指が9本失ってもエベレスト登頂に果敢に挑戦していた栗城史多さんですが、様々な指を再生させるためにいろんな手段をこうじていたようです。

 

そんな、栗城史多さんが行った指の再生方法とは?

また、なぜ指を切断することとなったのでしょうか?

 

ということで今回は、栗城史多さんについて、

  • 栗城史多さんが行った指の再生方法とは?
  • なぜ指を切断することとなったの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

栗城史多 プロフィール


(画像引用元:http://alternas.jp

生年月日    1982年6月9日
出身地     北海道瀬棚郡今金町
死没      2018年5月21日
職業      株式会社たお代表取締役

 

栗城史多さんは高校に時から付き合っていた趣味が登山の2歳年上の彼女に、大学一年生の時に振られて山岳部に入ります。

 

それから2004年に初の海外で「マッキンリー」を登ったところ取材にあったことで、登山家として活動を始めていきます。

 

2005年には「アコンカグア」「エルブルース」「キリマンジャロ」、2006年には「カルステンツ・ピラミッド」「チョ・オユー」「ビンソンマシフ」登頂。

 

2008年にはヒマラヤン・データベース、日本山岳会の双方から登頂を認定されていないが「マナスル」にて「無酸素」「単独」登頂したようです。

 

2009年には「ダウラギリ」、何度か登頂に失敗しているが、指切断後の2014年には「ブロード・ピーク」を登頂に成功しています。

 

特に「エベレスト」にはこれまで8度も挑戦しており、残念がら2018年5月21日の 8度目のエベレスト単独登山中にキャンプ2付近で死亡したことが確認されています。

栗城史多の指再生方法と画像は?切断理由は穴あき手袋?

指9本の切断理由は?

栗城史多さんは凍傷になって指9本も切断することとなりましたが、原因はスマホをいじるために穴あき手袋を使用していたからとのことです。

栗城史多 指 再生
(画像引用元:http://up.gc-img.net

 

なんでも、登山中にインターネット中継を行っているので、そういったやりとりをするためにスマホを弄るので穴あき手袋を使用していたようです。

栗城史多 指画像
(画像引用元:https://i0.wp.com

 

また、凍傷にもなったにも関わらず、そのまま続行したこともあり、登頂断念する頃にはかなり重度の凍傷を負ってしまったようです。

 

栗城史多さんは勇敢でガッツがありますが、その勇敢さとガッツが仇となり、そのまま凍傷でも頑張った結果、指切断になったのも原因かもしれませんね。

栗城史多の指再生方法と経緯

栗城史多さんは指に重度の凍傷を患い、両手指9本を「第二関節から切断」見込みと診断されました。

栗城史多 指 再生
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

しかし、栗城史多さんは指を諦めずに様々な民間療法や海外の再生治療を受けて挑戦したのでした。

インドに治療に行く

栗城史多さん指切断と診断されてから2012年11月に突然インドに治療に向かいました。

インドでは日本と同じような血管拡張剤と高気圧酸素の治療をしたとのこと。

 

しかし、日本と同じ程度の治療効果しか得られず、無駄に終わるどころか、帰国直前に感染症にかかってしまいました。

スポンサーリンク

様々な民間療法を試す

栗城史多さんは8週間程で切断手術を行うが、8週を越えても手術をせずに粘った結果、指の第二関節から先は完全にミイラ化してしまいます。

栗城史多 指 再生
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

 

そこで栗城史多さんは「指が生える魔法の粉」等の「アメリカの再生医療」も検討したが断念。

 

2013年1月に手術をすると宣言したが、東洋医学や民間療法を試していきます

 

「高濃度炭酸」「薬草」等の自然治療で血流を改善を試み、その後に春から「幹細胞再生医療」を始め、様々な民間療法を並行して行ってきました。

栗城史多 指 再生
(画像引用元:http://sabamisokan.blog.so-net.ne.jp

しかし、様々な民間療法も効果が出なかったようです。

ウクライナ治療にサプリ宣伝

2013年夏にはウクライナで治療を受けたが治らず、「手術で切断するより自然脱落したほうがいい」とまで落ち込んでいしまいます。

 

ところが、スポンサーになっている会社のサプリを宣伝にかこつけて「再生促進のために飲んでます」と再生の方法を諦めていないようです。

 

指の治療を諦めないのもそうですが、そこでもスポンサーになっている会社のサプリを宣伝をするとは商魂たくましく、個人的には好感が持てます。

アメリカ治療で指切断

指を再生治療をしていましたが、2013年11月に「アメリカの細胞外マトリクス治療を導入できることになった」と発表し、左手の指切断手術を行いました。

 

切り口に再生因子を注入して指を再生させるという方法だが、実際に何をしているのかは不明で、2014年1月には右手の指も切断手術を受けました。

 

指を切断してからは指サックをはめて包帯を長く巻いてますが、本人曰く「再生治療で指が伸びてきた」とのことです。

栗城史多 指 再生
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

栗城史多 指 再生
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

 

しかし、2014年3月中旬に指サックと包帯を外した姿を公開し、第二関節まで切断されていて治療にほとんど効果が無かったことが明らかとなりました。

栗城史多の指再生方法の挑戦!画像が凄い!切断理由は穴あき手袋?

栗城史多さんは切断理由は穴あき手袋とのことですが、それより凍傷になっても挑戦し続けた勇敢さが逆に仇となってしまったのように見えます。

 

また、指がもう治らないと言われながら様々な再生治療をこなし、人によっては「諦めが悪い」「見苦しい」と思われるかもしれません。

 

しかし、こうやって勇敢にめげずに挑戦する姿は勇気を与えてくれたんだと思いました。

ヨシコヨシコ

様々な指の治療もエベレスト同様に挑戦!
ご冥福をお祈りします。