「ベストアーティスト2019」で倉木麻衣さんが生歌で歌った「負けないで」が声出てない・下手と言われて話題になりました。

 

そんな、倉木麻衣さんの負けないでの生歌とは?

 

ということで今回は、倉木麻衣さんの負けないでの生歌は本当に下手なのか調査したいと思います。

スポンサーリンク

倉木麻衣の生歌下手・声出てない?負けないで動画比較!

倉木麻衣の生歌下手なのか動画比較!

2019年11月7日放送の「ベストアーティスト2019」にて、倉木麻衣さんはカバーした「ZARD」の名曲「負けないで」を生歌で披露したが、声が出ていない・下手と言われてしまったのでした。

 

実際に倉木麻衣さんの「負けないで」の生歌が下手なのか、生歌と収録した動画と比べてみると…

比較してみると、収録された「負けないで」をよく聞くとそこまで声が出ておらず、もともと「負けないで」で倉木麻衣さんは声が出ていないような気がします。

 

そして、本家ZARDのLIVEの声と、生歌の倉木麻衣さんと比べてみると…

声の衰えもあると思いますが、やはり本家の坂井泉水さん歌唱力のほうが凄いですねぇ…

倉木麻衣の生歌下手で放送事故?反応は?

倉木麻衣さんは2019年11月7日放送の「ベストアーティスト2019」で生歌を披露したが、声が出ていないと放送事故と言われてしまいました。

 

そんな、倉木麻衣さんの生歌披露の反応は以下となっています。

個人的な感想としては、上記の意見にもありますが倉木麻衣さんの声質から「負けないで」は向いていなかったのかと思います。

スポンサーリンク

倉木麻衣 プロフィール

倉木麻衣 太った
(画像引用元:http://blogimg.goo.ne.jp

別名      Mai-K
生誕      1982年10月28日
出身地     千葉県船橋市
学歴      立命館大学産業社会学部産業社会学科人間文化学系卒
ジャンル    R&B、J-POP
職業      歌手
活動期間    1999年~
事務所     LOOP

 

小学校6年生のときに歌うことに興味を持ち、ピアノも習っていたので漠然としていましたが音楽に関わる仕事がしたいと考えていました。

 

中学生の頃からモテープを作成して色々な会社へ送り始め、高校生時にプロデューサーとなる長戸大幸さんと出会います。

 

そして長戸さんの紹介でGIZA studioのスタッフにデモテープを送ってデビューが決まります。

 

1999年、当時17歳でリリースしたデビューシングル「Love, Day After Tomorrow」ではTV出演やタイアップと宣伝もなく、売上140万枚と異例のヒットを叩き出します。

 

2ndシングル「Stay by my side」もノンタイアップながらオリコン初登場1位、3rdシングル「Secret of my heart」はオリコン2位で100万枚を突破する記録的大ヒットをします。

 

その後もシングル、アルバムとリリースして、シングル2位は12曲にのぼり、アーティストとしてはオリコンシングルチャートの最高記録をもっています。

 

更に日本ゴールドディスク大賞では数々の受賞をしており、香港や韓国等のアジア圏と海外でも活動しています。

 

また名探偵コナンのテーマ曲を度々担当しており、テレビの露出は少ないですが、知名度を上げています。

 

2019年1月5日と1月12日に2週連続で放送「名探偵コナン 紅の修学旅行(鮮紅編・恋紅編)」に声優初挑戦をしています。

倉木麻衣の生歌下手?負けないで動画で声が出ていない?

倉木麻衣さんは確かにZARD坂井泉水さんに比べてみると、生歌の声が出ておらず人によっては下手と思ってしまったのかと…

 

ただ、収録した倉木麻衣さんのカバー曲「負けないで」もそこまで声が出ていなかったので、もともと声の質から負けないでが向いていなかったかもしれません。

 

そんな、色々言われてしまった倉木麻衣さんですが、めげずに今後も素晴らしい曲を歌い続けてください。

 

せばな~

スポンサーリンク