 

そして、病院を回り「声帯がまひしている」といわれたり、「悪霊にとり付かれてる」と霊能者にみてもらったりと色々したそうですが、高音を取り戻すことはできませんでした。

田中昌之が復活した理由は?

田中昌之さんが復活した理由ですが、田中昌之さんがインタビューで度々違う理由を言っているので、以下でまとめて紹介します。

友人・若井基安の声

高音という最大の武器を無くなった田中昌之さんは「死にたい」と思うほどでした。

 

そんな時に友人である当時、福岡ダイエーホークスにいたプロ野球選手の若井基安選手から言われた言葉で歌い続けると決心しました。

「どんな豪速球の投手でも、いつかは変化球で勝負しなければならない日が来る。お前は変化球で勝負する勇気がないのか」

この言葉に田中昌之さんは歌い続けることを決心し「高音」を捨てて、現在は失われたハイトーンの代償として得た「ハスキーボイス」を武器に活動を始めたのでした。

スポンサーリンク

ある女性の声

高音という最大の武器を無くなった田中昌之さんは博多で酔っていた際に、通りがかりの女性が田中昌之さんに気付き、声を掛けてきました。

 

そこで田中昌之さんは「なんじゃ、こりゃー」と言い返すと、女性は「あんた恥ずかしくないの?」「その生き方みっともない!」とボロクソに言ったのでした。

 

そんな女性の声に目覚めた田中昌之さんは、この時に瞬間的にこれで立ち直れると感じたとのことです。

 

田中昌之さんは誰かにずっと叱ってもらいたかったらしく、逃げ出さずに歌手として歌い続けようと決心したのでした。

 

だから、田中昌之さんはその女性に「ありがとう」と素直にお礼を伝え、現在は酒は一滴も飲まずに失われたハイトーンの代償として得た「ハスキーボイス」を武器に活動を始めたのでした。

心理療法の先生の声

田中昌之さんは2、3年間、高音が出なくなりもがき苦しんでいた時に、心理療法の先生の「歌は心で歌うもの」というひと言でポンと背中を押されたのです。

 

そのおかげで、肩の荷が下りたのか、高音が出なくなったが、音楽活動は問題なくやれるようになっていったのでした。

クリスタルキング田中昌之が草野球事故で高音失う!現在はハスキーボイスで活躍!

草野球事故で喉に直撃して高音が出なくなってしまった元クリスタルキングの田中昌之さん。

 

しかし、心理療法の先生や友人の若井基安さん、女性からの叱咤激励を経て、音楽活動を続けて現在は「ハスキーボイス」を武器に活躍しているのです。

 

今後も高音が出ないのはしょうがないですが、新しく手に入れたハスキーボイスで大都会以上に活躍することを期待しています!

 

せばな~